【京都新聞杯2018予想】本命アドマイヤアルバ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、京都新聞杯の予想を。アルムフォルツァ、グローリーヴェイズ、ケイティクレバー、シャルドネゴールド、ステイフーリッシュ、タニノフランケル、フランツ、ユーキャンスマイルなどが出走予定。

なお、今週は時間の関係と買いたいレースの数の関係で大幅に予想レースの数を減らして、更に全て軽くの更新となりますのでご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 NHKマイルC(G1)■

昨年は13人気のリエノテソーロの激走情報を入手し馬連1万7290円、3連複5万0600円の万券ダブル的中をお届けした競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる人気薄の激走情報を独占入手済!昨年同様、一撃で帯封獲得の大チャンス!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

京都新聞杯

本命はアドマイヤアルバ

初勝利をあげるまでに5戦も要してしまった事は意外ではあったが、もともと未勝利時代から馬体をみて上のクラスでの活躍を期待していた1頭。

ただ、勝ち上がるのに相当時間がかかってしまったとはいえ、これまでに戦ってきた相手がフロンティア、アマルフィコースト、タイムフライヤー、カフジバンガード、ミュージアムヒルとかなり強力で、この馬達を相手に接戦を演じている本馬の能力もそれなりに高いと言える。

良くも悪くも相手なり、更に本格化はもう少し先になりそうな感じではあるが、使われて馬が良くなっていくタイプという事は間違いないので、既に8戦消化しているという事は一見マイナス材料と思えるがこの馬にとってはプラス材料と思っていい。

今回はG2というだけあって相手はそこそこ揃ったが、今年は抜けて強いという馬は存在しない。ならば重賞で勝ち負けしている馬を相手に戦ってきたこの馬がここでいきなり勝ち負けになっても驚けないだろう。

ただ、一つ気になる点をあげると挙げるとするなら距離が1800mまでの経験しかないという点か。距離延長がマイナスになる事はないが、2000m以上の経験がないという事はやはり不安になってしまうので、仮にここで賞金を加算出来たとしても、更に距離延長となる本番ではかなり厳しい戦いとなる。よってこの馬の印に関しては今回に限っての印となる。

対抗は人気ブログランキングへ

こちらも本格化はもう少し先になりそうではあるが、秘める能力で言えば今回のメンバーの中でも上位だろう。前走も相手が揃ったレースで結果を残しており、最後の手応えやレース内容からしてまだまだ上のクラスでも通用するだけの馬。

▲にアルムフォルツァ

重賞の毎日杯では力及ばず完敗も、距離延長となった前走のあずさ賞であっさりと巻き返したように、今回の距離であればもう少しやれても良さそうな感じも。新馬戦ではドンアルゴス、エタリオウと相手が揃った中で2着と最低限の結果を残しており、どのレースも内容は地味ではあるが力はそれなりにある馬なので、人気もそこそこの今回は狙う価値はありそう。

最後に☆穴メイショウテッコンを上位評価しておく。

梅花賞では上手く乗られたとはいえ、青葉賞2着のエタリオウ、そしてフローラステークス勝ちのサトノワルキューレ相手に勝利。前走の若葉ステークスは6着も位置取りと通ったコースが大きく影響しての着順なのであまり気にする必要もないだろう。前走と2走前のレースをみる感じでは距離が延びて良さが引き出されそうなタイプなので、今回の距離延長がプラスになれば、梅花賞ぐらいやれても驚けない。

◎アドマイヤアルバ
人気ブログランキングへ
▲アルムフォルツァ
☆穴メイショウテッコン
△ユーキャンスマイル
△グローリーヴェイズ
△ケイティクレバー
△シャルドネゴールド

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回 NHKマイルC(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬、牝馬ともクラシック路線から外れた馬が多く、ステップとするレースも様々で、世間的には力関係を把握することは一筋縄ではいかないのが、GI・NHKマイルカップ。事実、過去10年で2桁人気馬が9頭も馬券に絡んでいる。今年のメンバーを見ても「抜けた馬がいる」と断言できる人間は少ないであろう。マスコミも、まず“混戦”と煽り立てることは目に見えている。

しかし、ハイセイコーの主戦騎手だった鉄人・増沢末夫、無敗の名馬マルゼンスキーの手綱を執った中野渡清一、2冠馬サクラスターオーを育て上げた平井雄二など、元調教師・元騎手などを始めとした競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者が『情報ルート』として在籍するシンクタンクは、そんな世間の“混戦”ムードには決して惑わされない情報力を有している。

例えば、世間ではラッキーライラックの一強と見られていた今年の桜花賞では「決して“一強”ではない」と断言し、アーモンドアイを確信の本命に指名。その結果は言わずもがな。どちらが“1強”であったかハッキリとわかる完勝劇を挙げている。

そして、今週のNHKマイルカップでは「鉄板級と言える軸馬が存在する」とのこと。

本来であれば、この手の情報を無料で公開することは避けねばならぬところだが、今回は特別も特別。シンクタンクの情報力を広く知っていただくために、NHKマイルカップ【3連単勝負馬券】の情報を、先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。この機会に、当社の”本物の情報力”を是非とも体感して欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第23回 NHKマイルC(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク