【マイラーズカップ2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、マイラーズカップに出走を予定しているインディチャンプ、ヴァルディゼール、ヴァンドギャルド、レッドヴェイロン、フィアーノロマーノの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着

先週の追い切り注目馬はタイセイビジョンが1人気で1着。年明けはなかなか苦戦しましたが、何だかんだで10週連続好走馬を指名出来ているので、この調子で去年の3ヵ月連続指名という記録を塗り替えたいと思います(ただ、肝心の馬券がスランプ気味)。

マイラーズカップ最終追い切り

インディチャンプ

いつも一週前からしっかりと仕上げてくるタイプなので、先週の追い切りはやはりといった感じではあったが、その先週の動きが前走を使った上積みもありそうな動きだったので、今回は断トツ人気でも当然主役はこの馬になるだろう。

ただ、そう思ったのはここまで。今週は前半は追ってもフラつくような事もなく、真っ直ぐ安定してフォームで走れており、脚を大きく前へ出して豪快に駆け抜けていったが、後半は追っても追っても全く伸びず、最後は手応えをなくしてしまって垂れる始末。

調教パートナーがそこそこ走るタイプとはいえ、この内容は明らかにいただけないので、最後大きく垂れてしまった点に関しては見た目通りの減点材料となってしまう。もしかすると以前よりもパワー寄りの馬体となっている点が足を引っ張っているのかもしれないが、先週から逆の意味で動きが大きく変わっている点は不安しかない。

ヴァルディゼール

先週の追い切りでは素軽さが目に付いていたが、今週はその素軽さの中に力強さが加わった追い切りのお手本のような動きを披露。相変わらず可動域の広さや全体的な走りのバランスが素晴らしいと感じる馬で、脚の回転がそこまで速くない割にグーンと一気に伸びていく点はロードカナロア産駒にしては非常に珍しいタイプ。

先週も書いたように本馬の馬体は母父ハーツクライの血が強く反映されているので、動きにも母父の影響が強く出ているのだろう。

トモや胸前がパンパンに張っている点からするとやはり次を考えてのつくりではなく、まずはここを全力で、という意味合いが強いと思うので、今回の仕上がりに関してはほぼ隙無しといった感じになるか。

フィアーノロマーノ

フォームの硬さは全く改善されていないが、先週太く感じた馬体はかなりすっきりとしており、その影響もあって本来の素軽さとスピードが戻りつつある。ただ、相変わらず脚は大きく外へ流れているので、最後に弾けそうで弾けないのはこの点が大きく関係しているとみる。

更に少し気合いが入りすぎている事もあって時折リズムが崩れてしまう場面もみられるので、今回の距離延長に関してはプラスに転ぶ事はないのでは。

決して動きは悪く感じないが、癖のある走りがやはり気になってしまうので、人気を考えるとここは半信半疑という評価が一番しっくりくる。

ヴァンドギャルド

胸前の緩さからすると馬体にもそれなりに余裕が感じられるが、動きはパワフルで非常に力強い。早い段階でエンジンがかかったが、最後までその勢いは衰えず、一気に走り切って駆け抜けた姿はそこそこ見栄えしたので、目標を先に置きながらもある程度身体をつくってきた印象を受けた。この動きなら力は出し切ってくるとみる。

レッドヴェイロン

馬に活気があって柔らかみのある馬体が目に付くが、スピードに乗り切れていない点と最後に脚があがりそうになった点は割り引きが必要。それでも毛艶や馬体の張りを見るとほぼ仕上げてきた感じはするので、後はこのひと追いで息が出来ていれば巻き返せるだけの状態には持ってこれたと思っていいのでは。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りの動きを見ると案外組み合わせ次第ではいい配当にありつけそうな気も。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 フローラS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1冠目の桜花賞は、デアリングタクトが見事な末脚を発揮して、粘り込みを図る2歳女王レシステンシア、9番人気の伏兵スマイルカナを差し切り、1万2590円的中をお届けする結果となった。

戦前は群雄割拠の様相を呈していた牝馬クラシック路線、見事に3戦無敗の桜の女王の誕生で、オークスはデアリングタクトが主役候補と目されることになるだろう。

しかし、生憎の雨と馬場で行われ、道悪の適性が問われるレースでもあった。東京で求められる適性とは異なる状況、2冠確定と言える状況ではない。

また、デアリングタクトが日高生産馬であることも重要なポイントだ。すなわち、GIを席巻する非ノーザンファーム生産馬であり、オークスには新たな強敵が出現する可能性が大いにあるということだ。

近年は、レースの使い分けが頻繁に行われおり、特に牝馬クラシック路線は、桜花賞が1600m、オークスが2400mと距離が800mが延びるため、デビュー時から「オークス向き」と照準を合わせる馬は少なくない。

そういった馬たちの重要なステップレースとなるのが、このフローラS。2016年の勝ち馬チェッキーノ、2017年の勝ち馬モズカッチャンら、桜花賞不出走馬がオークスでも連対を果たしており、本番に繋がっている。

GI週の谷間だからと言って、ココでの情報収集を疎かにしていると、フローラSのみならず、オークスの馬券も取り逃がすことになり得るのだ。

事実、弊社シンクタンクは、去年のフローラSにて5万7340円をズバリ的中させており、オークスも2万8240円的中となった。点ではなく線でレースを捉えることができる、シンクタンクの情報力の賜物に他ならない。

トレセンでの取材規制が厳しくなっている現在、一般マスコミは新聞のコメント取りですらかなり制限がかかっているが、ハイセイコーの増沢末夫、サクラスターオーの平井雄二など、元騎手、元調教師の大物関係者が情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクでは、あらゆる関係者と親密な関係を築いており、個別に連絡を取って話を聞き出すことが可能だ。

そこで、情報収集に困っているであろう、一般競馬ファンのために、少しでも競馬を楽しんでもらいたいとの思いから、シンクタンクでは重賞情報の特別無料公開を行っている。今週はフローラS、同日のマイラーズCも含めて【我々だから入手できる関係者情報+馬券が簡単に絞れる情報注目馬5選】を公開するので、ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 フローラS(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク