【桜花賞2019予想考察】穴馬 一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、桜花賞に出走を予定しているアクアミラビリス、シェーングランツ、シゲルピンクダイヤ、ダノンファンタジー、フィリアプーラ、プールヴィルの一週前追い切りに関する記事を。

有力馬の一週前追い切りに関する記事はこちらから。

【桜花賞2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

桜花賞一週前追い切り

アクアミラビリス

頭はやや高めも身体の使い方は悪くない。線の細さが目立つ点は相変わらずも、前走から間隔をあけた事で馬体は多少ふっくらした印象を受けるので、このひと追いでトモに張りが出ればという感じか。脚捌きは鈍いが、追われると最後はしっかりと加速していたので、内面にスイッチが入れば特に問題ないだろう。

シェーングランツ

フォームは綺麗で脚もしっかり前へ出せているが、可動域がやや狭く、まだ身体に硬さが残っているような動き。その影響で追われてからの反応もいつも以上に鈍く、エンジンがかかりきらないまま追い切りを終えてしまった。調教パートナーに遅れてしまったのはその分だろう。実績を考えるとやや物足りなさの残る追い切りだった。

シゲルピンクダイヤ

なかなか癖が強い走りで、スムーズに手前を替える事が出来なかった事でバランスを崩してしまう場面もみられた。ただ、全体的なリズムとしては決して悪い訳ではなく、むしろ脚を出すタイミングやフォームだけをみると特に大きな違和感は感じられない。乗った時のスピードも上々なので、後は最終追い切りで負荷をかけられればそれなりに仕上がってきそう。

ダノンファンタジー

舌を出して走りに集中出来ていない点は割り引く必要があるが、入りから身体を大きく使った迫力のある走りが目に付いている。地面を捉える力も相当なもので、良い意味で脚の回転の速さと比例しなかった辺りが大きなポイントのひとつと言える。ただ、最後まで馬なりで負荷をかけてこなかったので、最終追い切りではある程度ビシッと追われる必要はあるだろう。

ビーチサンバ

頭を低く保ちながら頸を上手く使えた走り。可動域も広く、脚もよく前へ出せていた。地面を蹴る力強さも十分で、馬に活気がある点にも好感が持てる。馬体は多少緩いが、それでも素軽い動きを披露出来ていただけに、大きく割り引く必要はないと判断した。来週の追い切りが楽しみな一頭。

プールヴィル

頭が高く、脚を出すリズムが少し悪く感じるが、フォームに大きな乱れはない。ただ、脚が外に流れている点はマイナスで、これがなければ調教パートナーにはもう少し楽に先着出来ていただろう。ただ、単純な動きだけで馬をみると水準以上のものを感じるので、後は最初追いで細かい部分がどこまで改善されているか。

最後にNZTの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なかなか難しい一戦ではあるが、ここは思い切って狙っていきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 桜花賞>

ダノンファンタジー?
クロノジェネシス?
グランアレグリア?
危険な人気馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年は、昨年の2歳女王ダノンファンタジア(5戦4勝)、阪神JF2着クロノジェネシス(4戦3勝)、朝日杯FS3着グランアレグリア(3戦2勝)、3強対決となる今年の桜花賞。昨年はシンザン記念から桜花賞に直行した異例のローテーションで優勝したアーモンドアイだが、今年も異例のローテーションとなるフェアリーSから直行するフィリアプーラが参戦。昨年の続き間隔をあけたぶっつけ直行でGIを制することができるのか注目。

3歳牝馬重賞ではクイーンC的中、フラワーC的中やフィリーズRでは馬連1万4320円、3連単15万4980円の特大万馬券的中!3歳牝馬クラシックの1戦目となる桜花賞は3強対決が注目される中、虎視眈々とGIタイトルを狙う激走穴馬の存在が。あのジョッキーが「勝てる力はある」と豪語する人気薄激走穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク