【メイステークス2020予想】本命ゴーフォザサミット

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、メイステークスの予想を。ソーグリッタリング、ブレステイキング、レッドヴェイロン、ザダル、モズダディーなどが出走する芝1800mのオープンクラスのレース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

去年のメイステークスは◎ショウナンバッハ12人気で3着に激走。今年も狙っていきます。

なお、今週も午後のレースで面白そうなレースがあれば追記する予定ではありますが、一日テレビの前で競馬という週末にはならないと思いますので、とりあえず重賞やメインで結果を出せるように頑張ります。

オークスの穴馬3頭

オークス(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

オークス(G1)の予想を無料で見る

メイステークス

本命はゴーフォザサミット

福島民報杯は人気を大きく裏切る形になってしまったが、重まで悪化した馬場が影響しての結果なので参考外と言えるレースで、前走よりもまともな馬場で競馬が出来そうな今回は巻き返しに期待が持てそう。

とにかく2走前の白富士ステークスが相当酷い競馬で、直線で内に進路がないと判断した鞍上が豪快なカニ歩きを披露した後に何故かもう一度カニ歩きと、みた通りの明らかなク〇騎乗。

それでも最後は外からしっかりと脚を使って勝ち馬とは0.1秒差の競馬に持ち込んでおり、仮にまともな乗られ方をしていれば頭で突き抜けただけの脚はあっただろう。

直線で馬群を捌くのに時間はかかってしまった3走前のチャレンジカップでも最後は上がり最速の脚を使って5着まで追い上げており、この日ももう少しスムーズに進路を確保出来ていれば上の着順を拾えた可能性は高かったので、復調気配を感じる今であればそれなりのレベルの馬を相手にしても格負けするような事はないのでは。

前走後に東京コースを使うタイミングがあればその時にもう一度狙いたいと思っていたので、今回は初志貫徹で捻る事なく印を打っていく。

対抗は人気ブログランキングへ

ここ2走は結果を出す事が出来ていないが、前走も厳しい位置取りからしっかりと脚を使って最低限の競馬は出来ていたので、相手ダウンの東京コースならそろそろ出番があっても。

ソーグリッタリング、ブレステイキングの京都金杯組は強力ではあるが、使われている強みと東京コースへの適性の高さを考えればこれらの馬が相手でもまず勝ち負けになるとみる。

▲にブレステイキング

前走は直線で上手く内を突いての結果ではあるが、初の京都に加え、道中の位置取りを考えるとなかなか強い競馬。今回は久々の分の割り引きは必要かもしれないが、走り慣れた関東圏での競馬であればいきなりから上位争いに加わってくる存在と言えるだろう。

何より前走からの大幅な鞍上強化は怖さしかないので、ここは人気でも無難に評価する必要があるか。

☆にソーグリッタリング

能力的にはこちらが3番手でも良かったが、鞍上と勝ち切る確率の差で4番手までとした。馬場や展開問わずに上位に食い込んでくる点は強みではあるが、どうも勝ち切るイメージが湧いてこない馬なので、ここも掲示板止まりという可能性もなくはない。

◎ゴーフォザサミット
人気ブログランキングへ
▲ブレステイキング
☆ソーグリッタリング
△モズダディー
△マイネルハニー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 オークス(G1)>

桜花賞馬デアリングタクトは
無敗で2冠達成なるか!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、桜花賞組から11頭が連対、内7頭が優勝。忘れな草賞組からは昨年のラヴズオンリーユーら3頭の優勝馬が出ている。桜花賞組に続き出走頭数の多いフローラS組からは、10年の同着優勝となったサンテミリオンがいる。スイートピーS組みは18頭が出走し連対したのは昨年2着のカレンブーケドール1頭のみ。500万条件組も14頭が出走し馬券圏の好走はなし。近年では桜花賞・フローラS・忘れな草賞の3レースが主体となっている。

過去10年、桜花賞馬がオークスを制したのはアーモンドアイ、ジェンティルドンナ、アパパネの3頭。その3頭は秋華賞も制し3冠馬になっている。また、桜花賞で掲示板外からオークスで馬券圏に巻き返したのは17年アドマイヤミヤビ(桜花賞12着→オークス3着)、15年ルージュバック(桜花賞9着→オークス2着)、13年メイショウマンボ(桜花賞10着→オークス1着)の3頭。

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.2.4.3]、3人気[2.0.1.7]と上位人気馬が安定した成績を残しているが、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝し波乱となっている。平均配当では、馬連8990円、3連複1万1880円、3連単10万16200円。3連単では10万馬券以上が3度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年は3戦3勝で桜花賞を制したデアリングタクトが無敗でオークスに出走。無敗でオークスを制したのは1943年クリフジ、’46年ミツマサ、’57年ミスオンワード、2006年カワカミプリンセス、2019ラヴズオンリーユーの4頭。無敗の桜花賞馬でオークスに出走し連対したのは1990年アグネスフローラ2着、1991年シスタートウショウ2着の2頭のみ。今年の桜花賞を制した無敗馬デアリングタクトは無敗で2冠達成なるか!?

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク