【ジャパンカップ2018予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ジャパンカップに出走を予定している有力馬、アーモンドアイ、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャードの一週前追い切りの記事と先週の予想結果を。

体調不良もあって先週の予想はいつもよりも軽く少なめとなりましたが、今週末はガッツリいこうと思います。

アンドロメダステークス予想結果

1着▲ドレッドノータス
2着☆サーブルオール
3着…アメリカズカップ

9着◎ゲッカコウ

本命馬の位置取りが予想よりも後ろだった事もあり、ここは入りから大外れ。

東京スポーツ杯2歳S予想結果

8着◎アドマイヤスコール

人気馬が怪しかっただけにここは波乱もあると思いましたが、そもそもの本命馬が見せ場なし。

メイクデビュー予想結果

1着◎カフジジュピター

4着◎ヤマニンブルーベル

単勝 380円

霜月ステークス予想結果

9着◎サンライズメジャー

脚はありましたがあの騎乗はちょっと。ただ、これも競馬。

マイルCS予想結果

1着…ステルヴィオ
2着…ペルシアンナイト
3着…アルアイン

14着◎ロジクライ

言い訳もクソもない予想結果。完全な下調べ不足でした。今週末は体調を万全にしてがっつりと取りにいきたいと思います。

3点勝負買い目を無料公開

ジャパンカップ一週前追い切り

アーモンドアイ

一週前追い切りから3頭合わせでしっかりと負荷をかけてきた。コーナーで調教パートナーに並びかける時の動きは非常に豪快でパワフル。加速するまでに多少時間はかかってしまったが、エンジンがかかれば馬なりですっと前へ出る。

脚もよく上がっており、身体の使い方、リズムと減点材料が見当たらず。馬体の張りも抜群で、牝馬とは思えないほどトモのラインに迫力を感じる。ただ、既にピリッとした気性が表に出ているので、最終追い切りで強くやりすぎると内面に多少不安が残る可能性も。

サトノダイヤモンド

以前も海外で調整を進めて以降、馬体全体の硬さが改善されていない点を指摘したが、ここでもその硬さがみられる。それでも馬は大きく動けており、調教パートナーに並んで抜け出す時の迫力は相当。

脚の回転に速さこそ感じられないが、自分のリズムでテンポよく駆けており、追われた時の反応の良さ、エンジンがかかってからのスピードをみると仕上がりの良さを感じる。

多少皮膚に厚みを感じるが全く緩さのない馬体。最終追い切りで負荷がかかれば仕上がる。

スワーヴリチャード

頭が高くみえるのは追い出しを我慢させている事が影響しているので割り引く事はしない。相変わらず豪快なフットワークで可動域が広いのが特徴ではあるが、この日は折り合い重視の追い切りとなったので最後まで弾ける場面はみられず。

一応ギリギリまで我慢は利いているが、最後まで嫌々走っており、2400mで折り合いを欠かずに走りきれるかどうかは微妙なところ。一週前は折り合い重視だったので全ては最終追い切りの内容次第。

予想オッズ

1 アーモンドアイ 1.8
2 スワーヴリチャード 4.1
3 サトノダイヤモンド 5.3
4 キセキ 9.1
5 シュヴァルグラン 13.3

3歳牝馬とはいえ、これまでのレース内容、そして今回のメンバー構成を考えるとアーモンドアイが抜けた人気になるか。続いて前走は不甲斐ない結果となったが、距離延長に加えて叩き2走目で上積みに期待が持てるスワーヴリチャード、徐々に復調気配感じるサトノダイヤモンドが上位人気に支持される事になりそう。

最後にジャパンカップの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

去年は勝負レースに指定して◎シュヴァルグランから的中させたレースなので、今年も同じイメージで馬券を組み立てます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第38回 ジャパンカップ(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のジャパンカップは、牝馬3冠を圧倒的なパフォーマンスで制したアーモンドアイの存在抜きには語れないだろう。秋華賞→ジャパンカップは予定されていたローテーションではあるが、正式に参戦表明が出たのは11月の頭。陣営が出走意志の明言を避けたのは「レース後にフラフラしていた」と、秋華賞で想定以上に消耗していたからに他ならない。あのディープインパクトですら3冠達成直後の有馬記念では敗戦を喫しているように、歴戦の古馬一線級が相手では決して楽な条件ではない。

また、ジャパンカップと言えば1着賞金3億円、有馬記念と並ぶ国内最高額のレースであることを忘れてはならない。今年も外国人騎手を中心に、出走馬のジョッキーが目まぐるしく変更されており、水面下ではあの手この手の策が講じられている。故に、ココを“メイチ勝負”で挑んでくるのはどの陣営なのか的確なジャッジを行う重要性も普段以上に大きくなってくるのだ。

シンクタンクは【ジャパンカップ特別チーム】を結成した2005年以来、このレースでは『13戦10勝』という実績を残しており、会員様からも「ジャパンカップと言えばシンクタンク」と言うお声を頂戴している。これだけの実績を誇っているのも、マスコミでは入手できない、一般には出回らない情報を入手できる態勢が整っているからこそだ。

既に「アーモンドアイの能力が高いことは認めるが、短絡的にアーモンドアイの“1強”と結論付けるのは早計。その存在を脅かす存在を掴んでいる」と、馬券に直結する競馬関係者からの情報も掴んでいる。レース的にも馬券的にも大注目となるジャパンカップ、今回は特別に、万馬券を狙える【3連単馬券】の情報を無料公開させて頂く。このチャンスをお見逃しのないようご注意頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第38回 ジャパンカップ(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク