【金鯱賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、金鯱賞に出走を予定しているアルアイン、エアウィンザー、ギベオン、ダノンプレミアム、ペルシアンナイト、モズカッチャン、リスグラシューの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

先週は動きをみて3重賞全て馬券になる可能性は高いと思いましたが、日曜の弥生賞はダメでした。今週も3つ重賞がありますので、最低でも2つは馬券になる馬を見つけたいと思います。

その他週末の重賞に関する記事はこちらから。

【金鯱賞2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

【フィリーズレビュー2019予想オッズ一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

金鯱賞最終追い切り

アルアイン

軽快。今週も先週同様に素軽い動きが目についており、馬体を持て余す事なくスムーズに走れている。調教パートナーに馬体を併せにいってしっかりと負荷をかけられた追い切りで最後まで脚がバラバラになる事なく走りきれた点は評価しておく。少しちぐはぐな動きの相手を交わしきれなかった事は気になってしまうが、一週前にしっかりとスイッチを入れられた追い切りをこなしているだけに極端に割り引く必要はないだろう。肩周辺に余裕はあるが、前哨戦としてはまず仕上がったと思ってよさそう。

エアウィンザー

先週しっかりと追われているので今週は馬なりで軽めの追い切り。相変わらず脚捌きは軽くスムーズに脚を出せている。身体の使い方も上手く、フォームもほぼ完璧と言っていいだろう。今週は先週とは違って調教パートナーを突き放すような場面はみられなかったが、馬なりで相手に馬体を併せる事を重視した追い切りだったのでこの点に関しては割り引く材料にはならない。馬体の張りも上々で、これといってケチをつける点が見当たらない追い切りとなった。まず好調と思っていい。

ギベオン

追われてからは案外弾ける事が出来なかったが、全体的な動きに関しては悪いものではない。少し独特なフォームもしっかりと頸、身体を使って動けており、脚の回転も非常に速く感じた。ただ、軽さがある分だけ力強さには欠けるような走りで、少しでもパワーを必要とされる条件になった時には多少不安を感じてしまう。悪い追い切りではないが、派手さは全く感じなかった。

ダノンプレミアム

今週も頭が高くフォームが全く沈まないが、追われた時の反応と息遣いは一変している。前半は自分のリズムで走っていたが、追われるとすぐにスイッチが入り、ぐいぐいと脚を使って伸びきった。ただ、相変わらず馬に全く活気がなく、全体的に動きが硬い点はやはり間隔があいてしまった影響だろう。肩やトモに張りが感じられないのは勿論だが、身体全体の線が細く、内面にも荒々しさが戻らない事には何とも…といった感じ。フォルムをみる感じ馬は成長しているが、馬体からすると完調とまではいかず。逆にここで馬券に絡むような事があればこの先はかなり楽しみな馬だろう。

ペルシアンナイト

前脚はよく上がっているが、馬体には硬さが残っている動き。調教パートナーがかなり負荷をかけられていたとはいえ、追われた時の反応も平凡で、相手を抜き去る事が出来なかった点はいつものこの馬の動きを考えるとやはり気になってしまうポイントか。悪い動きではなかったがとにかくいつもの豪快さを感じられなかった辺りは物足りなさを感じてしまった。平凡。

モズカッチャン

今週も先週同様にもたれる場面がみられたが、脚はしっかりと上がっていた。全体的に走るリズムが良く見えない点、少し脚が外へ流れている点は割り引きが必要も、何故かそれでもスピードには乗れていた。割と長く追われた事もあってさすがに最後は脚が持たなかったが、フォームが乱れるような場面はみられなかったので、こちらが思っている以上に良化してきた印象を受ける。先週の動きが全くといっていいほどダメだったので評価が難しくなってしまったが、一応走れる態勢は整ったと思ってよさそう。

リスグラシュー

道中少し折り合いに苦労する場面がみられたが、一応ギリギリセーブは出来ていた。今週は軽く追われただけで一気にエンジンがかかり、調教パートナーをあっという間に交わして走りきるという本来の豪快な動きを披露。先週の動きをみると少し不安もあったが、今週は良く動けていたと思う。状態面に関しては確実に上向いているので、後はお荷物の鞍上がどこまで普通に乗れるか。確実に勝ち負け出来る出来ではあるが…。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りの動きをみていると案外荒れるのかな?という感じもするが、この馬に関してはしっかりと走ってくるでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 フィリーズR(G2)

先着100名様限定!
好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞と同じ舞台で行われる前哨戦・チューリップ賞が、昨年からG2へと格上げ。フィリーズレビューと同じ格付けになったこともあり、あえて本番より距離が1ハロン短いココを前哨戦として選ぶからには

「本番はまず厳しいから、メンバーが手薄なココで稼いでおきたい」
「マイルは正直ちょっと長い。この馬は1400mまでの馬だから」
「本当はチューリップ賞を使いたかったんだけど、オーナー側の意向でココになった」
「とにかく本番前にひと叩きしておきたい」
「そんなに強い馬いなさそうだから、挑戦してみることにした」

などなど、各陣営には様々な思惑が存在する。

しかも、有力馬がチューリップ賞に集中するため、各馬の力が均衡していることも少なくない。そんなレースを、一般競馬ファンは新聞の印や建前しか述べられていない情報を参考にして馬券を買うのだから、まず当たらないのは必然で、波乱決着が多くなっているのも当然なのだ。

競馬界の年度初めとなる3月には新規情報ルートも加入し、業界トップレベルの情報網を有すると自負する弊社シンクタンクは、各陣営の思惑から各馬の力関係など、しっかりと把握してジャッジすることができる。そこで、今週はより多くの方に当社の情報力を実感して頂くべく、フィリーズレビューの【◎-穴・1点馬券】の情報を特別無料公開する。この機会に、是非とも本物の情報を掴んで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第53回 フィリーズR(G2)

先着100名様限定!
好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク