【マイルチャンピオンシップ2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、マイルチャンピオンシップに出走を予定しているエメラルファイト、カテドラル、クリノガウディー、レイエンダ、ダイアトニック、ダノンキングリー、ダノンプレミアムの最終追い切りに関する記事を。結局バタバタで一週前追い切りの続きは更新出来ませんでした。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着
ケープコッド 5人気6着
ノーブルマーズ 6人気8着
エアアルマス 1人気11着
スカーレットカラー 4人気7着

先週は追い切り注目馬も馬券もどちらもダメ。2~5日の調子が非常に良かっただけに少し残念な結果となってしまいましたが、また調子が落ちる気配は全くないので、ここらで立て直してラスト一か月に備えたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第36回 マイルCS(G1)>

競馬セブンでは昨年も◎ステルヴィオから馬連3220円・3連複5480円ダブル的中!マイルGIと言えばNHKマイルC・馬連1万7200円・3連複9万7390円・3連単41万0680円パーフェクト的中を筆頭に桜花賞・馬連4410円・3連複5990円ダブル的中、ヴィクトリアM・馬連3700円的中などの的中馬券をお届け!今年のマイルCSも昨年以上の強力情報を入手!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

マイルチャンピオンシップ最終追い切り

エメラルファイト

頸の可動域が狭くフォームは沈まないが、脚を出すリズムは悪くない。ただ、全体的に線が細く、胸前やトモが薄く感じてしまうのはマイナスだろう。

相手の動きが良かった事もあるが、追われてからの反応も良いとは言えず、いつもの軽さが戻らないのも不安材料か。

カテドラル

坂路、単走での追い切り。真っ直ぐ美しいフォームで走れており、頸の使い方も抜群に上手い。手前を替えるのに苦労していたが、エンジンがかかるとグイグイと伸びてゴールを過ぎてもスピードが落ちる事はなかった。

少し胸の広さや脚捌きの鈍さだけは気になるが、それでもこれだけしっかりと動けていれば悪くは思わない。

クリノガウディー

脚は外へ流れているが、可動域は広く身体はしっかりと使えている。脚を出すリズムも良く、追われてからの反応の良さ、スピード感はなかなか見どころがあった。

いい頃の動きと比較するとまだ馬体に寂しさは感じるものの、身体の使い方などはほぼ変わりないだけに今回は久々に100%に近い状態での出走となるのでは。

レイエンダ

※画像は一週前追い切り時

先週はレース間隔を考慮して単走での軽い追い切りとなったが、今週は負荷をかける意味での併せ馬。ただ、前を行く馬を捕まえる事が出来ず結局単走のような追い切りになってしまったが、しっかりと集中して走れていたとの事なので、これはこれで悪い印象は受けなかった。

前回の追い切りでは癖を出してかなり苦労していたが、その時に比べると普通に走れているので、この落ち着きが良い方向に出れば面白いのでは。

ダイアトニック

頭が高く発汗は目立っているが、これといって大きな癖がない良い意味で平凡な動き。脚捌きや可動域の広さも高いレベルで安定しており、前走直線でゴボウ抜きしたダメージはほぼゼロだと思っていいだろう。

ただ、動きに派手さは感じられないので、ここに入るとやや劣って見えるというのが最終的な答えとなった。

ダノンキングリー

春の動きと比較するとかなり馬が大人になっており、頸や身体の使い方が良い意味で激変している。折り合い面に苦労する事もなくスムーズに走れており、フォームの美しさや脚の回転の速さもまずまず見栄えしている。

相手を突き放すような動きではなかったが、調教パートナーの追い切りもかなり動いている部類に入ると思うので、ビッシリと馬体を併せて負荷をかける事が出来た事を評価しておきたい。

ダノンプレミアム

相変わらず脚捌きに力強さがあって迫力のある動きとなっているが、前脚が少しゴトゴトして見える点はマイナスか。頭も高く発汗も目立っており、最後は息と脚があがってしまった点も減点せざるを得ない。

それ以上に個人的にはまた調教パターンを変えてきた事が気になったが、逆に考えるとこれがいい方向に転ぶ可能性も十分考えられるだけに非常に評価が難しい追い切りとなってしまった。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第36回 マイルCS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

12月に香港マイルがあるため、ノーザンファームなど大手牧場の“使い分け”が行われる中でも、春のマイル王インディチャンプなどGI馬5頭が参戦を予定。さらに、毎日王冠で古馬を撃破したダノンキングリーを筆頭に3歳馬が4頭登録と、マイル王を決めるにふさわしいメンバーが揃ったと言えよう。

各陣営、様々な思惑や意図を含んでいるが、その中で注目の1つあげるとするならば、天皇賞から参戦することになったダノンプレミアムの存在だ。レース前から「無事であればマイルCSに行きます」との話を入手していたが、その後「思ったよりダメージがなかった」ためGOサインが出たという。3馬券種完全的中の天皇賞で2着と好走し、改めて能力の高さを証明したが、これまでの脚元の関係でレース間隔を詰めて使うことができなかった馬だけに、状態面のジャッジは重要となる。まして、同馬主の有力馬ダノンキングリーが出走するにも関わらず、“使い分け”しなかったわけだから、陣営の本音、思惑は馬券においても無視できぬポイントとなるだろう。

また、騎乗予定にはムーア、ビュイック、マーフィー、デットーリ、スミヨンとズラリと短期免許の外国人騎手の名前が並び、これも一般ファンにとって馬券を悩ます種になるだろう。これだけ名手が揃えば、ノーザンファームも『ルメールファースト』ではなくなる。騎乗馬を差配する馬主、生産者サイドの思惑、事情などは表に出ない“裏”の情報、コレも重要なポイントだ。

これだけの好メンバーが揃えば、それだけ裏の“思惑”も増えるだけに、一般ファンが自力で入手できる情報には限界がある。つまり、その情報を頼りに馬券を勝っていては、的中に近づくのは困難と言うことだ。

その点は、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった名馬を知り、今なお競馬界に影響力をもつ大物OBが情報ルートとして在籍するシンクタンクの情報網、情報力をお任せいただきたい。トレセン内の情報はもちろん、外厩、牧場、馬主といったトレセン外で一介の記者レベルでは入手できない情報も入手できる態勢を整えている。

今年のマイルCSでは、既にマスコミや一般ファンにとって“人気の盲点”となるであろう穴情報馬の存在をマークしている。そういった表に出ない情報も含めて、今週は特別にマイルCSの関係者情報と【馬券候補5頭】を無料公開する。マイルCSで馬券を獲りたい、勝ちたい方は必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第36回 マイルCS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク