【中山グランドジャンプ2020予想】本命シングンマイケル

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、中山グランドジャンプの予想を。オジュウチョウサン、メイショウダッサイ、シンキングダンサーなどが出走する障害4250mのJG1レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

かなり久々の障害レース予想の更新となりました。

個人的に障害レースは大好きで馬券の相性を含めて考えるともっと予想を更新したいというのが正直なところですが、好き嫌いが真っ二つに分かれてしまう事もあってしばらく更新を控えていました。

障害レースの絶対王者であるオジュウチョウサンがまたこの舞台を選択してくれた事は非常に嬉しいですが、勢いのある馬がちらほら出てきた事もまたこの路線を熱くさせる要因のひとつでもありますので、後はアップトゥデイトのような存在が出てくる事を祈るばかりです。

まずは本題の前に阪神で重賞が組まれているので、そちらのアーリントンカップの予想を軽く。

アーリントンカップ

人気ブログランキングへ

最終的にどのぐらい票を集めるかはわからないが、おそらく地味な人気に収まる馬だと思うので、今回は当日の馬場を考えると普通に買いたい一頭と言える。

中山グランドジャンプ

本命はシングンマイケル

決してオジュウチョウサンに逆らっている訳ではないが、これまでオジュウチョウサンに本命を打った記憶がほぼないので、今回も相手の力は認めつつあえて別の馬から本命を選択する事に。その中でも去年の夏頃から馬が完全に化けて本格化した本馬が最もオジュウチョウサン撃破に近い存在と判断(さすがに撃破は言い過ぎかもしれないが…)。

正直17年、18年の中山大障害のレベルの高さを考えると去年の中山大障害のレベルはガタっと下がった印象を受けるが、それでも早めに先行するブライトクォーツを競り落とし、直線で抜け出してからは他馬を全く寄せ付ける事なく楽々勝ち切った点は素直に評価しなければならないか。

それ以上に評価出来るレースが前走の阪神スプリングジャンプで、勝負所ではオジュウチョウサンと同じような位置取りからレースを進め、相手が馬なりで馬体を併せてくる厳しい展開になりながらも最後はトラストを競り落として2着に入線しており、本馬と同じような競馬に持ち込んだシンキングダンサーがその後大きく垂れている事を考えると相当強い2着と言えるのでは。

今回の舞台で前走で大きく先着を許してしまった馬を相手にするのは相当分が悪いのは百も承知ではあるが、オジュウチョウサンをまともに相手にして好勝負に持ち込める馬を無理やり探すとなればやはり本馬が最もその相手に近い存在と言えるので、ここは万が一を想定しつつこの馬から馬券を組み立てる事にした。

対抗はオジュウチョウサン

この馬に関しては今更何も説明する必要はないと思うが、久々の障害レース、それも相手がかなり揃っていた前走の阪神スプリングジャンプであれだけの競馬が出来れば今回もよほどのアクシデントがない限り負ける姿は想像出来ない。

最大のライバル馬であるアップトゥデイトの後釜になりそうだったトラストを全く寄せ付けなかった点からしてもここでは能力は抜けきっているので、後は前走で千切ったシングンマイケルが距離延長でどこまでパフォーマンスを上げてくるかが今回唯一のポイントとなるのでは。

▲に人気ブログランキングへ

近走は少し物足りない競馬が続いているが、スタミナが非常に豊富な馬なので、距離延長となる今回はそろそろ出番があっても。過去には強豪馬に混ざりながら見せ場たっぷりの競馬をした経験もあるので、ここもオジュウチョウサン以外とは互角以上の戦いに持ち込める存在とみる。

☆にメイショウダッサイ

本馬に関しては能力以上に飛越の上手さとスタミナを重視しての4番手。中山大障害は完全に力負けだったが、シンキングダンサーとルペールノエルに先着出来ていた点からするとある程度相手が強くなっても馬券圏内を狙えるだけの馬だと思うので、2,3番手評価にした馬どちらかが崩れる展開になれば繰り上がりで着を拾ってきそう。

◎シングンマイケル
〇オジュウチョウサン
人気ブログランキングへ
☆メイショウダッサイ
△ヒロシゲセブン
△メドウラーク

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 皐月賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホープフルSを制して最優秀2歳牡馬に輝いたコントレイルと、朝日杯FSを制したサリオスの無敗の王者が激突と、非常に見どころ十分となった今年の皐月賞。

ともに3戦3勝、昨年12月以来の実戦となるが、昨年、ホープフルSからブッツケ本番だったサートゥルナーリアが勝利し、今や“ひと叩き”が常識とならない時代になってきた。それもこれも、“外厩”の充実に他ならない。

だからと言って、全ての馬にとってブッツケが最適解ではない。ひと括りに外厩と言っても千差万別、その点のジャッジをするのにも、確かな情報力が問われることになる。

また、2歳重賞の充実により、近年はGIで初対戦というケースが大いに増えてきた。今年も未対戦馬が多数、「無敗の2歳王者2頭で決まり」と、そう簡単に結論を出せるレースではない。

加えて少頭数しか経験していない馬もおり、実は、競馬ファンがジャッジするためのデータ、材料が少なくなっているのだ。

ますます関係者情報の重要性が問われることになるが、今はコロナウイルスの影響でトレセン、競馬場内でもマスコミに対して取材規制がかけられている。厩舎から出される新聞用のコメントが、各社一斉配信、使い回しというケースも。“本音”を聞き出そうとすることすら不可能な状況だ。

しかし、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師の大物関係者が在籍する弊社シンクタンクの情報ルートたちは、関係者たちとホットラインを築き上げているから、こんな状況でも“本音”を聞き出すことができる。

世間一般とは圧倒的に情報力が違う。

こんな状況だからこそ、弊社シンクタンクは、確かな情報を入手することができない一般ファンの方々に競馬、馬券を楽しんでもらうために、皐月賞の関係者情報、馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開。ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第80回 皐月賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク