【フィリーズレビュー2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、フィリーズレビューに出走を予定しているアウィルアウェイの一週前追い切りと中京メイン、金鯱賞に出走を予定しているダノンプレミアム、モズカッチャン、リスグラシューの一週前追い切りに関する記事を。

まずはフィリーズレビューの予想オッズから。

予想オッズ

1 アウィルアウェイ 2.0
2 レッドアネモス 4.6
3 ホウオウカトリーヌ 5.7
4 プールヴィル 12.5
5 ココフィーユ 12.8

1人気は前走牡馬相手の京王杯2歳ステークスで2着に入線したアウィルアウェイ。少し間隔はあいたが、これまでの実績を考えると牝馬同士であればこれが少し抜けた人気になりそう。

阪神ジュベナイルフィリーズでもそれなりに人気を集めたレッドアネモスが2人気になりそうだが、重賞実績あって安定した成績を残しているホウオウカトリーヌも大きな差はない人気になるのでは。

3点勝負買い目を無料公開

フィリーズレビュー1週前追い切り

アウィルアウェイ

前半から頭が高く重心のブレも目立つ動きで、左右にふらふらとしながら走っている点は当然割り引きが必要。脚が外へ流れている点(ジャスタウェイ産駒は多い)も気になるが、頸と脚を出すリズムが全く取れておらず、最後は脚がバラバラになりながら走っていた。一応加速は出来ているも、地面を捉える脚に力強さがなく、かと言って乗った時のスピードもイマイチと褒められるポイントが見当たらない動きだった。最終追い切りの動き次第では逆の意味で面白い馬かもしれない。

金鯱賞一週前追い切りその2

金鯱賞一週前追い切りその1はこちら。

【金鯱賞2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

ダノンプレミアム

後半からの動画なので前半の動きは確認出来ないが、既に直線ではいっぱいになっており、頭も高くフォームが全く沈んでいない。外から来た馬に並ぶ間もなく交わされている点もかなり気になってしまうポイントで、馬に全く活気がない点、全体的に動きが硬い点などがいかにも久々という感じか。馬体が緩いという感じはしないが、逆に肩やトモに張りがなく、今回の動きでは去年感じられた重圧感、豪快さは一ミリも感じられなかった。このひと追いでスイッチが入れば多少の変わり身には期待が持てるかもしれないが、一週前の動きからすると期待よりも不安の方が大きいと言わざるを得ない。

モズカッチャン

前半から外へもたれており、全体的に線が細くいつも以上に脚も上がらない。調教パートナーが追いだしを待ってくれているが、こちらが仕掛けてもほぼ反応はなく、伸びるところで伸びないという物足りなさが残る追い切り。いつもなら抜け出してから相手を突き放すだけの脚はあるが…。結局最後は楽に相手に並びかけられて先着を許してしまった。必死に食らいついてはいるが、今回の動きを高く評価出来るポイントは見当たらなかった。

リスグラシュー

少し頭は高いが走るリズムは非常に良くみえる。ただ、シュタルケを乗せてある程度負荷をかけられた点などには好感が持てるが、馬体の張りを見る感じではまだまだ馬が出来ていない印象で、いつものようなスピードをあまり感じられないのが今の出来を物語っているだろう。実際に良化途上というコメントもあるように、こちらが考えている以上に久々の影響があるのではないだろうか。それでもかなり高いレベルでの評価となるので、普通に過去の動きとの比較ではなく今回の動きでの評価であれば合格点と言えるだけの動きだったのでは。

最後にフィリーズレビューの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なかなか難しいレースだが、馬券は金鯱賞よりもこちらで勝負したい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 フィリーズR(G2)

先着100名様限定!
好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞と同じ舞台で行われる前哨戦・チューリップ賞が、昨年からG2へと格上げ。フィリーズレビューと同じ格付けになったこともあり、あえて本番より距離が1ハロン短いココを前哨戦として選ぶからには

「本番はまず厳しいから、メンバーが手薄なココで稼いでおきたい」
「マイルは正直ちょっと長い。この馬は1400mまでの馬だから」
「本当はチューリップ賞を使いたかったんだけど、オーナー側の意向でココになった」
「とにかく本番前にひと叩きしておきたい」
「そんなに強い馬いなさそうだから、挑戦してみることにした」

などなど、各陣営には様々な思惑が存在する。

しかも、有力馬がチューリップ賞に集中するため、各馬の力が均衡していることも少なくない。そんなレースを、一般競馬ファンは新聞の印や建前しか述べられていない情報を参考にして馬券を買うのだから、まず当たらないのは必然で、波乱決着が多くなっているのも当然なのだ。

競馬界の年度初めとなる3月には新規情報ルートも加入し、業界トップレベルの情報網を有すると自負する弊社シンクタンクは、各陣営の思惑から各馬の力関係など、しっかりと把握してジャッジすることができる。そこで、今週はより多くの方に当社の情報力を実感して頂くべく、フィリーズレビューの【◎-穴・1点馬券】の情報を特別無料公開する。この機会に、是非とも本物の情報を掴んで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク