【京都2歳ステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、京都2歳ステークスに出走を予定しているインザムード、ヴァルナ、ヒシタイザン、マイラプソディ、ミヤマザクラ、ロールオブサンダーの最終追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 マイラプソディ 1.4
2 ミヤマザクラ 3.6
3 ロールオブサンダー 5.5
4 ヒシタイザン 15.3
5 ヴァルナ 19.1

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着
ケープコッド 5人気6着
ノーブルマーズ 6人気8着
エアアルマス 1人気11着
スカーレットカラー 4人気7着
ラインベック 3人気3着
ダノンキングリー 2人気5着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第39回 ジャパンカップ(G1)】

去年のジャパンカップは馬連1点勝負で見事に的中!今年もとある陣営の勝負情報を緊急入手!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

京都2歳ステークス

インザムード

前半気分良く行き過ぎた影響か、後半は脚がバラバラになってフォームが大きく乱れてしまう。時折バランスを崩すような場面もみられ、全く重心も安定しない。頸の位置も安定せず、終始舌を出して走るなど気性面にも大きく課題を残している馬と言える。まだ馬が若すぎるか。

ヴァルナ

動きが小さく脚の回転もイマイチのように感じるが、馬には活気があって内面にはしっかりとスイッチが入っている。追われた時の反応が悪かった事もあって調教パートナーを交わす事は出来なかったが、最低限の動き、出来にはあるとみる。ただ、前走時にも書いたように、1400mへの適性がそれなりに高そうな馬なので、今回の距離延長はどうだろうか。

ヒシタイザン

若い割にはフォームが美しく安定している。脚の回転の速さや地面を蹴る力強さなどもなかなかで、ラストの反応や伸びを見ても現時点での完成度はそれなりに高い馬と言えるだろう。トモは小さく感じるが、その割には可動域が広く、動きが大きく感じる点もプラス。

マイラプソディ

頸や身体の使い方をみると少し気が荒そうな馬ではあるが、身体の使い方や脚捌きに関しては違和感は感じない。一応内面もしっかりとセーブは出来ているので、このまま落ち着いてレースに向かう事が出来れば…という感じか。力強さには少し欠けてしまうような走りではあるが、軽さやスピード感はそれなりのものを感じるので、この長所をレースでも活かすことが出来るかどうかが好走へのカギとなりそう。

ミヤマザクラ

フォームの美しさは2歳馬離れしており、付け根からしっかりと脚を前へ出せている点もプラス。脚を出せている割には可動域は狭く感じるが、ここは完全に成長待ちなので大きな問題はないと判断。頸と脚を出すリズムも抜群に上手いので、後は詰まれているエンジンと身体が上手く連動するようになれば相当良い馬になれそう。ただ、少し馬体に緩さは残っているので、あくまでも次を考えてのつくりとなっている事だけは頭に入れておきたい。

ロールオブサンダー

強く負荷をかけられている点には好感が持てるが、追われている割には伸びはイマイチで、さすがに最後は脚があがりそうになっている。それでもしっかりと走り切れた事やフォームがブレなかった事など評価出来るポイントがある事も事実なので、馬がレースを覚えればそれなりに楽しめそうな一頭と言える。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第39回 ジャパンカップ(G1)>

アーモンドアイ不在で浮上する
激走穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は牝馬3冠馬アーモンドアイが優勝。3歳牝馬でジャパンCを制したのは2012年の3冠牝馬ジェンティルドンナに続く2頭目。単勝1.4倍の断然人気に応えて4冠目となった。出走すれば断然人気確実なアーモンドアイだが、香港遠征が決定となり出走回避。どの陣営も「アーモンドアイが居なければチャンスはある」と色気を出している。

出走メンバーは一昨年の覇者シュヴァルグラン、昨年のダービー馬ワグネリアン、一昨年のダービー馬レイデオロ、オークス馬ラヴズオンリーユー、スワーヴリチャード、マカヒキのGI馬やオークス・秋華賞2着馬カレンブーケドール、エタリオウなどが参戦。大混戦模様の今年のジャパンCを制するのは果たして!?

昨年も秋の古馬王道GI3戦、天皇賞秋→ジャパンC→有馬記念をパーフェクト的中。今年も天皇賞秋を的中させておりジャパンC・有馬記念も的中予告!アーモンドアイ回避で大混戦模様となった今年のジャパンCだが、実はとある陣営の勝負情報を緊急入手!厩舎サイド・馬主・騎手が揃って「勝てるデキ!」と豪語する勝負馬とは!?

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ジャパンC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク