【京都記念2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、京都記念に出走を予定しているタイムフライヤー、ノーブルマーズ、マカヒキの一週前追い切りに関する記事といつものように先週の予想結果を。

先週は土日共に朝早くから出掛けていたのであまり競馬をした感じがしませんが、可もなく不可もなくといった言葉が相応しい結果となりました。

エルフィンステークス予想結果

1着◎アクアミラビリス

単勝 330円

もう少しつくかなと思いましたが。

アルデバランステークス予想結果

1着☆アングライフェン
2着…ナムラアラシ
3着…ピオネロ

5着◎カゼノコ

3着はあるかと思いましたがギリギリ届かず。考えていた通りの負け方だったので仕方なし。

納屋橋ステークス予想結果

3着◎ドラゴンカップ

単勝のみ購入していたので3着ではハズレ。

きさらぎ賞予想結果

1着☆ダノンチェイサー
2着…タガノディアマンテ
3着…ランスオブプラーナ

5着◎メイショウテンゲン

印が4点だった事もありかすりもせず。少頭数は荒れる事が多いですが、ここもなかなか荒れましたね。2,3着の人気薄は点数を広ければ買えますが、自分には1着馬を本命にする事はまず出来ないので、このレースは何回予想しても取れない結果でした。

東京新聞杯予想結果

1着▲インディチャンプ
2着◎レッドオルガ
3着…サトノアレス

馬連 1,840円 ワイド 630円

ここは印5頭で勝負。単勝と馬単まで欲しかったですが、ほぼ予想通りの結果に。3連系が安かったので点数を広げず馬連をメインに購入した事も正解でした。先週は時間の関係もあって土日共に印をかなり絞って勝負しましたが、今後も時間がない時は買い方を考える時間を大幅に短縮出来る為、今回のようなシンプルな印で勝負する事にします。

全体的に悪くない予想が出来た週でしたが、時間がなかった事もあり買い目やレースの勝負度によって全く強弱をつけなかった為、収支がなかなか面白い事に。

東京新聞杯や、個人的に購入していた東京最終などはそれなりに自信があったので本来であればしっかりと勝負すべきレースだったかもしれませんが…。まぁ少しでも相手に高めが来て事故ればラッキーという感じで購入していたのでこの結果も仕方なし。

今週こそはいつものようにがっつり購入していきます。

京都記念一週前追い切り

タイムフライヤー

いつものように少し胸が広く感じるも、脚の上がり方は抜群に良く見える。前走まではまだ動きがもさっとしていたが、今回は一週前からかなり素軽い動きを披露しており、フォームも非常に美しく感じた。

飛節が伸びない事が影響して少し硬さがあるように思えるが、可動域が狭い訳でも馬体に硬さがある訳でもない。まだ馬体に緩さがあり、トモや肩のラインもだらしなく見えてしまうが、これだけしっかりと追われればそれなりに引き締まってくるのでは。最終追い切りがかなり楽しみな1頭。

ノーブルマーズ

前脚が少し硬いが脚は上がっている。これといって大きな癖はみられないが、逆に何かに特化したような動きでもない。真っ直ぐスムーズに走れており、身体の使い方も上々。前半から適度に負荷もかかっており、ラストはこの馬としては珍しく加速しながら駆け抜けた。前走から良い意味で大きく変わった様子もなく、出来落ちでの出走という事はなさそうな点は評価しておきたい。

マカヒキ

かなり楽な追い切りとなったが、頭の高さや位置は安定していてフォームも美しい。ただ、馬体に硬さが残っている訳ではないがストライドの伸びがイマイチのように感じる。トモの張りは抜群なので、それなりに負荷をかけられてどこまで動けるかがポイントになりそうではあるが、今回の動きだけみると地面を蹴る力も弱く、乗った時のスピードもかなり微妙に感じてしまう。この馬に関しては最終追い切り次第。

予想オッズ

マカヒキ 3.5
パフォーマプロミス 3.9
ステイフーリッシュ 5.7
ダンビュライト 7.2
ノーブルマーズ 9.9

1人気は札幌記念、天皇賞秋でも人気を集めたマカヒキ。前走の有馬記念は大敗しているが、腐ってもダービー馬。いつも過剰に人気を集める馬なので、ここは近走の内容以上に人気になると予想する。

続いてG1以外のレースでは大きく崩れる事なく走っているパフォーマプロミス。近走の内容からするとこちらが1人気に支持される可能性も。

ここ2走の内容だけならステイフーリッシュも上位人気に支持されると思うが、こちらはキャラ的に考えると3人気ぐらいがしっくりくる。今回のメンバーならダンビュライト、ノーブルマーズも10倍を切るオッズになるか。

最後に京都記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

かなり残念なメンバー構成となったが、一応現時点で注目しているのはこの馬。半分終わったような馬も含まれているだけに、本馬でも十分足りるレースとなるのでは。

その他今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【共同通信杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 共同通信杯(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年はノーザンファームを筆頭とした大手生産者グループの使い分けが増えたこともあり、クラシック3冠を全て狙うのではなく、目標をピンポイントに定める陣営が増えてきている。何と言っても牡馬クラシックの最高峰は日本ダービー。そこを本気で狙うならば、やはり東京コースを経験しておきたいと考えるのは必然だ。

だが、春に東京で行われる3歳限定のオープン・重賞はかなり数が限られる。青葉賞やプリンシパルS、NHKマイルカップといった春のレースは、日本ダービーとのレース間隔が短くなってしまう。そのため、大舞台を前に東京を経験させるのに最も適した鞍の一つが、この共同通信杯なのだ。皐月賞を使うにしても、ローテーション的に余裕があり、レースの結果次第では、NHKマイルCも選択肢に入れやすくなる。だから、例年有力馬の参戦が多く、このレースから数多くのクラシックホースやGI馬が輩出されている。

今年は4戦無敗の2歳王者・アドマイヤマーズが参戦予定。これまでマイル戦しか経験しておらず、中京で左回りは経験しているが東京の経験はない。陣営とすれば、今後の路線を見極める意味ではまさに”適鞍”と言えるが、そこに含まれる本音は、表向きに公表されることはないだろう。特に、現時点でクラシックの主役と目されるサートゥルナーリアを失うこととなったミルコ(M.デムーロ騎手)の心境や本音は、このレースの結果を占う上でも極めて重要な要素になっていく。

そうした本音の部分を入手できるのが、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった、名馬たちに携わってきた競馬界の大物OBたちを筆頭に、今でも関係者達と密な関係を築いている弊社シンクタンクの情報ルート。「先生たちだから言いますけど……」「コレはオフレコですが……」という話も聞き出すことが出来るのだ。

大物関係者しか聞けないような“本音”が馬券的中に直結することを実感して頂くために、今週は元調教師・平井雄二氏が率いる共同通信杯の【3連単勝負馬券】の情報を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、特別に無料公開させて頂く。この機会を是非とも逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第53回 共同通信杯(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク