【名古屋大賞典2018予想】本命ミツバ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は名古屋で行われる交流重賞、名古屋大賞典の予想を。中央からキーグラウンド、サンライズソア、ミツバ、メイショウスミトモ、モズアトラクション、地方からカツゲキキトキト、キクノソル、モズライジン、ラインハートなどが出走予定。

大阪杯の記事に関してはこちら↓

有力馬サトノダイヤモンド馬体診断

穴馬スマートレイアー馬体診断

ドバイの記事に関してはこちら↓

ドバイゴールデンシャヒーン馬体診断

□■□■□■□■□■□■□■□■□

日曜阪神12R 鳴門ステークス

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

名古屋大賞典

本命はミツバ

前走の東京大賞典は少し物足りない結果となってしまったが、2走前のチャンピオンズカップではスローペースの中で後方からの競馬で最後は大外から脚を伸ばし勝ち馬から0.4秒差まで追い上げてくる強い内容での6着。

JBCクラシックでも3着に敗れたとはいえサウンドトゥルー、ケイティブレイブと差のない競馬をしており、この2頭の能力を考えると今回のメンバーの中ではこの馬の能力が少し抜けている印象。

一見すると大幅なプラスと思われた東京大賞典での乗り替わりは、この馬の乗り難しさを考えると結果マイナスになってしまった感じなので、今回乗り慣れた松山に手綱が戻るのは悪くないのでは。

課題があるならコース適性となるが、前々で上手くレース運びが出来ればしっかりと対応してくると思うので、ここはきっちり巻き返してくるとみる。

対抗は人気ブログランキングへ

こちらは決して器用とは言えないタイプなので小回りコースに関しては不安が残ってしまうが、枠順はいいところを引けたので能力だけで対応してくる可能性は十分考えられる。

上位人気確実のサンライズソアがしっかりと勝ち切ってくるようなタイプではないだけに、ここは勝ち切る可能性を考えての対抗。当然能力は足りる。

◎ミツバ
人気ブログランキングへ
▲サンライズソア
☆カツゲキキトキト

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

今週は長くなるのでここは点数を絞って軽く購入します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第62回 大阪杯(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
大阪杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は7人気ステファノスからダブル的中!

昨年から新設GIへと昇格。中距離適性がある馬への出走機会を確保するために新設された中距離GI。中距離路線を歩みたい馬は、天皇賞(春)を見送り海外GIを選択する陣営も多かったが、大阪杯のGⅠ昇格により国内競走に専念できるようになった。

昨年はキタサンブラックが初代王者に輝き、天皇賞春も優勝。宝塚記念では9着に沈んだが、春の王道路線を3連勝するのは至難の業と言えるだろう。

今年は、凱旋門賞後は休養していたサトノダイヤモンド、昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイト、昨年のダービー2着馬スワーヴリチャード、昨年のJCの覇者シュヴァルグランや、マカヒキ、アルアイン、サトノクラウンなどがスタンバイ。キタサンブラックが引退し、古馬のGI路線を引っ張っていくのは、どの馬なのか注目の一戦である。

昨年は7人気◎ステファノスから馬連2320円、3連複4830円のダブル的中!今年は5頭のGⅠ馬が参戦するが、中距離GⅠを制するのは果たして!?競馬セブンでは昨年以上と言える勝負度合いの「ヤリ話」を独占入手済!春の王道路線である大阪杯・天皇賞春・宝塚記念の中でも「大阪杯を勝つ自信がある」と豪語する、とある陣営の勝負情報や人気薄確実な隠し玉勝負馬の大駆け情報なども極秘入手!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『大阪杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第62回 大阪杯(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
大阪杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク