【京都大賞典2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、京都大賞典に出走を予定しているエタリオウ、グローリーヴェイズ、ダンビュライト、ドレッドノータスの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

秋風ステークス予想結果

1着▲モアナ
2着〇ルガールカルム
3着◎エクレアスパークル

3連単 4,720

ド本線で当たるには当たりましたが、4着の10人気単勝121倍の☆穴チャンピオンルパンが馬券なら半帯だったので、素直に喜べないド本線的中でした。

シリウスステークス予想結果

4着◎ジョーダンキング

ポートアイランドステークス予想結果

1着△ロードマイウェイ
2着▲サトノアーサー
3着◎アマルフィコースト

スプリンターズステークス予想結果

1着☆タワーオブロンドン
2着△モズスーパーフレア
3着◎ダノンスマッシュ

9着◎リナーテ

京都大賞典一週前追い切り

エタリオウ

少し追われてからの反応が悪くみえる点と身体に硬さがある点がいかにも久々という感じも、馬体の張りや脚捌きの軽さ、地面を蹴る力強さなどは相変わらず素晴らしいと感じる馬。外の調教パートナーがしぶとかった事もあって交わすまでに相当時間はかかってしまったが、最後の最後までビッシリと馬体を併せてしっかりと負荷をかけられた点はプラス。

もう少し身体に柔らかさが戻って可動域が広くなれば前哨戦としては文句なしの出来と言えるので、最終追い切りではこの辺りに注目して馬をみていきたい。

グローリーヴェイズ

頸の可動域が狭く脚を出す時のリズムが合わないが、それ以上に重心のブレと脚が外へ流れている点が気になるポイント。一応付け根からしっかりと脚は出せているが、それでも追われた時の反応が悪く、追っても追ってもなかなか弾ける事が出来ない。最後は調教パートナーにあっさりと先着を許してしまったので、ちょっと今回の追い切りを見る限りでは本来のこの馬の動きには程遠いと言えるだろう。最終追い切りでどこまで変われるか。

ダンビュライト

脚が外へ流れているが、身体の使い方は上手くフォームも終始安定していた。追われてモタつく面は見せるが、エンジンがかかるとしっかりとスピードに乗って相手を突き放しており、馬体の張りや最後の伸びを見るとまずまず馬は出来ている印象を受ける。欲を言えばもう少し内面にスイッチが入って欲しいが、これまでの休み明けと比較すると比べ物にならないぐらい動けていた。

ドレッドノータス

前半から頭が高く折り合い面に苦労する場面がみられる。ただ、終始内の調教パートナー2頭の出方を見る余裕があり、最後は手綱を軽く緩めただけで一気に弾けて相手を突き放すなかなか見どころのある動きを披露した。いきっぷりの良さと乗った時のスピードは褒められるが、身体を全くといっていいほど使えていない、ただただ脚だけで走っているような動きなので、この辺りが改善されない事にはちょっと手が出しにくいタイプとも言える。

予想オッズ

1 グローリーヴェイズ 2.5
2 エタリオウ 2.7
3 エアウィンザー 5.5
4 ダンビュライト 8.5
5 アドマイヤジャスタ 14.8

最後に京都大賞典の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては秋の天皇賞へ向けた西の重賞なステップレースであったが、古馬中長距離路線もより細分化されることになり、2400mという距離から、天皇賞よりもジャパンカップ、有馬記念、牝馬であればエリザベス女王杯を意識する陣営の参戦が大半を占めるようになった。

やはり別定戦のG2と言うべきか、万馬券的中となった去年はサトノダイヤモンドが制し、キタサンブラック(2016年)、ラブリーデイ(2015年)など、近年の勝ち馬にはGⅠ馬が名を連ねるように、決してレベルの低いレースではない。

だが、今年の出走予定馬の中にGI馬の名が見当たらず、例年よりも頭数が多く、フルゲートもあり得る様相。例年とは違ったレースになることも、頭に入れておく必要があるだろう。

無論、前哨戦である以上、GIに向けた叩き台に徹する陣営もいれば、「本番では足りないのでココで勝負!」と勝負をかけてくる陣営も存在する。しかし、マスコミや新聞に出す陣営のコメントは、本音ではなく建前であることがほとんど。誰の目にも触れることができるだけに、危険コメントを出してスポンサーである馬主に余計な不快感を与える必要もなければ、他陣営から勝負気配を悟られてむざむざマークをキツくする必要がないからだ。

そもそも、近年の馬の仕上げは外厩主導、マスコミでは取材の手が及ばぬ部分で、確かな馬の状態、陣営の本音など、裏付け取りができない、無論、シンクタンクは早くから外厩の存在に注目し、しっかりと情報を収集できる態勢を整えている。

そこで、今週は京都大賞典の関係者情報を【情報注目馬5選】とともに無料公開させていただく。今後のGI戦線を占う上でも重要な1戦、しっかりと情報には目を通しておいた方がいい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク