【キーンランドカップ+新潟2歳ステークス2018予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、キーンランドカップの予想を。キングハート、デアレガーロ、ナックビーナス、ヒルノデイバロー、ペイシャフェリシタ、スターオブペルシャ、ムーンクエイク、レッツゴードンキ、ダノンスマッシュなどが出走する芝1200mのG3。

今日は色々と買いたいレースがありますが、新潟2歳ステークスを含めてまだ予想が全く終わっていないので、先に新潟2歳ステークスの本命馬だけこちらの記事で公開しておきます。

最終追い切り、その他予想記事に関してはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第38回 新潟2歳S(G3)>

過去10年の人気馬の成績では、1人気[4.2.0.4]、2人気[0.0.3.7]、3人気[4.0.0.6]とな っており1人気で勝ったのはロードクエスト、ハープスター、シンメイフジ、セイウン ワンダーの4頭で後にGIでも活躍している実力馬。

平均配当では、馬連8510円、3連複3万3850円、3連単20万9550円。二桁人気馬が5頭馬券 圏に好走しているように人気薄が馬券に絡むレース。3連単では10万馬券以上が5度出ているように荒れる2歳重賞戦。

出世レースで知られる2歳重賞戦。競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬 全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の関係者情報など馬券に直結する内 部情報を入手済。週末の情報は必見です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

キーンランドカップ

本命はナックビーナス

前走の函館スプリントステークスではまたまた勝ち切る事は出来なかったが、相変わらず立ち回りが上手く、セイウンコウセイとは僅か0.1秒差の競馬と力は十分示した。

その前走とは違い、オーシャンステークス、高松宮記念とどちらのレースでも最後は差して差を詰めており、最近になって逃げ、先行、差しとあらゆる脚質で結果を残せるようになった。これは悪く言えば中途半端とも取れるが、逆にどんな展開になっても対応出来るという強みがある分、ここも大きく崩れるような事はないだろう。

今回の乗り役がどうかも、大きく嫌うような材料がない割にはオッズはそこそこ。当初は対抗予定ではあったが、ここ2週上手くいってる直前で印を変更するアレ。今週はこの馬がその対象となった。

対抗はキャンベルジュニア

期待した前走の安田記念では位置取りは悪くなかったが、最後は余力がなくなり失速。単純に力が足りなかった感があるも、2走前の京王杯スプリングカップでは有利とは言えない外枠に加え、スタートが決まらずいつもより後ろからの競馬になるも、最後直線ではしっかりと脚を伸ばして勝ち馬とはタイム差なしの競馬。

3走前のダービー卿チャレンジトロフィーでは相手は決して強かったとは言えないが、外差しが決まる馬場の中で先行して連を確保するという強い内容で結果を残しており、負けはしたが間違いなく勝ち馬よりも強い競馬をしていた。

今回は初のスプリントとなるが、肩甲骨、胸前が非常に発達したタイプなのでおそらく距離は短くなっても対応してくる可能性が高く、母父がデインヒル系なら洋芝も下手ではなさそう。

ここは前走戦った相手のレベルを考えるとかなり相手が楽になる印象で、最終追い切りでも抜群の動きを披露していたので久々でも出来に関しては不安はない。ただ、想像以上に人気になっている点は気になるので、能力は認めつつもこれ以上印を上げる事は出来なかった。

▲にダノンスマッシュ

以前から完全にスプリンターと思っていた馬なので、前走強い内容で勝ち切った事には何の驚きもない。あの内容であれば重賞とはいえ今回のメンバーなら十分勝ち負けに持っていけるだけの能力はある馬なので、ここもスムーズな競馬が出来ればあっさりがあっても。

☆はレッツゴードンキ

スプリント戦はG1以外では崩れた事がない馬で、洋芝も適性も問題ないのでここも無難に走ってきそう。ただ、枠はもう少し外が欲しかったというのが本音なので、その分だけ評価を落として考える。

△穴で上位評価しておきたいのが人気ブログランキングへ

今回は相手は強くなるが、洋芝適性高く、ここ2走の内容をみても衰えた感は全くないので、ここは展開、馬場を考えるとハマる可能性はそれなりにありそう。コースや馬場の恩恵を受ければ前々走ぐらい走れば十分やれる。

◎ナックビーナス
〇キャンベルジュニア
▲ダノンスマッシュ
☆レッツゴードンキ
△穴人気ブログランキングへ
△スターオブペルシャ
△ペイシャフェリシタ
△ムーンクエイク
△キングハート
△デアレガーロ
△トゥラヴェスーラ
△ヒルノデイバロー

続いて新潟2歳ステークスの予想を。アンブロークン、エイカイキャロル、エイシンゾーン、エルモンストロ、エンパイアシュアー、オーパキャマラード、ケイデンスコール、ジョディーなどが出走する芝1600mのG3。

新潟2歳ステークス

人気ブログランキングへ

前走で破った相手、脚質、血統を考えると本馬が最も軸馬としては相応しい。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

間に合えば新潟2歳ステークスの対抗以降の印付きの記事を追加で更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第38回 新潟2歳S(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

調教技術の進歩や、2歳重賞増加の関係もあってか、以前よりも『未来のクラシック候補』と呼ばれる2歳馬の早期デビュー傾向が強まっている。過去5年の好走馬を見ると、桜花賞馬ハープスターや皐月賞馬イスラボニータを筆頭に、クラシック戦線の活躍馬も少なくない。暮れの2歳GIや、来年を占う上で注目の1戦すべきレースであることは確かだろう。

そして、2歳重賞は「馬券的にも面白いレース」であることは見逃せない。なぜなら、キャリア1~2戦の馬同士の対戦であり、しかもそのほとんどが初対戦。一般ファンが参考にするのは、マスコミが流す情報や新聞に載る建前コメントや印、走破時計や調教時計と言ったところで、力関係をジャッジするには、あまりにも情報量が少ないレースになるからだ。事実、新潟2歳Sは2006年から12年連続万馬券決着となっており、いかに世間にとって難解なレースであるかを物語っている。

しかし、後のGI馬と条件馬が一緒に走っている可能性もあるのだから、的確に馬のジャッジができるだけの情報力があれば、これほど馬券的に仕留めやすいレースはない。関係者の間で『情報が命』とも言われるのは当然の話なのだ。

無論、増沢末夫、中野渡精一、平井雄二、境征勝、安田富男といった競馬界の大物OBや大物関係者が在籍する当社シンクタンクは、夏競馬期間中、人手不足であえぐ一般マスコミとは違ってあらゆる関係者から確かな情報を入手しており、毎週のように万馬券的中もお伝えしている。

本物の関係者情報とはどんなものをか知ってもらうべく、今週はシンクタンクを初めてご利用される方に限り、新潟2歳Sの【3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。この機会に、是非とも”情報競馬が何たるか”に触れて頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第38回 新潟2歳S(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク