【ジャパンカップ2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ジャパンカップに出走を予定しているワグネリアン、スワーヴリチャード、レイデオロ、カレンブーケドール、エタリオウ、ダンビュライト、ムイトオブリガードの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着
ケープコッド 5人気6着
ノーブルマーズ 6人気8着
エアアルマス 1人気11着
スカーレットカラー 4人気7着
ラインベック 3人気3着
ダノンキングリー 2人気5着

先週の追い切り注目馬はラインベックが3人気で最低限の着順。馬券は◎ロードヴァンドール、◎マイスタイルなど僅かな差での4着が続きましたので、今週は僅かな差での3着を狙います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第39回 ジャパンカップ(G1)】

去年のジャパンカップは馬連1点勝負で見事に的中!今年もとある陣営の勝負情報を緊急入手!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ジャパンカップ最終追い切り

ワグネリアン

先週の動きは良い意味で平凡な動きではあったが、今週はその先週の事を考えてビシッと追って負荷をかけてきた。前半から徐々に加速していき、直線で軽く促されるとしっかり反応して脚を使い切る。

調教パートナーを突き放すような動きではなかったが、脚捌きやリズムは抜群で、何より先週緩く感じた馬体が引き締まった点が大きな上積みを感じる。

スワーヴリチャード

レースで手綱を取るマーフィーを乗せての坂路追い。頭の高さだけは相変わらずではあるが、今週も可動域の広さは抜群に目立っていた。

先週よりも走りに力強さが加わっており、ラストの反応やエンジンがかかってからのスピードは全盛期の頃と比較しても全く劣っている感じはしなかった。これは調教内容を変更してきたことが大きくプラスになりそうな一頭と言える。

レイデオロ

先週は五十嵐を乗せての追い切りだったが、今週は実際にレースで手綱を取るビュイックを乗せて追い切ってきた。

その先週の内容がかなり物足りない内容だったが、今週は先導する馬を見ながら直線で終いを伸ばして弾けた内容はなかなか素晴らしく、トモの緩さが改善されている点にも好感が持てた。

少しエンジンのかかりが遅くなっているように感じるが、一応走れる態勢は整えてきたので、しっかりと力を出せる出来にはあるだろう。何より鞍上がかなりの手応えを感じている点に怖さがある。

カレンブーケドール

3頭併せの真ん中でしっかりと負荷をかけてくる意欲的な追い切り。調教パートナーであるプロディガルサンの手応えが非常に良かったのでこちらの動きはあまり目立つ事はないが、それでも最後まで食い下がるような仕草を見せながら直線グイグイと伸びた辺りはさすがの一言。

脚捌きも軽く、非常にリズムよく走れている点も評価しておきたいが、気になる点をあげるとすれば先週ひばらのラインがギリギリに感じた点になるか。今週も併せ馬でビッシリと追ってきたので、このひと追いが逆の意味で怖い。

エタリオウ

大きな癖はないが、逆に何かに特化したような動きでもない、至って平凡な動き。追われてからの反応も鈍く、負荷をかけられている割には最後の伸びもイマイチ。身体の使い方や脚捌きに違和感はないものの、手応え以上のものは感じられなかった。

ダンビュライト

頸差しのラインに硬さがあってフォームは沈まない。脚が若干流れており、その影響で追われた後の伸びや反応も良いとはいえなかった。一応最後まで相手との着差を保ったまま押し切るような内容で走り切れたが、脚が上がりそうになっている点はマイナスだろう。

ムイトオブリガード

可動域はやや狭く感じるも、身体を大きく使ってノビノビと走れている点はプラス。調教パートナーが動かなかったとはいえ、並ぶ間もなく交わしてぶっちぎった点も評価出来るポイントで、トモや馬体の張りからしてもここ一本に馬をつくってきた感がある。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここはこの馬が文句無しでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第39回 ジャパンカップ(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は有力な外国馬の参戦が見られなくなっていたが、とうとう今年は外国馬の参戦がゼロという状況に。日本馬のレベルが上がったということもあるが、日本競馬がガラパゴス化しているという指摘もあるように、“馬場の高速化”が影響していることは否めない。

また、ノーザンファームを筆頭に大手牧場によるレースの“使い分け”が当たり前となったことで、去年の勝ち馬で天皇賞を制したアーモンドアイは、我々が事前に掴んでいた話通りに香港に行くことが決まり、今年の宝塚記念を制し、秋はオーストラリアのコックスプレートを制したリスグラシューや、皐月賞馬サートゥルナーリアは有馬記念に向かうことになった。他にも凱旋門賞に参戦していたキセキ、フィエールマン、ブラストワンピースらの名もなく、GⅠ馬が6頭登録しているものの、一般的な見方からすれば確固たる中心不在と言えよう。

外国馬の参戦がゼロでありながら、短期免許を取得した外国人騎手が多数来日しており、有力馬の騎手欄の多くがカタカナ表記。かつて、『迷ったら外国人騎手を買え』という格言めいたものはあったが、もうそんな単純な手法は通用しない状況だ。

今年の例をとってみても、レイデオロは主戦だったルメールからビュイックに乗替り、ルメールはムイトオブリガードへ、そのムイトオブリガードに乗っていた横山典騎手はエタリオウに乗るなど、目まぐるしい乗替り起こっている。しかも、ワグネリアンに乗る福永が騎乗停止となったことで、ノーザンファームサイドがどういった決断を下すのか。乗替りひとつを取ってしても陣営の思惑は複雑なのだ。

さらに、友道厩舎は5頭出し、金子真人オーナーが4頭出しなど、多頭数出しとなることは見逃せない。多頭出しとなる陣営は、「AはダメでBがイイ」などという本音をマスコミに公表することなどホボあり得ない。誰もが見ることができる記事にそんなコメントが載ってしまえば、馬主が気分を害することになり、なんのメリットもないからだ。まして、ジャパンカップは国内における1着賞金最高額のレース、当たり障りないコメントでマスコミを煙に巻くのは当然の行動だ。

無論、表には明かさぬが、本音では「どちらが上」とのジャッジは下している。そうした表に出ない情報も、競馬界の大物OBなどが情報ルートとして在籍し、現役関係者達とも密な関係を築き、業界最高峰の情報網を持つシンクタンクなら入手することができる。特に、ジャパンカップは特別チーム結成年の2005年以降、14戦11勝のドル箱GⅠ。古くからの会員様には「ジャパンカップと言えばシンクタンク」と仰る方もいるほどだ。

そこで、今週は本当に特別も特別、ジャパンカップで当社が独占的に掴んでいる【関係者情報】と【情報注目馬5選】を無料公開する。ぜひともこの機会に本物の情報を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第39回 ジャパンカップ(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク