【平安ステークス2019予想】本命ジョーダンキング

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、平安ステークスの予想を。オメガパフューム、サンライズソア、チュウワウィザード、アナザートゥルース、ロンドンタウンなどが出走するダート1900mのG3レース。

体調がここに来て一歩進んで二歩下がるといった感じでどうも長いトンネルを抜け出せない状況が続いていますので、明日の更新は少し遅れてしまうかもしれません。

更にケータイを生まれて初めて無くしてしまい、色々と不便になってしまいました。

もう高校時代からケータイ番号もアドレスも変更していませんが、まさかこんな形で別れがくるとは思いもしませんでした。

週末の重賞に関する記事はこちら。

【オークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【平安ステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

平安ステークス

本命はジョーダンキング

重賞初挑戦となった前走のマーチステークスでダートを使って初めて馬券圏外に敗れてしまったが、スタートしてすぐに後方に下げ、直線では内枠を活かす事なく大外を回してしまうという非常にロスの多い競馬。それでもラストは前との差を詰めており、この日は展開が展開だっただけに内枠をもう少し活かす競馬が出来ていれば確実に違った結果になっただろう。

2走前の甲南ステークスで後続をぶっちぎった内容からすると能力はまず重賞でも足りる馬で、輸送のない関西圏での競馬、3戦して3勝と最も手の合う鞍上を確保出来た今回はさすがに前走のような酷い競馬にはならないのでは。

一気の相手強化と前走の敗戦で人気はガタ落ちだろうが、展開面もある程度味方しそうなここは上位に食い込めるだけの資格は十分あるとみた。

対抗はサンライズソア

去年の平安ステークスの内容が非常に優秀で、その後は勝ち星から遠ざかってはいるものの、シリウスステークス、JBCクラシックと強豪馬を相手に強い内容で3着を確保。前走のフェブラリーステークスでは久々に崩れてしまったが、逃げ馬のインティを追いかける厳しい展開になった事が全てだろう。

ここも先行馬が揃っているが、多少厳しい展開になったとしてもこのコースならそう簡単に垂れる事はないのでは。

チュウワウィザード

これまで距離やコース、馬場と全く異なる条件を使われながらも常に3着以内の成績を残している安定感抜群の馬。東海ステークスではインティを捕らえる事は出来なかったが、その他の馬とは力がまるで違ったような競馬をしており、今回の結果次第では秋は大きいところを狙えるだけの存在と言えるだろう。

人気ブログランキングへ

さすがに今回のメンバーの中に入ると能力は一枚劣っているように思えるが、前走戦った相手もそれなりに骨っぽいので、案外ここもあっさりと結果を残してくる可能性も。馬場や京都コース替わりが大きな課題となりそうだが、勢いだけで壁をぶち破ってきそうな感じもするので、今回は期待も込めての4番手としておく。

◎ジョーダンキング
〇サンライズソア
▲チュウワウィザード
人気ブログランキングへ
△オメガパフューム
△クイーンマンボ
△ロンドンタウン
△マイネルユキツバキ
△サトノティターン
△グレンツェント

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 オークス(G1)

自信の本命馬×とっておき激走穴馬
【◎-穴1点馬券】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞をレコードで完勝したグランアレグリアはNHKマイルCへと向かったため、今年は桜の女王不在の中でレースが行われる。シゲルピンクダイヤ、クロノジェネシス、ダノンファンタジーなど桜花賞上位組はそのまま顔を揃え、コントラチェック、ウィクトーリア、カレンブーケドール、ラヴズオンリーユーなど、別路線からも有力視される馬が参戦。一見すれば、どこからでも入れるメンバーであり、「混戦ムードが漂う1戦」と言っていいだろう。

しかし、それはあくまで一般的な目で見た話。新聞やネット上の情報など、世間に流れ出る情報を頼りにしているだけでは、いくら考えても“混戦”という結論から抜け出すのは難しい。オークスに潜む、各関係者の真の思惑を把握することこそ、馬券検討において重要なポイントとなる。

一つだけ具体例を挙げるとすれば、『生産界の巨人』ノーザンファームの思惑だ。過去、オークスの好走馬を最も輩出している桜花賞組だが、今年の1~5着の内4頭はノーザンファーム生産馬なのだ。近年、トレセンより充実した調教施設を持つようになった『外厩』の中でも、特にノーザンファーム天栄、しがらきの発言権は強くなり、馬の仕上げからローテーション、ジョッキーまで決めている。今年のオークスにも多数のノーザンファーム生産馬が出走しているだけに、この思惑を知らずして馬券を買うのは、いかがなものかと言わざるを得ない。

だが、『外厩』はトレセンの外部施設であるため、スポーツ紙や専門紙の記者達は取材をすることができず、表向きのコメント取りすらできない。つまり、ほぼノーマークの状況であり、一般マスコミやファンレベルの情報力では、その思惑を知ることはできないのだ。

無論、トレセン内外に情報ルートがいるシンクタンクでは、早くから『外厩』に注目しており、そこから情報を入手できるような態勢が整っている。『外厩』ひとつとってしても、一般マスコミとは一線を画す確かな関係者情報を持っているのだ。

GIになれば、世間に出回る情報は非常に多くなるが、その中でも本当に役に立つものはほんのひと握りしかない。それを頼りに馬券を買っていては、的中から遠ざかったしまうのも無理もない話だ。

そこで、少しでも多くの競馬ファンの方に本物の関係者情報を知って頂くため、今週はオークスの【◎-穴1点馬券】を含めた、関係者情報を特別に無料公開する。この機会にぜひともご確認頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク