【北九州記念2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の小倉メイン、北九州記念に出走を予定しているカリオストロ、クライムメジャー、ダイメイプリンセス、ブライティアレディ、モズスーパーフレア、レッドアンシェルの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着

北九州記念最終追い切り

カリオストロ

頭の位置が安定せず、終始外に差さりながら走っている点はマイナス。脚捌きも重く、身体の使い方もぎこちなさが残っている。それでもエンジンがかかってからの伸びは素晴らしく、最後に相手をしっかりと捉えて交わし切った内容はそれなりに見どころがあるので、この出来であればそれなりにやれてもいいのでは。

クライムメジャー

脚捌きが軽く安定感のあるフォームは素晴らしいが、途中伸びそうで伸びなかった点はマイナスで、悪い意味で走りが軽すぎる印象を受けた。終いしっかりと負荷をかけられた点は評価しておきたいが、それでも負荷をかけられた割には、という追い切りだったので、調子に関してはどうだろうか。

ダイメイプリンセス

身体の使い方は荒いが、全体的に力強さのある豪快な動きからすると調子はそれなりに良いのでは。エンジンがかかるとグッと頸を下げて加速し、勢いそのままに走り切った姿も素晴らしく、重心がブレる割にはスピードに乗れている辺りからしてもここを目標に馬をつくってきたという感じがする。まず好調か。

ブライティアレディ

脚の回転が非常に速く、柔らかい馬体と軽い脚捌きはとても7歳馬とは思えない。広い可動域や馬体の張りからしても前走からの上積みにも相当期待が持てそうなので、今回の出来、上位馬とのハンデ差を考えると重賞でも通用するとみる。

モズスーパーフレア

この馬に関しては一週前に触れた事が全てではあるが、今週も緩めず最低限の負荷をかけてきた。余裕を感じられた馬体も絞れており、相変わらず身体全体を大きく使って豪快に走る姿は色々な意味でヤバさを感じられた。馬体の張りを見ると良くて8割程の出来とみるが、それでも前哨戦としては十分すぎる程仕上がっているので、この出来ならまず勝ち負けに持ち込んでくるだろう。

レッドアンシェル

動きが硬く脚が全く前へ出ない点は大きく割り引く必要があり、頸を含めて可動域の狭さが逆に目に付いているので、今回は前走からの上積みにはほぼ期待は持てないか。エンジンがかかってからの伸びもイマイチで、相手にあっさりと先着を許してしまった点も見た目通りの減点となる。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第56回 札幌記念(G2)>

有力馬を脅かす隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

夏競馬期間中において唯一のG2競走(JRA)となる[札幌記念]。GI戦線に向けての始動戦としてトップホースが多く出走する札幌の名物重賞。

過去の勝ち馬では、メジロパーマー、ホクトベガ、マーベラスサンデー、エアグルーヴ、セイウンスカイ、テイエムオーシャン、ファインモーション、ヘヴンリーロマンス、アドマイヤムーン、フサイチパンドラ、アーネストリー、ハープスターといったGI馬がズラリ揃っている。

過去10年の平均配当では馬連6530円・3連複1万0880円・3連単6万4360円。馬連3桁配当は2度、馬連万馬券が2度、3連単最高配当は23万3540円で10万馬券以上が2度出ている。

過去10年の人気別の成績では1人気[2.4.2.2]・2人気[3.0.2.5]・3人気[1.0.0.9] 。1人気馬は6連対も優勝は2頭のみ。GI馬モーリス、ゴールドシップ、ブエナビスタなども2着に敗れているように強力GI馬でも取りこぼしがあるレース。二桁人気馬では17年ナリタハリケーン(12人気2着)、13年アンコイルド(14人気3着)の2頭が馬券圏に入っているが伏兵馬の好走は少ない。

過去10年主なステップレース別では函館記念[3.3.2.36]・宝塚記念[2.2.1.5]・安田記念[1.2.1.4]・目黒記念[1.1.0.6]・クイーンS[1.0.0.7]・オークス[1.0.0.1]・エプソムC[1.0.0.2]・海 外[0.1.1.7]・天皇賞春[0.0.2.2]。

主力は出走頭数が多い函館記念組も前走GI組が4勝。昨年は目黒記念から参戦したブラストワンピースが優勝したが、19年18年は安田記念から参戦したサングレーザーが連対。

今年はラッキーライラック、ノームコア、マカヒキ、ペルシアンナイトのGI馬4頭がスタンバイ。GI3勝のラッキーライラックは大阪杯で牡馬相手に快勝。宝塚記念では6着に敗れたが、秋に向けてどんな競馬をするか注目。

安田記念(4着)以来となるノームコアは昨年のヴィクトリアマイルで初GI制覇。今年のヴィクトリアマイル(3着)・安田記念と接戦して来たが同馬も夏に強い牝馬だけに注目。

その他では函館記念の勝ち馬アドマイヤジャスタ、2歳時に札幌2歳Sで重賞勝したニシノデイジー、ブラックホールなど出走を予定。

競馬セブンでは人気確実な有力馬の不安情報を極秘入手!さらに、人気薄確実なとある陣営の勝負情報を独占入手済!今年の札幌記念も見逃し厳禁!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『関谷記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第56回 札幌記念(G2)>

有力馬を脅かす隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク