【平和賞2020予想 船橋競馬】本命ジョーロノ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は水曜の船橋メイン、平和賞の予想を。マカベウス、フォルメッシ、ワールドリング、サウスワールドなどが出走するダート1600mのS3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

先週行われた埼玉新聞栄冠賞はド本線とまではいきませんでしたが、◎タービランス△リッカルド〇ファルコンウィングで決まりきっちりと的中。

ここも割と3連単が跳ねてくれたのでしっかりと回収する事に成功しました。

無双中の地方競馬は健在なので、今週もこのままの勢いで突っ走って連勝、大回収を狙います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レース天皇賞秋!

今年は波乱の天皇賞!

アーモンドアイの8冠はこの馬によって阻止される!

【天皇賞秋注目穴馬】

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

スプリンターズS情報注目馬5選

モズスーパーフレア
ダノンスマシュ3人気→2着
ライトオンキュー
ダイアトニック
グランアレグリア1人気→1着

オールカマー情報注目馬5選

クレッシェンドラヴ
ミッキースワロー
センテリュオ5人気→1着
ジェネラーレウーノ
ステイフーリッシュ3人気→3着

【天皇賞秋注目穴馬】

平和賞

本命はジョーロノ

前走の鎌倉記念に続いての本命となるが、その鎌倉記念では最終コーナーでピースフラッグに並びかけられる厳しい展開になりながらも直線ではピースフラッグを競り落として3着に粘る強い競馬。更に差し馬が上位を占める流れだったという事を考えると馬券に絡んだ馬の中で一番強い競馬をしたのは間違いなく本馬という事になるだろう。

今回は前走からまたまた距離が延びるが、距離を延ばして臨んだシャイニングメモリー賞の内容が相当強く、ハンデ55キロを背負って直線では軽量馬をほぼ馬なりで楽々ぶっちぎっているので、もしかすると距離はもう少し長くなった方が合うタイプなのかもしれない。

極端な内枠を引き当てていればおそらく馬券は別の馬から入っていたと思うが、幸運にもまたまた揉まれる事なくスムーズにレース運びが出来そうな外枠を引き当てる事が出来たので、ここも前走同様にすんなり先手を奪う形になれば再び粘り込む可能性が高そうなレースと言えるだけに、何とか良い結果を出して全日本2歳優駿に駒を進めてもらいたい。

対抗はマカベウス

前走は勝ち馬には完敗だったものの、向正面からかなり長く脚を使いながらも最後までしっかりと伸びて見せ場たっぷりの競馬をしていたので、展開などを含めればあそこまで追い込んでこれた事を評価すべきレースと言える。

ただ、今回は揉まれる可能性が高い枠を引き当ててしまったので、色気を出してある程度の位置を取りにいってしまうと不発も十分にあり得るが、前走の内容を見る限り距離は延びてこそのタイプだと思うので、相手関係やコースを考えれば溜めればまず不発はないとみた。

▲にサウスワールド

ゴールドジュニアのレース内容は可もなく不可もなくといった感じも、相手にした馬のレベルがレベルなだけに今回の相手ならゴールドジュニアぐらい走れば十分足りてしまいそう。実際に相手ダウンの前走も楽に逃げ切っているので、ここも番手で流れに乗ればしっかりと馬券圏内は確保してくるか。

☆にフォルメッシ

結果的に前走のゴールドジュニアはこの馬には少し距離が短かった印象を受けるので、マイルへの距離延長となる今回は更なる前進に期待が持てそう。極端な内枠は歓迎とは言えないものの、差し馬の割には器用さのあるタイプなので、なでしこ賞のプレジールミノルのように内で揉まれて負荷のかかるような競馬は案外合うのでは。

◎ジョーロノ
〇マカベウス
▲サウスワールド
☆フォルメッシ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第162回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイを脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年はGI7勝・連覇を狙うアーモンドアイが出走。昨年も安田記念後は休養に入り秋緒戦を天皇賞秋から始動。今年も昨年と同じく安田記念から休養明け緒戦となる。勝てばJRA所属馬史上最多となる芝GI8勝目となる。アーモンドアイにとってはラストイヤーとなるだけに、何が何でも勲章を手にしたいところだ。

他にはクロノジェネシス、フィエールマン、キセキ、ブラストワンピース、ダノンプレミアム、ワグネリアンなどGI馬7頭がスタンバイ。好メンバーが揃うが、打倒アーモンドアイに燃える陣営の存在も。

過去10年の成績では1人気[5.2.1.2]、2人気[1.3.2.4]、3人気[0.1.1.8]。1人気で勝ち上がったのはアーモンドアイ、キタサンブラック、モーリス、ラブリーデイ、ブエナビスタの5頭。1人気は7連対と安定した成績を残している。上位人気馬は揃って馬券圏を外す事はなく大波乱になるケースは少ない。

平均配当では馬連2870円、3連複8990円、3連単5万2870円。二桁人気の伏兵馬の好走は17年レインボーライン(13人気3着)、15年ステファノス(10人気2着)の2頭のみ。馬連3桁配当は2度、馬連最高配当は7340円、3連単10万馬券以上が2度、3連単最高配当は21万4010円。

過去10年のステップレース別の成績では出走頭数が多い毎日王冠組が3勝(2着3回)・馬券圏内11頭と好走馬が目立つ。昨年は安田記念組アーモンドアイ、ダノンプレミアムが連対したが、GI戦からの直行組も3勝(2着5回)の成績で休み明け緒戦から実力を見せている。

昨年の天皇賞秋も◎アーモンドアイからパーフェクト的中。今年はアーモンドアイを脅かす隠れ穴馬の存在が…  配当を引き上げる隠れ穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第162回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイを脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク