【京都ハイジャンプ2018予想】本命ルペールノエル

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都8R、京都ハイジャンプの予想を。アスターサムソン、テイエムオペラドン、マイネルフィエスタ、ヨカグラ、ルペールノエルなどが出走予定の障害レース。

これまでずっと◎〇▲で決まっていた相性良い障害レースの予想も前回はハズレ。ただ、ペガサスジャンプステークスのように買い方や印がハマれば大きく回収出来るレースでもあるので、またここから連勝を伸ばせるように頑張ります。

ヴィクトリアマイルに関する記事などはこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

日曜東京12R BSイレブン賞

ヴィクトリアマイルが行われる今週末も、凄腕馬券師の1人から「日曜日の東京最終は面白いぞ。いい馬券ネタが入っているんだ」との話が入ってきた。本来であればこの手の話は限定公開することがほとんどだが、今週は特別も特別、ヴィクトリアマイル当日東京12Rの【3連単勝負馬券】の情報を無料公開させて頂く。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

京都ハイジャンプ

本命はルペールノエル

毎回ラストは確実に脚を使ってくる馬で、オジュウチョウサン、アップトゥデイトがいないここなら当然この馬が主役となる。

中山グランドジャンプは勝ち馬に大きく離されての4着だったが、この時は相手が相手なだけに仕方なし。正直展開を考えるともう少し差を詰めてきて欲しかったというのが本音ではあるが、3着馬もニホンピロバロンという事を考えると悲観するような内容でもない。

3着となった去年の中山大障害ではマイネルフィエスタ、テイエムオペラドンにはしっかりと先着しており、近走のレース内容からして少なくともこの2頭と比べると能力は頭一つ抜けている印象を受ける。前走から頭数が減るのも歓迎と言え、スタミナにも全く問題がない本馬が最も軸に相応しい。

対抗はマイネルフィエスタ

前走の阪神スプリングジャンプはスタートで大きく出遅れてしまい万事休す。2走前の中山大障害ではラストは垂れてしまったが、それでも前走の中山グランドジャンプで5着に入線したテイエムオペラドンと差のない競馬をしており、3走前の京都ジャンプステークスではオジュウチョウサンやグッドスカイ、ニホンピロバロンなど強豪馬相手に善戦してきたタマモプラネット相手に勝利とまともならここでも力は十分足りる。

特別何かに特化したようなタイプではないものの、飛越は安定している馬なのでスタートさえ決まればここは巻き返してくる可能性は高い。スタミナに少々不安が残る点が引っ掛かってしまったので、その分だけ評価を落としての対抗とする。

▲は人気ブログランキングへ※アスターサムソン

今回は相手が強くなってどこまでといった感じも、前走のレースをみる感じでは距離が延びても問題なさそうな点と、何より展開面が味方しそうな点を評価してこの馬を3番手とした。飛越も安定しており、スタートを決めてそれなりの位置で競馬が出来れば上位争いになるか。

◎ルペールノエル
〇マイネルフィエスタ
人気ブログランキングへ※アスターサムソン
☆テイエムオペラドン
△タガノアーバニティ

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第13回 ヴィクトリアM(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ヴィクトリアMを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の成績を見るとリピーターの好走が目立つ。ストレイトガールは14年が3着も15.16年を連覇、ヴィルシーナも13.14年を連覇、ホエールキャプチャは12年優勝・12年2着、ブエナビスタは10年優勝・11年2着、ウオッカは08年2着・09年優勝と5頭が2年連続で連対している。

過去10年、ステップレースの主流は62頭が出走した阪神牝馬Sと39頭が出走した福島牝馬S。優勝馬4頭を送り出しているのが阪神牝馬S組み。また、福島牝馬S組みでは優勝馬が出ていない。海外組みでは優勝2回2着2回だが、連対馬はウオッカ、ブエナビスタの2頭で海外でも活躍した名牝。

過去10年の年齢別の成績では6勝2着7回と圧倒的な強さを見せているのが4歳馬だ。4歳優勝馬は昨年のアドマイヤリードを筆頭にヴィルシーナ、ホメールキャプチャ、アパパネ、ブエナビスタ、エイジアンウインズ。若さを武器に古馬になってからも力を発揮している。また、7歳以上で馬券に絡んだのは16年の優勝馬ストレイトガールの1頭のみとなっており。

今年は、昨年の覇者アドマイヤリード、4連勝で重賞3連勝中のミスパンテール、昨年のクラシックでは桜花賞・秋華賞を2着して実績のあるリスグラシュー、昨年のNHKマイルCの覇者アエロリット、15年の桜花賞馬レッツゴードンキなどが出走予定。ここ4年の優勝馬の人気は6人気→7人気→5人気→11人気と波乱。1人気が予想されるミスパンテールは信頼していいのか?連覇を狙うアドマイヤリードの状態は?

競馬セブン情報班が入手した関係者情報では今年も波乱必至!人気の盲点となる激走穴馬が波乱の立役者となる。週末情報はお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ヴィクトリアM・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第13回 ヴィクトリアM(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ヴィクトリアMを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク