【福島民報杯2019予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は福島メイン、福島民報杯の予想を。アウトライアーズ、アグネスリバティ、アーバンキッド、ドレッドノータス、レッドローゼスなどが出走する芝2000mのハンデ戦、リステッド競争。

その他週末の重賞の追い切りに関する記事はこちらから。

【皐月賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【アンタレスステークスステークス予想オッズ】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

福島民報杯

本命は人気ブログランキングへ

前走の敗戦は雨の影響が大きかったので、まともな馬場で競馬が出来ればここは当然巻き返し濃厚か。2走前も展開を考えれば強い競馬をしており、3.4走前戦った相手のレベルもそれなりに高いので、後は初の福島さえ問題なければ対抗馬とセットで馬券になるのでは。距離もこのぐらいが合っており、ハンデも実力の割には恵まれた印象を受ける。

対抗はマイネルサージュ

しばらく馬券に絡む事は出来ていないが、前走の中山記念も最後は一応脚を使っており、3走前の中山金杯では最下位人気ながらも直線外から34.9の脚を使い、勝ち馬から0.2秒差の競馬をしており、あわや馬券に絡むかという勢いすらあった。

去年もほぼ同じようなローテでここに駒を進め、重賞実績のあるマイスタイルを下して勝利しており、その去年と比べて極端に衰えが感じられない今年も当然有力馬の1頭と言えるだろう。

何より福島は(1.3.0.0)とこの馬が最も得意としているコースで、引き続き津村を確保出来た事も非常に心強い。ここはまず勝ち負けになると思うので、当初はこちらを本命にする予定だったが、本命馬とのハンデ差を考えて少し評価を下げた。

▲にマウントゴールド

前走は展開を考えるとよく頑張っており、ここ2走は着順ほど負けていない。エアウィンザーやステイフーリッシュを相手にしてきた馬なので、一気にレベルが落ちるここならさすがに恥ずかしい競馬にはならないとみる。

☆にケイティクレバー

近走の内容から人気はかなり落ちると思うが、自分の形でレース運びが出来ればまだまだやれる馬。今回も展開に恵まれる事はなさそうだが、そんな時こそ何故かハマるのが競馬。この人気ならある程度評価しておいて損はないだろう。

人気ブログランキングへ
〇マイネルサージュ
▲マウントゴールド
☆ケイティクレバー
△ドレッドノータス
△アウトライアーズ
△アーバンキッド
△アグネスリバティ
△スズカディープ
△クレッシェンドラヴ

本命はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 皐月賞>

サートゥルナーリア、
ダノンキングリーを脅かす穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

サートゥルナーリア、ダノンキングリーは3戦無敗、無傷で皐月賞制覇を狙う。朝日杯FSの覇者アドマイヤーマーズはメンバー唯一の4勝馬。3連勝中のサトノルークス、2連勝中のヴェロックス、重賞2勝のニシノデイジー、デビューから5戦連対パーフェクトのアドマイヤジャスタ、弥生賞の優勝馬メイショウテンゲン、キャリア2戦で弥生賞2着馬シュヴァルツリーゼ、毎日杯の優勝馬ランスオブプラーナ、スプリングSの連対馬エメラルファイト、ファンタジストなどがスタンバイ。

過去10年の人気別の成績では、1人気[2.2.1.5]、2人気[1.3.0.6]、3人気[1.1.2.6]。上位人気は4勝のみと苦戦。平均配当では、単勝1070円、馬連4600円、3連複3万3770円、3連単20万5280円。3連単100万馬券が1度、10万馬券以上が2度出ているように荒れる牡馬クラシック第一弾。

まだ記憶に新しい、あの大波乱となった17年皐月賞は◎ペルシアンナイト(4人気)穴アルアイン(9人気)で馬連8710円ズバリ的中!5連敗中の1人気だが、今年はサートゥルナーリア、ダノンキングリーの無敗馬が人気を集めるが果たして!?実は競馬セブンでは無敗馬2頭を脅かす人気薄激走情報馬の大駆け情報を独占入手!皐月賞の馬券を買う前に必ず午ご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク