【ペルシアンナイト馬体回顧】先週の結果、富士S大本線的中など

スポンサーリンク

おはようございます。

本日も時間の関係で軽くにはなりますが先週の重賞の予想結果といつもの馬体回顧を。今週の馬体回顧はどの馬にするかかなり迷いましたが、1番先に確認したペルシアンナイトにする事にしました。

まずは今週末面白そうな穴馬をあげておきます↓


人気ブログランキング

馬場状態が気になりますが極端に悪化しないようなら面白いのでは。今週はかなり買いたいレースが多くどこから穴馬を出すか迷いました^^;

PR【 中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

今週の大勝負レース!天皇賞秋の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

富士ステークス予想結果

1着〇エアスピネル
2着☆イスラボニータ
3着◎クルーガー

3連複 12,820円

※ワイド、3連単などは推奨馬券であげていませんので省略します

完全に馬体の読みがハマったレース。以前からクルーガーの動きや馬体から道悪はかなり上手そうと思っていたのでその読みが当たりました。当然能力や仕上がり具合なども考慮した上で本命にした訳ですが、休み明けでマークが薄くなるここでモノに出来たのは相当大きかった気がします。パドックの気配も上々でしたが、まだまだ上積みも感じさせる馬体だったのでこれから先も条件が合うレースでは注意が必要か。相手にも対抗のエアスピネル、☆のイスラボニータが入った事で重ね買いも上手くハマって秋華賞に続いての大爆発となりました。この勢いで今週も爆発出来るように頑張ります。

菊花賞予想結果

1着☆キセキ
2着△クリンチャー
3着…ポポカテペトル

10着◎サトノクロニクル

かなり難しいレースでしたがここはかすりもせず。かなり下手な予想をしてしまいました<(_ _)>さすがに1人気のキセキに本命は打てず、かと言ってクリンチャー、ポポカテペトルを本命にするのもちょっとという感じでした。パドックでずば抜けて良く見えたマイネルヴァンシュも4着までと何もかもが失敗。明らかに自分の勉強不足、改めて自分の予想の下手さを感じさせられたレースでもありましたので、今週末からこれを機に1から出直す覚悟で予想させて頂きます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 第156回 天皇賞秋(G1)

  重賞特捜部が好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

富士ステークス馬体回顧

ペルシアンナイト

富士ステークスのパドックでは多少内面にゆとりを感じたので仕上がりは7.8分といったところだが、それでも筋肉量や絶妙な踏み込みは健在で古馬相手の重賞でも馬体はそこそこ目立っていた。ただ、5月から馬体を比べると正直ほとんど変わりはなく、春の段階から馬は非常に良かったが、ほぼ成長していない点はかなり残念ではあるもエアスピネルなどがいたここで目立っていた事を考えるとやはり普通の馬ではない。

古馬相手のG1になれば成長出来ていない点が大きな欠点となるかもしれないが、本番でもしっかりと仕上げられれば普通に通用しそう。富士ステークスの結果が結果なだけに今年の3歳牡馬はやはり能力的に厳しいと感じてしまうが、かなりの上積みが期待される次走は前走の結果だけで評価を落とすのは危険だろう。

今週面白そうな穴馬はこちら↓


人気ブログランキング

明日は重賞の予想を更新しますが時間の関係でどちらか1つになるかもしれません。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 第156回 天皇賞秋(G1)

  重賞特捜部が好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の年度代表馬キタサンブラックに、キタサンブラックを下して宝塚記念を制したサトノクラウン、安田記念を制したサトノアラジン、今年のオークス馬ソウルスターリングに、昨年のダービー馬マカヒキ、前哨戦の毎日王冠の勝ち馬・リアルスティールに、香港でGIを制したネオリアリズムと、名前を挙げきれないほどの豪華メンバーが揃う今年の天皇賞・秋。非常に見ごたえのあるレースとなること必至だろう。

一方、馬券を買うファンの立場からすれば絶対的な軸馬不在の悩ましい1戦に。人気が割れることはまず間違いなく、新聞やネットなどの各メディアは日替わりで取り上げる馬を変え、混戦ムードにますます拍車をかけることになる。そもそも、天皇賞・秋は過去10年で馬連3桁配当になったことは1度しかなく、反面、10万馬券が4回も出ているレース。今年も波乱決着となる可能性は極めて高いと言えるだろう。

こんな状況だからこそ、この10月で創業23年を迎え、古くから競馬関係者より確かな本音を聞き出せる太いパイプを築いてきた当社シンクタンクの情報力が最大限に発揮される。事実、前哨戦の毎日王冠では1番人気に支持されたソウルスターリングではなく、3番人気と評価を落としていたリアルスティールから[馬連2340円、3連複4670円、3連単2万7280円]と3馬券種完全的中、オールカマーでも◎○▲の大本線3頭で[馬連1700円、3連複3340円、3連単2万0150円]的中と、元調教師率いる【重賞特捜部】が的確なジャッジで結果を残している。

そして、今年の天皇賞・秋では最大の伏兵になり得る存在を既にキャッチしている。本来であれば無料公開することはできない特別な情報だが、創業23年を迎えた当社シンクタンクの創業月間であることを記念して、今回は特別も特別に天皇賞・秋の【◎-穴1点馬券】を無料公開する。天皇賞・秋の馬券を買うのであれば、是非ともこのチャンスを有効活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第156回 天皇賞秋(G1)

  重賞特捜部が好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク