【きさらぎ賞2019予想】本命メイショウテンゲン

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、きさらぎ賞の予想を。アガラス、ヴァンドギャルド、エングレーバー、ダノンチェイサー、メイショウテンゲンなどが出走する芝1800mのG3レース。

今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【きさらぎ賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【東京新聞杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

きさらぎ賞

本命はメイショウテンゲン

勝ち上がるまで4戦を要してしまったが、初戦で先着を許したワールドプレミアは次走の京都2歳ステークスで3着に入線しており、ランタラスは菜の花賞で2着とそれなりにレベルの高いレースで好走を繰り返してきた馬。

そして前走の未勝利戦がなかなかインパクトのある勝ち方で、直線ではかなりの大外を通りながらもアンクルテイオウに2馬身差をつけて快勝しており、そのアンクルテイオウが次走で未勝利を勝ち上がっている事からするとそれなりに価値のある1勝だったと言える。

母メイショウベルーガは現役時代7勝中5勝を京都で挙げており、その中には日経新春杯、京都大賞典と牡馬を相手にした重賞も含まれている京都巧者。父は毎年のように本レースで好走馬を輩出しているディープインパクトで、ディープインパクト×メイショウベルーガという組み合わせなら今回のコースはツボの可能性も十分考えられるだろう。

対抗はアガラス

血統的に地味ではあるが初戦ではシークレットランを下し、そして前走の東京スポーツ杯ではニシノデイジーからハナ差の2着と間違いなく力はある本馬が2番手。おそらく今の京都の馬場もこの馬に合っており、久々の競馬さえ問題なければ無難に勝ち負け争いに加わってくるか。

ただ、どちらかと言えば距離はもう少し延びた方が良さそうなタイプなので、仮にここでダメなら距離延長でそれなりの印を打ちたい1頭。

▲にヴァンドギャルド

期待した前走のホープフルステークスでは直線で致命的な不利があって6着まで。仮にあの不利がなければまず馬券に絡んだであろう手応えがあっただけにかなり悔やまれる内容となってしまったが、それでも大きく崩れる事なく走った点は高く評価出来る。

メンバーが揃っていた2走前の東京スポーツ杯でもニシノデイジーとはタイム差なしの3着で、キャリア1戦で臨んだ事や通ったコースを考えると勝ちに等しい内容といえ、ここ2戦の競馬からするとここは負けられないぐらいの存在と言えるだろう。

ディープインパクト産駒の割にはパワー寄りに出たタイプなので、例年以上にタフな馬場とはいえ、中山から京都コース替わりはあまりプラスになるとは思えないので、人気を考えるとこのぐらいの評価が妥当では。

☆にダノンチェイサー

もともと期待の大きかった馬ではあるが、馬体や追い切りの動きをみていると完成はもう少し先になりそうなタイプなので、今回は完成度の低さで少し評価を下げて考えた。それでも秘める能力はメンバー中トップクラスの存在といえ、前走の内容をみるとこのぐらいの距離が合っていそうなので、ここで一気にパフォーマンスを上げてくる事も十分考えられる。

◎メイショウテンゲン
〇アガラス
▲ヴァンドギャルド
☆ダノンチェイサー

☆はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 東京新聞杯(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
と豪語!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

海外遠征が増えてレース選択が多種多様となった昨今だが、マイル路線を歩む古馬の大半が、春の大目標には安田記念を見据えている。そこまでにいくつか前哨戦はあるが、安田記念の前に同じ東京マイルで行われる古馬重賞は、この東京新聞杯しかない。そのため、この時期の重賞にも関わらず、安田記念を見据えて一線級の馬たちが出走してくるケースも珍しくないのだ。

また、安田記念は昨年のスワーヴリチャードのように中距離路線からの参戦も増えてきている。出走するための賞金ボーダーが高くなることも多く「この時期にちゃんと賞金を加算しておいて、ローテーションを楽にしたい」と考えている陣営は、ココを本気で狙いに来るわけだ。

しかし、陣営側からすると『ココが勝負』と公言して他からのマークをキツくする必要は無く、世間一般の目に触れるようなマスコミに、わざわざその意志を伝えることはホボないと言っていい。加えて、大手馬主グループは”外厩仕上げ”が主流となっており、ココから情報を得る術がないマスコミは、今や出走各馬の本当の状態を把握できないことすら日常的になってきている背景がある。

創設時から”表には出ない関係者情報”を重視してきた当社シンクタンクは、元JRA騎手・元JRA調教師を始めとした確かな情報力や情報網を持つ人物たちを情報ルートとして揃え、トレセン内の情報はもとより、マスコミの目が届かないトレセン外の情報も入手している。ココが大きな“情報格差”となるのは言うまでもないだろう。

今週はシンクタンクの情報力を実感して頂くべく、元調教師率いる重賞特捜部が自信を持ってお届けする東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 東京新聞杯(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
と豪語!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク