【北九州記念2020予想】本命ゴールドクイーン

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の小倉メイン、北九州記念の予想を。モズスーパーフレア、ダイメイプリンセス、アンヴァル、ジョーカナチャン、ラブカンプー、レッドアンシェルなどが出走する芝1200mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週も先週に続いて土曜はこれといって勝負したいレースが見当たらないので、少し早いですが日曜の小倉メインを先に更新しておきます。

とはいえ、土曜の競馬をスルーするというつもりは一切ありませんので、こちらも先週に続いて単複メインに軽く馬連やワイドなどを購入して日曜に繋げたいと思います。

札幌日刊スポーツ杯

人気ブログランキングへ

勢いのある3歳馬ビーマイオーシャンの存在は気になるが、明らかに距離が足りなかった前走も見せ場をつくっているので、待望の距離延長となる今回は勝ち負け濃厚な一戦と見る。

佐世保ステークス

ジュランビル

前走はダートで参考外。得意の小倉、芝替わりなら巻き返しがあるだろう。相手は人気が地味すぎるバーニングペスカを本線に馬券を組み立ててみたい。

日本海ステークス

ダンスディライト

ここは人気になると思うが、単勝一本釣りを狙ってみる。

北九州記念

本命はゴールドクイーン

ここはモズスーパーフレアや大外枠を引いたジョーカナチャンを含め、行きたい馬がそれなりに揃った印象を受けるので、展開面を考えると差し馬を狙いたくなるのが普通なのかもしれないが、まともな考え方をして穴を取れた試しがないので、今回はあえて展開が向かないであろう先行馬を軸に馬券を組み立ててみる。

前走のアイビスサマーダッシュではテンのスピードやダートも走れるパワーがある点を考えるとまず千直は合うタイプだと思ったが、結果スタートを含めて最後まで自分の競馬に持ち込む事が出来ずに16着に大敗。

2前走のさきたま杯でも人気を大きく裏切っているが、ゲートが決まらず後方からの競馬になってしまった事に加え、枠順や久々の競馬が影響しての着順なので、この日も勝ち馬から大きく離されてしまったのは全く気にする必要がないだろう。

よって大敗しているここ2走は力を出し切っての結果ではないので、内枠、小回りコース替わりとなる今回はそろそろこの馬らしい粘りが見られるのでは。

ただ、外のジョーカナチャンや軽ハンデのカリオストロなどがゴリゴリ行ってしまう可能性もゼロではないだけにさすがに強気な印は打てないが(今思えば去年の◎ダイメイプリンセスも印の段階では弱気だった気がします)、過去の成績が示すようにこの馬がすんなり自分の形に持ち込んだ時=激走するタイミングだと思っているので、ここまで人気が落ちるようなら走る方に賭けるのも悪くはない。

更にハマれば頭まであるタイプなので、大爆発を狙うにはもってこいの馬とも言えるだろう。

対抗はモズスーパーフレア

クリノガウディーの降着はあったにしろ、グランアレグリアの追撃を凌いで勝利した前走の高松宮記念の内容からすると休み明けでも今回の相手であれば負けられないぐらいの存在と言えるので、ここは人気でも変に逆らうような事はしない。

牝馬で56.5キロのハンデは楽ではないが、本命馬同様にすんなり自分の形ならバタッと止まるような事はないだろう。

▲穴にブライティアレディ

枠、ハンデ、ローテと買い材料が全て揃った今回は重賞でもいきなりから警戒が必要となる一頭。想像以上に人気になっている点は気になるが、それなりに前が流れそうなここは展開面も間違いなく味方すると思うので、去年のアンヴァル的存在はこの馬と言えるだろう。

☆に人気ブログランキングへ

この馬の本命も考えはしたが、少し罠っぽい点が引っかかってしまって今回は4番手までの印に。ただ、前走の負け方がいかにもという感じだったので、使われた上積みを考えるとここは非常に怖さがあると言えるか。

歳を重ねてエンジンのかかりが気持ち遅れてきている印象を受けるので、最後は脚を使うも掲示板止まりという可能性もなくはないが、今回のコースならそれなりの着順は拾ってくるだろう。

◎ゴールドクイーン
〇モズスーパーフレア
▲穴ブライティアレディ
人気ブログランキングへ
△トゥラヴェスーラ
△カリオストロ
△アンヴァル
△タイセイアベニール
△アウィルアウェイ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今年は去年の◎ダイメイプリンセス以上の結果を出したい…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第56回 札幌記念(G2)>

有力馬を脅かす隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

夏競馬期間中において唯一のG2競走(JRA)となる[札幌記念]。GI戦線に向けての始動戦としてトップホースが多く出走する札幌の名物重賞。

過去の勝ち馬では、メジロパーマー、ホクトベガ、マーベラスサンデー、エアグルーヴ、セイウンスカイ、テイエムオーシャン、ファインモーション、ヘヴンリーロマンス、アドマイヤムーン、フサイチパンドラ、アーネストリー、ハープスターといったGI馬がズラリ揃っている。

過去10年の平均配当では馬連6530円・3連複1万0880円・3連単6万4360円。馬連3桁配当は2度、馬連万馬券が2度、3連単最高配当は23万3540円で10万馬券以上が2度出ている。

過去10年の人気別の成績では1人気[2.4.2.2]・2人気[3.0.2.5]・3人気[1.0.0.9] 。1人気馬は6連対も優勝は2頭のみ。GI馬モーリス、ゴールドシップ、ブエナビスタなども2着に敗れているように強力GI馬でも取りこぼしがあるレース。二桁人気馬では17年ナリタハリケーン(12人気2着)、13年アンコイルド(14人気3着)の2頭が馬券圏に入っているが伏兵馬の好走は少ない。

過去10年主なステップレース別では函館記念[3.3.2.36]・宝塚記念[2.2.1.5]・安田記念[1.2.1.4]・目黒記念[1.1.0.6]・クイーンS[1.0.0.7]・オークス[1.0.0.1]・エプソムC[1.0.0.2]・海 外[0.1.1.7]・天皇賞春[0.0.2.2]。

主力は出走頭数が多い函館記念組も前走GI組が4勝。昨年は目黒記念から参戦したブラストワンピースが優勝したが、19年18年は安田記念から参戦したサングレーザーが連対。

今年はラッキーライラック、ノームコア、マカヒキ、ペルシアンナイトのGI馬4頭がスタンバイ。GI3勝のラッキーライラックは大阪杯で牡馬相手に快勝。宝塚記念では6着に敗れたが、秋に向けてどんな競馬をするか注目。

安田記念(4着)以来となるノームコアは昨年のヴィクトリアマイルで初GI制覇。今年のヴィクトリアマイル(3着)・安田記念と接戦して来たが同馬も夏に強い牝馬だけに注目。

その他では函館記念の勝ち馬アドマイヤジャスタ、2歳時に札幌2歳Sで重賞勝したニシノデイジー、ブラックホールなど出走を予定。

競馬セブンでは人気確実な有力馬の不安情報を極秘入手!さらに、人気薄確実なとある陣営の勝負情報を独占入手済!今年の札幌記念も見逃し厳禁!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『関谷記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第56回 札幌記念(G2)>

有力馬を脅かす隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク