【福島テレビオープン2019予想】中京記念、函館2歳ステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の福島メイン、福島テレビオープンの予想を。キョウヘイ、コズミックフォース、ベステンダンク、ミライヘノツバサ、リライアブルエースなどが出走を予定している芝1800mのオープンクラスのレース。

今週も予想の時間がしっかりと取れなかったので、重賞が二つありますがどちらも軽くの更新とさせて頂きます(寝なければ時間が取れる可能性がありますので、その場合はフル予想を後ほど更新します)。

ただ、土曜も大きい配当ではなかったものの、福島メインは印3頭の3頭決着などその他のレースの結果を見ても予想はほぼハマっているので、今は案外この買い方で攻めるのが合っているのかもしれません。

※福島メインは相手の名前だけ書いて印を打つのを忘れていました。

なお、来週の予想はしっかりと時間を取るつもりですので、よっぽど酷いレースではない限りは通常通り更新する予定です。

函館2歳ステークス

レッドヴェイパー

ケープコッドがいなくなったここは無難にレッドヴェイパーから。初戦で負かしたそのケープコッドが未勝利戦を圧勝している事を考えると能力の高さは疑いようがなく、ここまでのローテを考えると結果的に予定していた1000mの新馬戦は除外されて正解だったのではないだろうか。

対抗は負けと違う馬場を経験しているビアンフェ、3番手に距離は少し短い印象も完成度高いタイセイビジョンとしておく。

◎レッドヴェイパー
〇ビアンフェ
▲タイセイビジョン

中京記念

◎穴クリノガウディー

ここは荒れそうな臭いがプンプンするので大きく振り回す。近走の着順が冴えないだけに人気になる事はないと思うが、距離や展開など言い訳の出来る敗戦ばかりで、今回は久々に条件が合いそうなレースを使ってきた。例年の傾向を考えるとこの手のタイプは非常に怖さがあり、枠順も良いところを引けたここは一撃に期待が持てそう。

今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【函館2歳ステークス2019】最終追い切り・調教評価

【中京記念2019】最終追い切り・調教評価

福島テレビオープン

本命はグレイル

近2走で馬券に絡んだ事がある馬が2頭(その内の1頭は地方馬)という相当酷いメンバー構成なので、ここも思い切って振り回すのが面白いだろう。

本馬もここ2走は馬券に絡む事が出来ていないが、3走前のセントライト記念では直線で内から外へ豪快にカニ歩きをしながらも最後はしっかりと脚を使って3着まで追い上げてくる非常に強い内容で結果を残しており、皐月賞ではセントライト記念同様にスムーズにレース運びが出来たとは言えない中で、上がり最速の脚を使って厳しい位置取りから追い込み、ジェネラーレウーノ、ステルヴィオ、キタノコマンドールといった馬とタイム差無しの競馬している実力馬。

この酷いメンバーの中に入れば能力は上位と言える存在なので、ここで極端に人気を落とす事はないと思うが、休み明け、距離短縮と能力以外にも買い材料が揃っているだけに、鞍上がお荷物であっても普通に買いたい1頭と言える。

対抗は穴ブログランキングへ

まず下位人気確実の馬ではあるが、距離、コース、そして時期と激走する最低限の態勢は整った。近走の行きっぷりをみても終わった感は全くない馬で、展開や出負けなど一応言い訳の出来る敗戦が続いている事も事実。酷いメンバー構成とはいっても今回は別定戦なのであまり大きな事は言えないが、超大穴があるとすればこの馬の大きな変わり身があった時ではないだろうか。

▲にミュゼエイリアン

なかなか掴みどころのない馬ではあるが、ハイペースで前が崩れる展開となった3走前のニューイヤーステークスがそれなりに強い競馬で、前走は展開、2走前は勝ち馬から0.2秒差の競馬と案外ここならやれそうな気配がする。今回は久々に展開も味方しそうなので、すんなり先行する形であれば粘り込みがあっても。

☆にマウントゴールド

ハンデ58キロは楽ではないが、まともであればあっさりがあってもいい存在で、最近は以前と比較すると行きっぷりが悪くなっているが、休ませた効果があればここで変わり身があってもいいのでは。さすがに人気にはなると思うが、ここは変に嫌う必要もないだろう。

◎グレイル
ブログランキングへ
▲ミュセエイリアン
☆マウントゴールド
△コズミックフォース
△リライアブルエース
△ロジチャリス
△ベルーガ
△ベステンダンク
△ストーンウェア
△キョウヘイ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは印が印なので点数を広げて事故を待つのが正解だろう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第67回 中京記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

5戦で構成させる他のサマーシリーズとは違い、わずか3戦のみでチャンピオンが決定されるマイルシリーズ。チャンピオンとなる条件は、シリーズ対象レースを1勝以上し、ポイントが12点以上となるため、最低2つのレースに参戦しなければならない。

しかし、第1戦の中京記念から関屋記念までは中2週と日程がタイトであり、3戦目の京成杯AHまではレース間隔があるものの、前2戦が直線が長い左回りであるのに対し、小回りで枠順の有利不利が大きく出る中山マイル戦と、明らかに求められる適性が違うなど、チャンピオンになるには中々にシビアな条件が揃っている。

3戦全て好走させるのは至難であるが故、本気でチャンピオンを狙う陣営は、勝ちに行くレースと、参戦してポイントを稼ぐためのレースを計算して送り込んでいるのが普通。しかも、3戦中2戦がハンデ戦であるため、斤量を背負わないようにするための策を講じることもあり得るわけだ。

更に、サマーシリーズのことは考えず、秋に向けて賞金加算を目論んでの参戦もあり、各陣営が持つ思惑は様々。「金曜日の印を打っているんです」などと記者が公言するような新聞などの一般マスメディアでは、こういった裏事情は到底把握することなどできない。だからこそ万馬券決着が当たり前、過去10年で10万馬券以上での決着が7回も起こっているのだ。

こういった一般ファンにとっては難解なレースこそ、“本物の関係者情報”を入手することができる当社シンクタンクの情報力がより生きる舞台。各陣営からしっかりと本音となる思惑を掴み、馬券に直結するような情報もお伝えできる。

そこで、“本物の関係者情報”があることを一般ファンの方々にも知って頂くために、今回は中京記念の【情報注目馬5選】を特別無料公開する。世間には出回らないような情報もあわせて公開するので、馬券を買うのであれば必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第67回 中京記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク