【京都大賞典2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、京都大賞典に出走を予定しているアドマイヤジャスタ、アルバート、エアウィンザー、クリンチャー、グローリーヴェイズ、シルヴァンシャーの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着

先週の追い切り注目注目馬はどちらもダメ。ミスターメロディがあと一歩で馬券というところでしたが、この馬を本命にする事も最後の最後まで考えていましたので、馬券になっていればある意味やられていたかもしれません。今週は3つ重賞がありますが、おそらく多くは更新出来ないと思います。

3点勝負買い目を無料公開

京都大賞典最終追い切り

アドマイヤジャスタ

頭が高く線の細さが目立っているが、終始自分のリズムでゆったりと大きく走れている。多少力強さに欠けるような脚捌きではあるものの、ラスト1ハロンの伸びは素晴らしく、あっという間に調教パートナーを置き去りにしてそのままひとり旅。動き、馬体共に久々を感じさせないほど出来ており、後は内面がピリッとすれば態勢は整うだろう。意外と面白そう。

アルバート

少し追われた時の反応が悪くモタつく場面もみられたが、徐々にエンジンがかかると最後はしっかりとスピードに乗って相手を千切るなかなか派手な動きを見せる。

久々の割には馬体はギリギリのように思えるが、年齢を考えると動きは若く、身体を使って大きく動けていた点は高く評価しておきたい。ローテが嫌われるようなら普通に買いたくなる一頭。

エアウィンザー

3頭併せの外から長めに追われてしっかりと負荷をかけてきた。リズムよく軽快な走りが目についており、四肢の可動域の広さや速い脚捌きなど相変わらず追い切りの動きは素晴らしいと感じる馬。

最後の伸びは前を走る関係のない馬まで飲み込む程の勢いがあり、長く追われた割には全く脚色が衰えなかった点には見どころがあったので、いきなりからエンジン全開と思っていいのでは。後は胴が詰まったタイプなので、今回の距離がどう出るか。

クリンチャー

ラチ側に刺さりながら走っている点は相変わらずも、脚はしっかりと前へ出せており、フォームに大きな乱れは感じられない。ただ、いつのもように今回も弾けるような動きは見られず、ドカドカと馬体を持て余すような走り方をしている点はマイナスとなる。

グローリーヴェイズ

先週の追い切りがとにかく地味だったので今回の出来を心配したが、今週は先週とは違って本来の素軽くスピーディーな動きが戻っていた。頸の可動域、リズム、重心のブレ全てが先週から改善されており、今週は追われるとすぐに反応し、あっという間に調教パートナーとの着差を広げた点が全てを物語っている。

ここまで劇的に変化してくる事は予想していなかったが、今週の動きを見る限りまず走れる出来には持って来れたと思ってよさそう。シンプルに良い動き。

シルヴァンシャー

適度に沈むフォームと頸を使った美しい走りは重賞馬との動きと比較しても全く引けを取らない程素晴らしいもの。直線馬なりで早めに前へ出て、そのまま手綱を緩めて相手の出方を待つも、結局最後まで差を詰められる事なく余裕の手応えのままフィニッシュ。動きだけならまず重賞級。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここはこの馬が抜群でしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては秋の天皇賞へ向けた西の重賞なステップレースであったが、古馬中長距離路線もより細分化されることになり、2400mという距離から、天皇賞よりもジャパンカップ、有馬記念、牝馬であればエリザベス女王杯を意識する陣営の参戦が大半を占めるようになった。

やはり別定戦のG2と言うべきか、万馬券的中となった去年はサトノダイヤモンドが制し、キタサンブラック(2016年)、ラブリーデイ(2015年)など、近年の勝ち馬にはGⅠ馬が名を連ねるように、決してレベルの低いレースではない。

だが、今年の出走予定馬の中にGI馬の名が見当たらず、例年よりも頭数が多く、フルゲートもあり得る様相。例年とは違ったレースになることも、頭に入れておく必要があるだろう。

無論、前哨戦である以上、GIに向けた叩き台に徹する陣営もいれば、「本番では足りないのでココで勝負!」と勝負をかけてくる陣営も存在する。しかし、マスコミや新聞に出す陣営のコメントは、本音ではなく建前であることがほとんど。誰の目にも触れることができるだけに、危険コメントを出してスポンサーである馬主に余計な不快感を与える必要もなければ、他陣営から勝負気配を悟られてむざむざマークをキツくする必要がないからだ。

そもそも、近年の馬の仕上げは外厩主導、マスコミでは取材の手が及ばぬ部分で、確かな馬の状態、陣営の本音など、裏付け取りができない、無論、シンクタンクは早くから外厩の存在に注目し、しっかりと情報を収集できる態勢を整えている。

そこで、今週は京都大賞典の関係者情報を【情報注目馬5選】とともに無料公開させていただく。今後のGI戦線を占う上でも重要な1戦、しっかりと情報には目を通しておいた方がいい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク