【マイルチャンピオンシップ2018予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、マイルチャンピオンシップに出走を予定しているアエロリット、アルアイン、ウインブライト、エアスピネル、ケイアイノーテック、ジャンダルム、ジュールポレール、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、ミッキーグローリー、モズアスコット、レッドアヴァンセ、ロジクライの最終追い切りに関する記事を。

先週の最終追い切り注目馬は福島記念のスティッフェリオの勝利こそありましたが、ユラノト、レッドジェノヴァとあと一歩の競馬。先々週の結果を考えると少々物足りない結果となりましたので、今週は2戦2勝を目指します。

なお、昨日のハイセイコー記念は本命を変更して大失敗。◎トーセンボルガが差されてしまい、▲ラプラス☆シビックヴァーゴ〇グラビテーションのド縦目決着となりました。それでもあの展開は予想外だった為、そもそも予想の入りからハズレていたレースでした。

一週前追い切りやその他の記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

マイルCS最終追い切り

アエロリット

軽快。一週前からガラッと動き、気配が変わっており、頭は多少ブレるが走りに無駄はなく脚もよく上がった。ラストもしっかりと反応して伸びきれており、頸と脚のリズムが悪かった一週前とは比べ物にならないほど動いている。ただ、いくらか線は細く、パワフルさには欠ける走りではあるので、多少の割り引きは必要となる動きではある。一週前が物足りない動きだったので総合して考えると可もなく不可もなくといった感じではあるが、今週だけみると悪い印象は受けない。それよりも気性面が表に出ている点が気になるので、当日のイレ込みには注意したい1頭。

アルアイン

頭の高さは安定しており、フォームも美しい。少し後脚が外に流れる場面がみられるが、可動域や地面を蹴る力に問題がある訳ではないので、ここは多少の割り引きとしておきたい。手応えは楽ではあったが、強めに追った調教パートナーにはあっさりと先着しており、最後まで脚が綺麗に前へ出ていた事を考えると仕上がりは良さそうではある。派手な動きではなかったが、大きく減点するポイントも見当たらなかった。まず好調。

エアスピネル

アクシデント明けの追い切りとなったので動きを心配したが、アクシデント明けとは思えない程の動きを披露した。入りは少し動きが硬く、こじんまりとした印象を受けたが、調教パートナーに馬体を併せてそこから強く追われると一気にエンジンがかかり、相手を置き去りにする。可動域も広く、地面を捉える脚も非常に力強かった。勿論乗ってからのスピードも抜群で、馬体の張りを見ても仕上げに関しては抜かりない。先週の事で少しでも嫌われるようなら逆に買いたい1頭と言える。

ステルヴィオ

先週に比べて反応はやや悪く感じたが、それでも相手に並ばれるとしっかりと反応して勝負根性がある点も見られた追い切り。最後の伸びは相変わらず豪快で、動きも非常に大きい。ただ、思ったほどトモの張りが戻らず、今週もいくらか緩さを感じる馬体となっている点は減点しておきたい。どちらかと言えば先週の追い切りの方が派手さを感じた。

ペルシアンナイト

いつも最終追い切りでガラッと変わり身を見せる馬ではあるが、今週も何故か強くは追われず、結局調教パートナーであるジャンダルムに突き放されてしまう始末。ただ、遅れたとは言っても動きは悪い訳ではなく、今週も終始自分のリズムを守って走っており、可動域や脚捌きにも大きな問題はみられない。しかし、高いレベルで馬を確認するとやはりいつも以上に馬が動いておらず、ラスト弾けきれていない点は不安を感じさせる。馬は出来てはいるが…。

ロジクライ

この馬は今週も非常に軽快だった。もはや調教パートナーとは言えないかもしれないが、相手の動き、仕掛けどころを横目で確認して走り、軽く追われるだけでぐいぐいと伸びる完全においでおいで状態。動きが硬く見えるのは強く追われていないからであって、可動域や脚捌きは全く問題ない。非常に豪快、そして素軽い動きで、脚の上り方、地面を蹴る力をみても馬はまず出来た。連戦の疲れは一切感じられない動きだった。

モズアスコット

走るリズムが非常に良く、脚もよく前へ出た。頸差しや胸前の筋肉量の影響もあって多少硬く感じるが、身体はしっかりと使えており、脚捌きも軽い。エンジンがかかるのは遅いが、かかってからのスピードは相当で、最後も余裕の手応えで一瞬にして伸びた。トモもパンパンに張っており、内面が上手く表に出ている点からして出来に不安はない。ここは巻き返しに期待が持てる。

ウインブライト

今週はしっかりと負荷をかけてきたが、今週もその手応え相応、もしくはそれ以上の動きを披露。リズム、反応は抜群で、ラストも追えば追う程どこまでも伸びていく。先週の動きと総合して考えるとかなり怖さがある馬では。出来似関しては抜群だろう。

ケイアイノーテック

自分のリズムを崩さず走っているとはいえ、少し動きが軽すぎる。脚も少しバラバラになりそうな場面もみられ、最後も伸び切れていない。ここまで見ると全く買えないように思えるが、本馬は先週びしっとやっているので今週はこれぐらい軽くても仕上がるという見立てだろう。ただ、相変わらず線は細い。

ジャンダルム

馬なりだったが抜群に動いた。調教パートナーはペルシアンナイトだったが、そのペルシアンナイトの動きを待てる程余裕もあった。馬体の張り、脚捌きとどこも減点材料がなく、身体もしっかりと使えた動きだった事は高く評価したい。出来ればもう少し負荷をかけて欲しかったというのが本音ではあるが、それでも動きが目立っていた1頭と言える。

ジュールポレール

先週の追い切りのデジャヴ。時折ヨレるような場面がみられ、脚も相変わらずバラバラになっている。追われた時の反応も悪く、全く弾ける事なくフィニッシュ。胸の広さと脚が外に出る点も割り引いておきたい。動きからは大きな変わり身には期待が持てそうにないが。

ミッキーグローリー

この厩舎の馬の割には頸差しのラインに柔軟性がある馬。沈むようなフォームはそこ影響もあるだろう。今週は脚の回転も早く、相手を待てるぐらい手応えにも余裕があった。先週しっかりと負荷をかけられたのでこれで十分仕上がっただろう。まず好調では。

レッドアヴァンセ

今週もあまり集中して走れていない感じがするも、手応えには余裕があり、最後も追われるとしっかりと反応して伸びた。リズムも取れており、頭の高さや重心のブレも感じられないので、一応走れる状態はつくってきたと思っていい。ただ、何かに特化したような動きではないので、今回のメンバーの中に入ると非常に地味な存在、動きと言える。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

動きは抜群だったのでこの出来なら人気を考えてもこの馬が非常に面白い。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第35回 マイルCS(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春の安田記念は◎モズアスコットからズバリ的中をお伝えした当社だが、レースでは同馬が9番人気だったことからもわかる通り、マイル路線は確たる主役が不在の状況。しかも、秋のマイル王決定戦となるこの舞台は、3歳馬の参戦、天皇賞(秋)など中距離路線から転戦してくる実力馬、夏の上がり馬が一堂に会し、マスコミは“混戦”と報じることになる。一般ファンにとっても、大いに頭を悩ますレースとなることだろう。

しかし、世間が“混戦”を煽れば煽るほど、確かな情報力がある我々シンクタンクにとっては、オイシイ馬券を掴む絶好の状況となる。関係者の本音を知っていれば、人気馬でもバッサリと切ることが可能であり、逆にマスコミノーマークの勝負馬からオイシイ馬券を狙い撃つこともできる。

事実、冒頭で述べたように安田記念は本命に抜擢した◎モズアスコット(9番人気)が勝利し、宝塚記念では◎ワーザー(10番人気)、この秋も菊花賞の◎ユーキャンスマイル(10番人気)、天皇賞・秋では◎キセキ(6番人気)と、人気の盲点になっている馬達をズバリと本命に抜擢して馬券的中を掴んでいる。

今年のマイルCSでも、人気の盲点となりそうな馬券妙味タップリの”激走穴馬”の存在をマーク済み。万馬券はもちろん、5万、10万を超える特大万馬券決着もあり得ると見ている。そこで、今週は特別も特別、マイルCSの【3連単勝負馬券】を含めた、シンクタンクの関係者情報を特別に無料公開させて頂く。是非ともこの機会にシンクタンクの“本物の情報力”を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第35回 マイルCS(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク