【金鯱賞2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、金鯱賞に出走を予定しているサートゥルナーリア、サトノソルタス、ギベオン、ロードマイウェイ、ニシノデイジーの最終追い切りに関する記事を。

名古屋で行われる名古屋大賞典の予想に関しては既に更新済みです。

【名古屋大賞典2020予想】

昨日行われたダイオライト記念は配当は跳ねませんでしたが◎アナザートゥルース〇ウェスタールンド▲サウンドトゥルーのド本線決着。黒船賞とは違って買いたい馬がはっきりしていたレースだったので、ここで一気に捲れた事は大きいです。

とりあえず今日を外しても今週の地方はプラス収支で終える事が出来ますが、プラスはいくら多くても困る事はありませんので、この調子で名古屋大賞典も上手く本線で仕留める事が出来れば。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着

先週の追い切り注目馬はワーケアが無難に連を確保。オーシャンステークスは勝ち馬のダノンスマッシュを指名する事も考えましたが、レジーナフォルテの動きも相当良かったので、ここはあえて狙っていきました。

地方とは違って中央の予想は相変わらず低調ですので、今週は立て直しを…と思っています。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

金鯱賞最終追い切り

サートゥルナーリア

先週の段階でほぼ馬は出来ていたので今週は軽くで仕上がると思っていたが、こちらが想像した以上に負荷をかけてきたので、前哨戦から取りに来た感は強い。

相変わらず身体が硬く脚の回転が速く感じる短距離向きの走り方をしているが、先週よりも馬体には柔らかみを感じられる点、リラックスして走れている点からすると馬がレースが近い事をわかっているのだろう。前向きさがありながらも集中力があるタイプなので、この距離でもまず格好はつけてくるとみた。

サトノソルタス

新馬戦から好馬体に惚れている一頭。歳を重ねても相変わらず馬体は素晴らしく、皮膚の薄さや筋肉量は父の良いところを全て受け継いでいる完璧なタイプ。

柔軟性やトビの大きさ、脚の回転の速さと身体の使い方など、良い意味で若い頃から動きなどに変化がない馬で、ひとまわり馬体が成長した事で走りに迫力を感じる点からするとこれは重賞に手が届くのは時間の問題と思ってしまうが

自分が見たディープインパクト産駒の中ではワールドエース、トーセンラーに続いての好馬体馬なので、この馬達と同じくどちらかといえば奥手寄りの血統を考えると年齢的にも今年は勝負の年になるのでは。

ニシノデイジー

動きが硬く、特に前脚の出し方に違和感を感じてしまうが、一応身体全体を使って大きく走ろうとする姿勢は感じられる。

その他にも前向きさに欠ける点や去年から大きく成長した感じがしない点など気になるポイントは決して少なくないが、脚捌きは案外スムーズで地面を蹴る力も強く感じるので、3歳で終わったという事はなさそう。

馬体も緩く使われてからというタイプではあるが、決して器用さがあるタイプではないので、今回のコースでノビノビと走る事が出来ればそれなりにやれそうな馬と言える。

ギベオン

馬なりで少しセーブ気味の追い切りではあったものの、活気のあるキビキビとした動きが目についている。全体的に筋肉量も増しており、ダートでも走れそうな程トモから飛節のラインが発達している点からしても出来はなかなか良さそうな印象を受けた。

今の馬体やパーツからすると少しスピード負けしそうな感じもするが、パワーを必要とする馬場になれば相当やれるのではないだろうか。今後万が一ダートを使うような事があるならかなり厚い印を打つのだが

ただ、馬なりで相手の追い出しも待っていたとはいえ、最後にひと伸び出来なかったのは不良馬場が影響してのものだと思うので、極端に馬場が渋ってしまうのはマイナスになるのでは。

ロードマイウェイ

先週の動きは可もなく不可もなくといった感じだったが、今週も先週から動きは大きく変わった様子はなく、至って平凡な追い切りだった。負荷をかけられた事である程度スイッチは入っているが、反応が鈍く感じる点は相変わらずなので、この辺りが久々の影響と言えるので

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 金鯱賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

何度となく施行時期、条件が変更されているレースではあるが、2017年からは大阪杯のステップとして3月に行われることになった。去年はダノンプレミアム、一昨年はスワーヴリチャードとGI馬が勝ち馬に名を連ねているように、毎年、一線級の参戦が多く、GI並みのメンバーが揃うことも少なくない。

今年もサートゥルナーリア、エポカドーロと2頭の皐月賞馬が参戦を予定しており、他にもユーキャンスマイル、5連勝中のロードマイウェイなど、メンバーの大半が重賞ウィナーと豪華な顔ぶれとなりそうだ。

しかし、必ず頭に入れておかねばならぬのは、ココは本番ではなく、あくまで“ステップ”に過ぎないことだ。賞金が足りており実績は十分、本気でGI獲りを狙う馬であればココの仕上げは余裕残し。一方、「どうしても賞金が欲しい」「目先のことは考えずココが勝負」という馬はキッチリと仕上げてくる。場合によっては、“メイチ”ということすらあり得る。

果たして、余裕残しで臨む実力馬と、現時点では格下でもココに勝負を懸ける馬では、どちらが上なのか。このジャッジを的確することが、金鯱賞、引いてはGI前哨戦の馬券攻略の重要なポイントとなる。

とは言うものの、新聞紙面、ネットやSNSなどに流れ出る情報はあくまで表向きの話であるため、それらをいくら集めてみたところで、的確なジャッジを下すことなど非常に困難。トレセン内だけではなく、馬主、外厩といった、一般マスコミやファンレベルでは入手できない関係者から話を聞くことができる情報力が必要となってくる。

それをできるのが、創業25年以上を誇る老舗競馬情報社のシンクタンクだ。元JRA騎手、元JRA調教師といった大物OBや、現役馬主などの大物が情報ルートとして在籍し、どこからでも情報を収集できる情報体制が構築されている。各陣営の勝負度合い、力関係などをしっかりと網羅しているから、的確なジャッジも可能となるのだ。

間違いなく今週の注目レースの1つとなる金鯱賞、今回はこのレースにまつわる関係者情報と絶対に買うべき【馬券候補5頭】を特別無料公開する。このレースの馬券攻略はもちろん、その先の大阪杯などにも関わってくる情報も多いので、ぜひともご覧頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 金鯱賞(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク