【菊花賞2019予想】本命ワールドプレミア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、菊花賞の予想を。ヴェロックス、ワールドプレミア、ホウオウサーベル、ニシノデイジー、サトノルークスなどが出走する芝3000mのG1レース。

古くは◎ファストタテヤマ◎スリーロールスなどで大きな配当を手にした記憶があるレースですが、最近の菊花賞はもやは菊花賞ではなくなってしまったので、もう近年は当てた記憶すらないレースとなりました。

おそらくこの細かい変化などがコアなファンを遠ざけている要因となっていると思うので、もう詐欺のような馬場で競馬をするのはやめてもらいたいです。

因みに土曜の競馬は余計な馬券を買ってしまった事が裏目に出てしまい超がつく微プラに終わりました。余計な馬券も事故らせる意味で必要となるのでこれはこれで間違いではないと思いますが、最近はシンプルな馬券を購入する方が安定してプラスを出せているので、今週は日曜はシンプルな馬券で勝負して振り回すのは月曜にしたいと思います。

3点勝負買い目を無料公開

菊花賞

本命はワールドプレミア

今年は牝馬路線同様に牡馬路線でも菊花賞でこそ買いたいという馬が存在しないので、今回の印はシンプルに打つ。よって本命はベタに前走神戸新聞杯でワンパンチ足りなかった馬からセレクトした。

その神戸新聞杯では直線でエンジンがかかった時に他馬に寄られる不利があってのもので、仮にスムーズに加速出来ていれば着差はもう少し縮まっていた可能性が高かったのでは。

前走先着を許したヴェロックスにはこれまで2戦して2敗という結果となっているが、今回の京都外回りコースへの適性の高さならおそらくワールドプレミアに分があり、実際に京都外回りコースでは22勝と全く崩れていない馬なので、京都芝外回り3000mという舞台設定なら逆転はそう難しい事ではないだろう。

更に今年の菊花賞は絶対にハナを切りたいという馬は存在しないので、展開面や隊列を考えるとひと昔前に見られたスタミナを求められるような競馬というよりも、近年よく見られる上がり勝負になる可能性が非常に高いだけに、その考えた通りの展開になればディープインパクト産駒の本馬が黙ってはいないとみる。

対抗は人気ブログランキングへ

今回の枠や展開は気になるが、ローテや鞍上は申し分ないだけに今年のパッとしないメンバーであれば適性の高さだけで上位に食い込んできても。明らかに距離を延ばして良さが引き出てきたタイプで、じっくりと時間をかけて成長してきた辺りがいかにも菊花賞向きなので、ここで狙わない訳にはいかないだろう。

3000mという距離は明らかに長いが、前走の負け方がいかにもという感じだったので、相性の良い京都替わりなら適性の高さである程度はカバー出来る。2走前のレースでも展開や馬場を考えるとそれなりに強い競馬をしているので、力通りであれば今回は巻き返し濃厚な一戦と言えるのでは。

▲にサトノルークス

G1ではワンパンチ足りない競馬が続いているが、これまで関西のレースでは大きく崩れた事がない馬なので、案外輸送が苦手という事も考えられるだろう。血統的にここから強くなっていくタイプなので、順調に秋を迎える事が出来た今回は人気はなくとも非常に怖さがある一頭と言え、どこかのタイミングで上手く内に入れる事が出来ればこの馬本来のしぶとさが活きるとみる。

カリボール

前走が余計な一戦だったが、レース内容は全く悪くはなかったので、距離延長で新たな一面が引き出される事になれば相手強化の今回もそれなりにやれても。道中ロスなく運べそうな枠を引き当てる事が出来たので、この人気で買えるならスリーロールスのようなイメージで狙ってみたい。

◎ワールドプレミア
人気ブログランキングへ
▲サトノルークス
☆カリボール
△ヴェロックス
△ヒシゲッコウ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 菊花賞(GI)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞馬で神戸新聞杯を完勝したサートゥルナーリアは、マスコミが公表する前から掴んでいた情報通り、スミヨン騎乗で天皇賞へ向かい、日本ダービーを制したロジャーバローズは屈腱炎を発症し既にターフを去っており、今年の菊花賞は春の2冠を制した馬が不在の中で行われる。

更にはセントライト記念を制したリオンリオンは体調が整わず回避となり、毎日王冠で古馬を一蹴したダービー2着のダノンキングリーも不在となれば、必然的に皐月賞2着、ダービー3着で世代トップレベルの実力を示してきたヴェロックスに注目が集まることになる。

ヴェロックスの実績にケチをつけるつもりはないが、あくまで押し出された主役であることには違いない。特別登録でフルゲートを上回る22頭のエントリーがあったのは、『チャンスあり』と虎視眈々と最後の1冠獲りを狙う陣営がいるからに他ならない。ましてや菊花賞は全馬にとって初めてとなる3000m、過去の実績やデータでは判断しづらい部分が多く、情報力がモノを言うレースと言っていい。

事実、「今年も10万馬券以上の決着は十分にある」とお伝えしていた去年の菊花賞は10万馬券決着となっており、一昨年は55万馬券が出るなど、近年の菊花賞は波乱傾向が強くなってきているのは、一般ファンやマスコミが確かな情報を持たずに馬券を買っている結果と言えよう。

一方、競馬界の大物OBを筆頭に、業界最高峰の情報網を有する当社シンクタンクは、騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなどなど、あらゆる関係者から情報を入手できる態勢が整っており、去年の菊花賞でも10番人気ユーキャンスマイルの激走をスッパ抜き、キッチリと万馬券的中をお伝えしている。

実は、今年もユーキャンスマイルに匹敵するような激走穴馬をマーク済み。この馬の存在を知っておいて損はないだろう。そこで、今週は菊花賞の関係者情報と【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。馬券を買うのであれば、世間に流布するアテにならない情報ではなく、“本物の情報”を頼りに買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第80回 菊花賞(GI)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク