【中山牝馬ステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、中山牝馬ステークスに出走を予定しているアドマイヤリード、ウラヌスチャーム、ノームコア、ミッキーチャーム、ランドネ、ワンブレスアウェイの最終追い切りに関する記事を。

まずはこちらのレースの予想オッズから。

予想オッズ

1 ミッキーチャーム 3.2
2 ノームコア 4.1
3 クロコスミア 6.0
4 アドマイヤリード 6.0
5 ランドネ 10.1

1人気は前走の秋華賞でアーモンドアイと差のない競馬をしたミッキーチャーム。久々の競馬となるが、これまで大崩れする事なく走っている馬なので連を含めてそれなりの票を集める事になるだろう。

続いてノームコア。前走は敗れはしたものの、後方からレースを進める事になっても最後は差を詰めてきたように、まともであればやはりこの馬が強いだろう。秋華賞ではミッキーチャームには後れを取っているが、今回の距離であれば力差はないとみる。

実績上位クロコスミア、前走中山金杯で見せ場をつくったアドマイヤリードも上位人気に支持されるか。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

その他週末の重賞に関する記事はこちらから。

【金鯱賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【フィリーズレビュー2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

中山牝馬ステークス最終追い切り

アドマイヤリード

線は細いが動きは軽く軽快。脚捌きもスムーズでメリハリのある動きが目に付いた。適度に活気はある割には真っ直ぐ集中して走れているので、今回の内面に関しては高く評価出来るだろう。仕掛けられてからの反応や伸びも素晴らしく、牝馬の割には最後の最後にしっかりと仕上げてきた感がある。馬体の張りも十分で、ここは当然お釣りなしの出来だろう。

ウラヌスチャーム

頭が高く、頸の可動域が狭い。前脚もあまり上がっておらず、こちらの可動域も少々狭く感じてしまうので、全体的に硬さが残っていると言えるか。エンジンのかかりは抜群に速かったが、何故かスピードに乗れそうで乗れない、伸びそうで伸びない。調教パートナーもかなり負荷をかけられていたとはいえ、結局最後まで相手を交わす事が出来ずフィニッシュ。しっかりと長めに負荷をかけられていた事は評価出来るが、伸びきれなかった点はちょっと気になってしまった。

ノームコア

前脚は上がらないが身体は使えているので硬さがある訳ではない。それ以上に入りからスピードに乗った強烈な動きが目に付いており、直線に入ると調教パートナーと馬体を併す間もなく一瞬にして突き放した。非常に楽な追い切りではあったが、地面を蹴る力や乗った時のスピードは抜群で、牝馬とは思えない程豪快な動きを披露してきた今回は色んな意味で怖さを感じてしまった。

ミッキーチャーム

動きが非常に豪快で力強い。身体の使い方も上手く、可動域の広さや馬体の張りをみても久々という事を全く感じさせない。多少ラチ沿いにもたれているが、フォームに大きな乱れはなく走りに違和感も感じられないので、ここに関しては割り引く必要はないだろう。適度に負荷もかかっており、内面もしっかりと表に出ているので、仕上がりとしては悪い印象は受けない。ただ、馬体に多少緩さは感じられる。

ランドネ

前走の最終追い切り注目馬。その前走とは追い切りの内容は違うが、今回の動きをみる感じでは出来落ちした感は全くなく、3頭併せの一番外で楽な手応えの割にはしっかりと負荷をかけてきた。身体全体を使った動きは相変わらず豪快で、後脚で地面をがっつり捉えて走る姿は素晴らしいの一言。内の2頭も案外楽をさせていたが、こちらが強めに追われたのも一瞬で、エンジンがかかってからはすっと加速し、そこからはただ相手を突き放すだけの追い切り。馬体の割には素軽さもある馬なので案外距離短縮でも面白い馬かも。

ワンブレスアウェイ

前半から長めに負荷をかけてくる意欲的な追い切りとなったが、調教パートナーがこちらの出方を待って追いだしており、相手が早めに仕掛けていればぶっちぎられたぐらいの手応えだった。ただ、ラストはいっぱいになってしまったが、最後まで諦める事なく走りきっており、年齢を考えるとこれが極限の仕上げと言えるのでは。やれる事はやった。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

何頭かよく見える馬がいたが、ここはこの馬が面白い存在と言えるのでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第53回 フィリーズR>

只今4年連続的中のドル箱牝馬重賞!
今年も確信◎から特大万馬券を狙う!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞のトライアルレースで3着までが優先出走権が与えられる。過去の勝ち馬では、エイシンサニー、イシノルーブル、キョウエイマーチ、フサイチエアデール、ローズバド、ヤマカツリリー、ラインクラフト、アストンマーチャン、アイムユアーズ、メイショウマンボ、クイーンズリングなどGI戦線で活躍した馬が多い。

過去10年、人気別の成績では、1人気[2.3.0.5]、2人気[2.1.2.5]、3人気[2.1.0.7]と上位人気馬はそれぞれ2勝。平均配当では、馬連1万0660円、3連複4万3690円、3連単28万5090円と波乱傾向。16年8人気ソルヴェイグ、10年9人気サウンドバリアー優勝し波乱の立役者となっている。二桁人気馬も3頭馬券圏内に好走。14年ニホンピロアンバー(13人気2着)・3連単175万馬券、09年にはレディルージュ(15人気3着)・3連単66万馬券の大波乱となっている。若駒牝馬でもあり荒れる牝馬重賞。

昨年は8番人気◎リバティハイツから馬連4080円、3連複9140円、3連単5万6610円パーフェクト的中!13年には9万6300円の特大万馬券を的中!直近6年で5度的中、只今4年連続的中のドル箱牝馬重賞!今年も確信の◎から特大万馬券を狙い撃つ!紙面上には載らない競馬セブン独占の関係者情報を極秘入手!週末情報は馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フィリーズR・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク