【報知オールスターカップ2020予想】本命センチュリオン

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は3日の川崎メイン、報知オールスターカップの予想を。ハセノパイロ、タービランス、センチュリオン、ヒカリオーソ、ヤマノファイト、サウンドトゥルーなどが出走するダート2100mのS3レース。

去年同様に今年一発目の競馬予想はこちらのレースとなりました。その去年は◎ユーロビートから本線的中したレースなので、今年も一発目から良い結果を出す事が出来たらと思っております。

一応去年かなり好調だった地方競馬予想ですが、今年も変わらずこちらの更新も続けていくつもりなので、中央、海外同様に期待して頂けたら程々に頑張りますのでよろしくお願いします。

週末の重賞に関する記事はこちらから。

【京都、中山金杯予想2020考察】

3点勝負買い目を無料公開

報知オールスターカップ

本命はセンチュリオン

前走の浦和記念は中央馬には大きく差を付けられて5着に敗れているが、脚はしっかりと使えていたので単純に相手が悪かった一戦と言えるか。

それでも2走前のJBCクラシックでは年末の東京大賞典を勝利したオメガパフュームに次ぐ3着に入線しているので、中央馬が不在となる今回のレースであれば能力は上位と言える存在だろう。

これまで2100m以上のレースでは非常に安定した成績を残している馬で、過去には今回と同じ距離で行われた白山大賞典で2着に入線した実績もあるだけに、前走からの距離延長は大きなプラスとなるのではないだろうか。

割と人気が割れそうなレースなので、とりあえず印上位馬が馬券に絡めば去年同様に大きく回収出来そうな感じも。

対抗は人気ブログランキングへ

※馬名を間違えていましたので修正しました。

今回は想像以上に相手は揃ったが、コース適性の高さならここでも本馬が頭ひとつリードしている印象を受けるので、普通に力を出し切ればまず勝ち負け争いに加わってくるか。本命馬が来る展開になればセットで馬券に絡んでくる可能性は高そう。

ヒカリオーソ

ピンパータイプなので自分のリズムを崩す事なくレース運びが出来ればここもあっさりまでありそうな気もするが、どちらかといえば大敗後に狙いたいタイプなので、ここはちょっと狙いからはズレてしまうか。

ヤマノファイト

去年と同じローテで臨む今年もそれなりに怖さがある一頭で、衰えを差し引いても今回のコースなら馬券圏内は十分狙えそう。

◎センチュリオン
人気ブログランキングへ
▲ヒカリオーソ
☆ヤマノファイト
△タービランス
△サウンドトゥルー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 中山金杯(G3)

新年一発目のお年玉情報!
穴の3連単馬券を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

東西で行なわれる金杯は、格付けはG3に過ぎないが、新年最初の重賞ということで、『一年の計は金杯にあり』と一般ファンの注目が高くなり、マスコミもかなり力を入れて報道する。トレセン内外の関係者も同様に、新年最初の重賞を勝つことは絶好のスタートとなるから、競馬に携わる人間にとって、ある意味金杯はGIに匹敵するレースとなる。

そして、金杯は関係者にとって大きなアピール場ともなる。それはスポンサーである馬主へのアピール。個人馬主の多くは会社など本業を持っている人物が多く、勝負事で縁起を担ぐことも少なくない。金杯を勝てば『新年早々、縁起がいい』と上機嫌となり、厩舎にとっては今後の預託に繋がるし、スタッフにはご祝儀がでる場合も。昨今はクラブ馬主が多くなっているが、クラブにとっても、金杯を勝つことは会員向けに大きなアピールとなる。

しかし、馬主が絡んだ思惑というものは、マスコミの取材が及ぶ範疇外。つまり、世間の大半が知ることのできない関係者情報だ。こうした表に出ない裏の情報が、金杯でも馬券的中のカギを握っている。

2019年10月に創業25年を迎えたシンクタンクは、ハイセイコーの増沢末夫、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師の大物OBが数多く在籍し、馬主や厩舎の思惑はもちろん、騎手、エージェント、外厩に至るまで、世間が知ることのできない関係者情報を入手できる態勢が整っている。

新年一発目となれば、誰しも馬券を的中させて気持ちになりたいところ。そんな方々のお役に立つために、特別に【中山金杯・穴の3連単馬券】を無料公開することが決定した。弊社からの『お年玉情報』を、ぜひともお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 中山金杯(G3)

新年一発目のお年玉情報!
穴の3連単馬券を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク