【阪神牝馬ステークス2020予想】本命ダノンファンタジー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、阪神牝馬ステークスの予想を。シゲルピンクダイヤ、プールヴィル、サウンドキアラ、ダノンファンタジー、トロワゼトワルなどが出走する芝1600mのG2レース。

なお、本日行われる海外重賞、クイーンエリザベスステークスの予想と中山で行われるニュージーランドトロフィーの予想に関してはnote内での公開となりますのでご了承下さい。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

今週は海外やコロナなど色々とバタバタしてしまったので、無理に予想の数は増やさずに買いたいレースだけ購入する事にします。

3点勝負買い目を無料公開

阪神牝馬ステークス

本命はダノンファンタジー

当初の予定とは全く違った印になってしまったので、あまり強気な攻め方は出来ないが、追い切りの内容からしてもまず馬はしっかりと出来ているので、今回の相手、舞台であれば当然勝ち負けになる一頭とみる。

前走の秋華賞では人気を裏切る形となってしまったが、馬場と展開が敗因と言い訳の出来る敗戦なので、まず力負けではない事は確か。今回は良馬場で競馬が出来る事に加えての距離短縮となれば、やはり人気でもそれなりの印は必要となるので、ここはトップハンデを背負っても大崩れする事なく走ってくる可能性は高いだろう。

馬体やパーツを見ると少し成長力には欠けている印象を受けるが、もともとの完成度が非常に高かった馬なので、牝馬限定戦のG2ぐらいなら変に評価を落とす必要はないとみる。

対抗はビーチサンバ

5着に敗れてしまった前走の京都牝馬ステークスはゲートが決まらず後方からの競馬になった事に加え、展開が全く向かない中での結果なので、上がり最速の脚を使って掲示板を確保してきた事を評価すべきレースと言える。

秋華賞やオークスは明らかに距離が影響しての敗戦で、本来の持ち場であるマイルでは1.2.1.1と桜花賞以外ではパーフェクトな成績を残しており、唯一馬券圏外となった桜花賞でも2着馬のシゲルピンクダイヤとは0.1秒差の競馬に持ち込んでいる事を考えると、得意の距離での競馬となる今回は巻き返し濃厚な一戦と言えるのでは。

ただ、枠はもう少し外が欲しかったというのが本音で、仮に2桁馬番を引き当てていれば本馬に厚い印を打つ予定だったのだが…。

今回の並びを考えるとかなりのトーンダウンというのが正直なところなので、ここは半信半疑の対抗としてみた。

▲に人気ブログランキングへ

この馬に関しては過去のリステッド競争の内容と連勝した時の内容を評価しての3番手とした。

あの時のレース内容からすると今の成績には少し物足りなさが残る感じはするが、前走もロスがある競馬になりながらも最後はきっりちと脚を使えていたので、今回も道中上手く立ち回ればこの馬の決め手なら重賞でも通用するだろう。

仮にここで馬券に絡まなくとも後々は重賞で馬券に絡んでくる馬だと思っているので、本馬に関しては先々までマークしておく必要があるのでは。

☆穴にプールヴィル

好走は全て1400m、それ以外は全て凡走と買いどころが非常にはっきりとしている馬ではあるが、桜花賞の内容を見ると1600mが全くダメというタイプではないと思うので、このはっきりとした成績が嫌われるような事になれば非常に面白さがある一頭と言える。

今の阪神の馬場であれば本来のこの馬のスピードがフルに活かせると思うので、この手のタイプはマークが薄くなったタイミングが絶好の狙い目だろう。

◎ダノンファンタジー
〇ビーチサンバ
▲穴人気ブログランキングへ
☆穴プールヴィル
△シゲルピンクダイヤ
△トロワゼトワル
△サウンドキアラ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 桜花賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2歳女王レシステンシアが前哨戦のチューリップ賞で3着となり連勝がストップ。阪神JFを圧巻のパフォーマンスで制し、「桜花賞は当確」との声も出ていたが、混戦の様相を呈して本番を迎えることになった。

有力視されるチューリップ賞組の他にも、シンザン記念を制したサンクテュエール、阪神JFの1番人気リアアメリア、クイーンCの勝ち馬ミヤマザクラなど多士済々。

去年のグランアレグリア、一昨年のアーモンドアイと、2年続けて休み明けの馬が制したが、今年も有力馬の大半はノーザンファーム生産馬。

“ひと叩き”というローテーションの概念が、外厩制度によって崩れたことは記憶に新しいが、GIでは、今や外厩の思惑や裏事情を掴んでいなければ、馬券の的中に近づくことは容易ではない。

無論、2戦2勝のデアリングタクト、アブレイズなど非ノーザンファームの有力馬も参戦予定。今年の桜花賞は、極めて情報力がモノを言うレースとなるだろう。

トレセンでの取材規制が厳しくなっている現在、一般マスコミは新聞のコメント取りですら難しい状況となっている。“本音”が表に出ることはまずないだろう。

ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一といった元騎手、元調教師の大物関係者が在籍する弊社シンクタンクは、その人脈も業界最高峰、情報ルートたちがあらゆる関係者と親密な関係を築いており、個別に連絡を取って話を聞き出すことができる。

こんな状況下でも、確かな関係者情報を入手してお伝えできる態勢は整えてある。

創業25年以上の弊社シンクタンクは、競馬ファンの方に少しでも競馬を楽しんでもらいたいとの思いから、今週の桜花賞の関係者情報と、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別無料公開する。ぜひとも参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第80回 桜花賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク