【みやこステークス2020予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、みやこステークスに出走を予定しているエアアルマス、マグナレガーロ、スワーヴアラミス、クリンチャーの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週はG1がありませんので、追い切り記事は程々にして週末の予想に備えます。

予想オッズ

1 ウェスタールンド 2.8
2 クリンチャー 3.5
3 エアアルマス 4.7
4 スワーヴアラミス 6.3
5 ワイドファラオ 7.1

ここは一番人気濃厚だった馬の回避で一気に混戦模様に。頭数が少ないので大荒れはないと思うのが普通かもしれませんが、先日の府中牝馬ステークスの件もありますので、この回避は個人的にはかなり有難いと思っています。

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着
フィアーノロマーノ 3人気10着
ブルーバード 5人気10着
モントライゼ 1人気2着
ジナンボー 3人気2着
ウインマイティー 2人気6着
スマイルカナ 3人気2着
クラヴァシュドール 2人気5着
サトノフラッグ 1人気2着
クレッシェンドラヴ 4人気4着
コントレイル 1人気1着
グレートタイム 4人気9着
ダイアトニック 5人気13着
グローリーヴェイズ 3人気1着
サリオス 1人気1着
デアリングタクト 1人気1着
ヴァンドギャルド 5人気1着
コントレイル 1人気1着
サウンドキアラ 1人気10着
フィエールマン 5人気2着

先週の追い切り注目馬はフィエールマンが5人気で2着に好走。ここはアーモンドアイの追い切りも抜群でしたが、あえて狙いにいきました。ただ、肝心の馬券は重賞以外はそれなりに当たったものの、重賞があと一歩の結果に終わってしまったので、今週は重賞もその他のレースも全て結果を出せるように頑張ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週の天皇賞秋もド本線的中!

有力馬も穴馬も本当に買わなければいけない5頭を教えます!

【アルゼンチン共和国杯注目穴馬】

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

富士ステークス注目馬5選

サトノアーサー
ヴァンドギャルド5人気→1着
スマイルカナ
シーズンズギフト
ケイアイノーテック6人気→3着

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

【アルゼンチン共和国杯注目穴馬】

みやこステークス最終追い切り

エアアルマス

全体的に線が細くみえるのは気になるが、すっきりとした馬体の割には肉がつくところについている。柔らかみのある馬体と広い可動域、そして素軽い脚捌きが目に付いており、追えば追うだけどこまでも伸びていきそうな手応えを感じた点からしても出来はそれ相応と思っていいのでは。

レース間隔はあいたが、前走からの上積みにも期待が持てそうな動きだったので、久々の影響はほぼないと思ってよさそう。

マグナレガーロ

胸が狭く脚も思った程前へ出てこないが、力強い脚捌きとゴトゴトとした重厚感のある走りは良い意味で威圧感を感じた。ここに素軽さが加われば完璧ではあるが、残念ながら馬体をまだ持て余している事もあって今回はその動きは感じる事は出来なかった。

完全にパワー寄りに出ている馬なので、スピードを求められるような展開、馬場になると分が悪い印象を受けるも、ゴリゴリの力勝負になれば案外やれても驚けないが果たして。

スワーヴアラミス

トモ、肩の張りが目に付く一頭で、身体を大きく使って動く姿は圧巻の一言。ほぼ馬なりのまま伸びて加速し、手応えを十分に残したまま余裕のフィニッシュと調子は非常に良さそうな印象を受けた。

確実に前走よりも調子は上向いており、この出来で前走出走していれば、というほど軽快に動けているので、今回は相手強化でどこまでといった感じになるか。

クリンチャー

頸差しは硬いが、脚を出すリズムや動きに関しては非常に良く見えるので、これはこれで決して悪い印象は受けない。涼しくなって内面も活性化しており、馬体に柔らかみが出ている点が今の状態を示しているだけに、この動き通りであればそろそろ詰めの甘さが解消されても良い気もするが…。

手応えは少しギリギリのような気もしなくはないが、ビシッと負荷をかけて動かした点を評価すべき追い切りと言えるか。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第58回 AR共和国杯(G2)>

配当を引き上げる
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

一昨年の勝ち馬パフォーマプロミスは19年天皇賞(春)で3着、17年の勝ち馬スワーヴリチャードは19年ジャパンC1着・18年大阪杯1着、16年の勝ち馬シュヴァルグランは17年天皇賞・春2着、17年ジャパンC優勝、18年天皇賞・春2着、さらに15年の勝ち馬ゴールドアクターは有馬記念1着、宝塚記念2着とアルゼンチン共和国杯をステップにGI競走で主力となっている。

過去10年の上位人気馬の成績は1人気[3.2.1.4]、2人気[4.1.0.5]、3人気[2.1.5.2]と安定した成績を残している。平均配当では、馬連1860円、3連複6265円、3連単2万9730円。馬連3桁配当は2度、馬連最高配当は5050円、3連単最高配当は7万1300円。二桁人気の伏兵馬は18年マコトガラハット(11人気3着)の1頭のみが馬券圏に好走。近年では大荒れ傾向はないハンデ重賞である。

過去10年のステップレース別(3着以内)の成績では3勝クラスが5連対(2勝)、オールカマー組が5連対(2勝)、オープン組が(2勝)、他、ダービー組(1勝)、宝塚記念組(2勝)、目黒記念組(1勝)となっておりオールカマー・3勝クラスの好走が目立つ。

今年は阪神大賞典の優勝馬ユーキャンスマイル、骨折明けの3歳馬、青葉賞の覇者オーソリティ、昨年の菊花賞2着馬サトノルークス、阪神大賞典2着馬トーセンカンビーナなどが参戦。多くのGI馬を輩出しているハンデ重賞だが今年はどの馬が勝ち名乗りを挙げるのか。

直近のアルゼンチン共和国杯は
18年 馬連 910円・3連複1万3560円ダブル的中!
16年 馬連11110円・3連複1690円・3連単8290円パーフェクト的中!
15年 馬連1460円・3連複3990円・3連単1万4570円パーフェクト的中!
14年 馬連1510円・3連複3310円・3連単1万4480円パーフェクト的中!
12年 馬連1060円・3連複3130円・3連単1万2740円パーフェクト的中!

ここ8年で5度的中ドル箱重賞。今年も確信の本命馬◎から万券獲り宣言!

週末情報はお見逃しの無いようご注意下さい!
騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第58回 AR共和国杯(G2)>

配当を引き上げる
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク