【福島牝馬ステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の福島メイン、福島牝馬ステークスに出走を予定しているデンコウアンジュ、カワキタエンカ、ダノングレース、フローレスマジック、ミッシングリンクの最終追い切りに関する記事を。

まずは本題の前にこちらのレースの予想オッズから。

予想オッズ

1 ランドネ 3.1
2 フローレスマジック 3.5
3 ダノングレース 4.1
4 デンコウアンジュ 5.6
5 カワキタエンカ 6.2

このレースに関してはどの馬が1人気になってもおかしくないが、一応実績を考えるとランドネになるか。ただ、良血馬フローレスマジック、勢いあるダノングレースもそう差のない人気となりそう。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着

ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着

その他週末の重賞に関する記事はこちら。

【マイラーズカップ2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【フローラステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

福島牝馬ステークス最終追い切り

デンコウアンジュ

フォームは美しいが、脚もとが悪い意味で軽く、力強さには大きく欠ける走り。付け根から脚を出せていないのもマイナスで、可動域もいくらか狭く感じてしまう。スピードにはしっかりと乗れているのでもう少し短い距離なら高く評価したかったが。頸にも多少硬さがあるので、動きはいたって平凡といった感じか。

カワキタエンカ

舌を出しながら走っており、頭の高さも目立っている。脚を出すタイミングも合わず、更に外へ流れるような場面もみられた。追われた後の動きも鈍く、最後は脚がバラバラになる始末。結局フォームが大きく乱れた事で加速も出来ないまま走りを終えてしまった感じか。この馬に関してはいつも調教映えしないが、今回も相変わらずの動きを披露してきた。

ダノングレース

この厩舎の馬にしては頸差しが柔らかくフォームも沈んでいる。馬体の張りは抜群で、トモや肩の筋肉が浮いている点にも好感が持てる。最後は大きく減速したように思えるが、脚は全くあがっておらず、流し気味に追われた事が減速した大きな理由だろう。

どちらかと言えばパワー寄りの走りも、脚捌きには素軽さもあるので、ディープインパクト産駒らしさはしっかりと受け継いだ馬と言える。馬体や動きからするととても条件戦を勝ち上がったばかりの馬とは思えない。

フローレスマジック

3頭併せの真ん中という事もあって直線に入ってからの動きはほぼ確認出来ないが、脚の回転は非常に速くスムーズ。その分力強さには欠けてしまう感じはするも、前半からこれだけスピードに乗れていれば悪い印象は受けない。

調教パートナーがしぶとく最後の最後までグイッと前へ出る事は出来なかったが、脚色は一切衰えておらず、長く脚を使えた事を評価すべき追い切りでは。何かに特化したような動きではなかったが、特に減点ポイントも見当たらない良い追い切りだった。

ミッシングリンク

調教パートナーが全く走らない事もあってほぼ単走のような追い切り。身体を馬体以上に大きく使えており、肩や胸前の筋肉量は素晴らしい。ここだけみるといかにもダート馬という感じだが、脚もとや身体に硬さはなく、脚捌きをみても軽さがある馬なので、芝が全くダメというタイプではないだろう。

乗った時のスピードも抜群なので、ここは良い意味で中途半端なタイプと捉えておきたい。欲をいえばもう少し馬体をすっきり見せて欲しかったが、ひばらのラインに大きな緩みは感じないので、一応走れる態勢は整っているだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第50回 マイラーズC(G2)

ダノンプレミアム?モズアスコット?
【情報注目馬5頭】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬マイル路線の大目標となる安田記念は、古くから中距離路線からの参戦もあり、出走するための賞金ボーダーが上がり、メンバーレベルも高くなることが多い。そのため、前哨戦から有力馬がぶつかることもしばしばで、例年、マイラーズCも本番を占う上で重賞な1戦となる。

今年はモズアスコットにケイアイノーテックといったマイル路線のGI馬だけでなく、長期休養明けの金鯱賞を完勝したダノンプレミアムがマイル路線に矛先を向けることとなり、ココへ出走を予定している。その他にも、インディチャンプ、パクスアメリカーナといった新興勢力の名前も見られ、例年通り注目のレースとなりそうだ。

しかし、前哨戦はあくまで前哨戦に過ぎず、どこが目標でどこを狙いにしているのかは、各陣営毎に思惑は違う。だからと言って、

「本番では勝負にならないのでココがメイチ」
「賞金は足りているから、ココを叩いて次に良くなってくれれば。格好は付けて欲しい」

などと、公に“本音”を語ることはまずない。大衆の目に触れる新聞やネット上で真実を語ったところで、一銭の得にもならないどころか、デメリットにしかならないことは、関係者であれば誰でもわかっているから。世間に出るほとんどの情報は、“建前”に他らない。

だが、関係者が全く“本音”を語らないかと言えば、それは違う。いつも親しくしている人間や、過去にお世話になった先輩、大物馬主関係者など、個人的な付き合いや公にならない筋の関係者には“本音”を語る。こういった裏情報が、すなわち本物の関係者情報であり、大物情報ルートが揃う弊社シンクタンクが聞き出せる情報なのだ。

今週はマイラーズCにフローラS、そして土曜日には福島牝馬Sと3つの重賞が行われる。既にトレセン内外から情報が集まってきているが、そうした情報を、元JRA調教師の平井雄二氏が率いる重賞・メイン特捜部が厳選し、会員の皆様に公開している。今週はこの3重賞の【情報注目馬5頭】を無料公開する。先日も12番人気2着のアマルフィコースト(阪神牝馬S)をズバリと抜擢した情報だ。間違いなく見ておいて損はない。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第50回 マイラーズC(G2)

ダノンプレミアム?モズアスコット?
【情報注目馬5頭】を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク