【クイーンステークス2020予想】本命ビーチサンバ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、クイーンステークスの予想を。フェアリーポルカ、コントラチェック、サムシングジャスト、スカーレットカラー、カリビアンゴールドなどが出走する芝1800mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

なお、今週も土曜からまずまずの好発進。

STV賞予想結果

1着◎ハナズレジェンド
2着イェッツト
3着…ダンサール

単勝 930

馬連 2,720円 馬単 5,220

ワイド 1,000

ここは先週のしらかばステークスに続いて点数を絞ってドカンが決まりました。単勝一本釣り、馬連、馬単、ワイド3点勝負でこの配当なら十分でしょう。

ただ、やってしまったのは3着のダンサール。実は予想の段階でにするか迷いに迷った馬で、結局人気を見て評価を下げ、相手を3点で決めたかった事もあり泣く泣く消したという経緯あり。

広げれば3連単まで届いた訳ですが、これは結果論。絞って決まる事もあれば当然泣く事もあるので、ここは単勝、馬単までがっつり刺さった事を素直に喜ぶべきでしょう。

今年も得意の北海道でがっつりと波に乗れたので、後は先週のように日曜に貯金を崩さないように頑張ります。

関越ステークス

◎穴人気ブログランキングへ

通ったコースを考えるとあまり強気な事は言えないが、前走がそれなりに見どころのある競馬だったので、待望の左回り替わりとなる今回はそろそろ出番があるのではないだろうか。徐々に出足がつかなくなっている点は気になるが、この鞍上であればある程度色気を出してレース運びをしてくると思うので、それなりの位置が取れれば相手が揃ったここでも流れ込みがあるのでは。

一応札幌10レース、ポプラ特別◎リーピングリーズンから馬券を購入する予定だったが、まさかまさかの内枠…。ここは当日の傾向などをみてから買いたいので、没予想という事になりました。

クイーンステークス

本命はビーチサンバ

大敗してしまった前走のヴィクトリアマイルでは先行馬が上位を占める真逆の展開の中での結果なので着順は全く気にする必要はないだろう。

2走前の阪神牝馬ステークスでも有利とは言えない内枠を引き当てての着順、3走前の京都牝馬ステークスではゲートが決まらず後方からの競馬になった事に加え、こちらも展開が全く向かない中での結果なので、どちらのレースでもしっかりとした脚を使って掲示板を確保してきた事を評価すべきでは。

何よりクロノジェネシス、カレンブーケドール、シゲルピンクダイヤ、シャドウディーヴァと上位に入線した馬がその後の重賞で次々と結果を残している秋華賞でこれらの馬に次いで5着に入線した実力馬で、ハイペースを逃げて見せ場をつくった事は勿論、2000mという距離は明らかにこの馬には長かった事を考えると相当価値の高い着順と言えるか。

最近の競馬、特にゲートを見ていると道中の位置取りだけは読み難いが、過去のクイーンステークスのように時計勝負になれば上位に食い込んでくる可能性は非常に高そうな一頭で、非サンデー系の馬が毎年のように馬券になっている今回のレースであればまず黙って買いでいいのでは(クロフネ産駒は17年の勝ち馬アエロリットと同じ)。

前走からの距離延長はあまり歓迎とは言えないが、1800m戦ではローズステークスで1分44秒4というかなりの好時計をマークしているので、案外このぐらいの距離が合っているという可能性も十分考えられるだろう。後はゲートを決めて流れに乗る事が出来るかどうか、この一点に尽きる。

対抗は穴人気ブログランキングへ

ここまで重賞では全く結果を残す事が出来ていないが、ローテ、コース、枠順と買い材料がほぼ揃った今回は思い切って狙うのも悪くないのでは。札幌は初だが、小回りコースで前々で上手く立ち回って直線流れ込むというのがこの馬の好走パターンでもあるので、ここは人気以上に怖さがある一頭と言える。

▲にカリビアンゴールド

狙った前走が最低限の競馬だったが、勝ち馬から0.3秒差の競馬ならまぁ悪くは感じない。当初は本命も考えたが、条件が揃っている事もあってか、こちらが想像した以上に人気になっている印象を受けるので、ここまで人気になるようならそこそこの印でお茶を濁すのがギャンブル的には正解か。

☆にフェアリーポルカ

もともと君子蘭賞を勝ち上がった時から重賞でも、と思っていた馬ではあるが、ここに来ての充実度は目を見張るものがあるので、ベストの小回り1800m戦なら大崩れする事なく走ってくるだろう。ただ、他馬よりも1キロ重い56キロでの競馬は当然のようにマイナスになるので、何かに足元をすくわれてしまう可能性は低くはなさそう。

◎ビーチサンバ
〇穴人気ブログランキングへ
▲カリビアンゴールド
☆フェアリーポルカ
△レッドアネモス
△スカーレットカラー
△リープフラウミルヒ
△サムシングジャスト

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 クイーンS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーシリーズには組み込まれていないが、夏競馬真っ盛りの中、数少ない牝馬限定重賞とあって、関係者にとっては目標にしやすい1鞍となっている。そのため、GI戦線で戦ってきた古馬、そして3歳馬も参戦と、秋に向けて、世代間の実力を図る上でも注目となる。

近年の勝ち馬を見ると、ディアドラやアエロリットといった牡馬とも伍して戦えるGI馬が名を連ねる一方、伏兵が馬券に絡むことが多く、万馬券決着が当たり前となっている。万馬券的中をお伝えした昨年も、9番人気カリビアンゴールドが3着となり、3連単、3連複ともに万馬券決着となっている。

一見すれば“紛れ”とも思える結果が生じているが、実のところ、ハッキリとした理由がいくつかある。

別定戦で各馬に斤量差があること、直線の短い小回りコースで展開の有利不利が影響しやすいこと、洋芝適性が求められること……と、これらを把握しておくことが重要となる。
その上で、各陣営の本音や思惑、馬の状態など、どんなレースでも当たり前に知っておかねばならぬ情報も必要なのだから、一般マスコミやファンレベルの情報力では、的中を掴むのは難しいわけだ。

こうしたあらゆる情報を、競馬界のOB、馬主、エージェント、牧場関係者といった現役関係者など、精鋭揃いの情報ルートが在籍する弊社シンクタンクはしっかりと把握し、長い時間をかけて分析、確かな関係者情報としてお伝えしている。

今週は弊社の情報力を体感してもらうべく、クイーンSの関係者情報、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。昨年、万馬券的中を仕留めたレースだけに、今年もぜひ注目していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第68回 クイーンS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク