【春菜賞2018予想】本命ラソワドール

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて東京の9R、春菜賞の予想を。アルモニカ、フィルハーモニー、モルフェオルフェ、レッドイリーゼ、マイティーワークス、ミュージアムヒルなどが出走予定。

【PR:中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼

今週の勝負レースは「きさらぎ賞」です!

是非情報指数をご覧になってみてください!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から指数情報、無料予想を受け取る

春菜賞

本命はラソワドール

身体のラインをみてもこの母らしい馬なので初戦は距離を考えると若干怪しいと思っていたものの、レイエンダの2着としっかり結果を出してきた。ただ、1800m戦で勝ち上がれずに1600m戦で勝ち上がった点からしてやはり適性距離は兄に似た感じに出ているか。

前走の菜の花賞は先行馬が残る中で外から上がり最速で追い込んで3着と通ったコースを考えると立派で、500万クラスであればすぐに勝ち負け出来るレベルだろう。

今回は1400mへの距離短縮となるが、適性だけで考えるとマイル戦よりもこちらの距離の方が合っていそうで、グランシルクよりも器用さがあるタイプなだけに東京1400mはツボの可能性も十分考えられる。枠順もいいところを引き当てたのでここは捻らずベタに上位評価とした。

対抗は人気ブログランキングへ

前走をみる感じでは使われて競馬を覚えた今であれば1400m戦が合わないという事はなさそう。今回の枠順はギリギリではあるものの、自分のリズムを崩さずに出たなりの競馬をすれば大きな問題にはならないだろう。ここはスピードを活かしたい。

◎ラソワドール
人気ブログランキングへ
▲ミュージアムヒル
☆リープフラウミルヒ
△サウンドキアラ
△レッドイリーゼ
△アルモニカ
△マイティーワークス
△ハナザカリ
△セイウンミツコ
△フィルハーモニー

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

節分ステークス

人気ブログランキングへ
〇マイネルメリエンダ
▲フィアーノロマーノ
☆シャドウダンサー
△ペガサスボス

推奨馬券

◎単勝、馬連、ワイド

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 東京新聞杯(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイル路線を歩む馬たちにとって、春の大目標となるのは6月の安田記念。直近にもいくつか前哨戦は組まれているものの、実は、安田記念前に東京マイルで行われる重賞はココしかない。そのため、本番から約4ヶ月と間隔は開くものの、本番さながらの好メンバーが揃うケースも少なくない。今年も出走予定馬には、アドマイヤリード、ダノンプラチナ、グレーターロンドンなど有力馬が名を連ねている。

そして、このレースで馬券の肝となるのが4歳馬の存在だ。安田記念週に行われるクラス再編成によって、4歳馬は賞金が半分になってしまうため、必然的に出走に必要な賞金ボーダーが高くなっていく。陣営とすれば「早い段階で賞金を加算して、本番までのローテーションを楽にさせておきたい」との思惑を持つのは当然の流れとなるが、とはいえ、4歳馬が全て勝負というわけではなく、その辺りは正確なジャッジが必要となる。

そのために必要となるのが、競馬関係者から入手した確かな情報。建前しか伝えることができない一般マスコミとは違い、増沢末夫、平井雄二、中野渡清一など競馬界の大物OBが情報ルートして在籍する当社シンクタンクには、トレセン内はもちろん、マスコミの取材が及ばない外厩施設や、馬主関係者など、あらゆる競馬関係者から隈なく情報収集を行っている。

本来、こうした情報を一般公開することはできないのだが、今週はより多くの方に本物の関係者情報を知って頂くべく、シンクタンクを初めてご利用の先着100名様限定で、東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開する。この機会に、是非シンクタンクの情報を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第68回 東京新聞杯(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク