【中山記念2018】予想考察・アエロリット馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は中山記念に出走を予定しているアエロリットの馬体診断の記事を。

まずは阪急杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは買いたい馬がはっきりと決まっているので勝負したいレース。がっつり狙います。

―【PR】―――――――――――――――

元調教助手「田端正照」監修の情報サイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━

現役記者の持つ情報を無料で公開!

元調教助手「田端正照氏」が
現役時代に築いた人脈、経験を駆使し
有益な情報を入手!

地道に集める情報こそ全てと語る
田端氏の予想を是非ともご体感ください!

>>無料登録はこちら!

※大人気サイトの為お早目にお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダービー2冠馬を育てた屈しの達人

「田端正照氏」監修

今でも週に2度は各厩舎を回り
様々な情報を集め予想に反映させている!

充実の無料プランもあるので
是非無料登録から情報精度をご体感ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の注目メインレースも無料で提供!

「中山記念」

含む2鞍万馬券続出の無料買い目を公開!

▼今週末の特選レース情報を受取る▼

>>無料登録はこちら!

中山記念馬体診断

アエロリット

NHKマイルカップのパドック

この馬の特徴として、短距離馬の割にはとにかく筋肉が柔らかいところ。筋肉量は豊富も大きく、重い筋肉が全くついておらず、骨格も細い。首の使い方も短距離馬とは少し違っており、若干細く綺麗にしなる点がポイント。ここがこの馬のスピードを作り出しているパーツの中の1つでもある。

普段から特別目立つ馬ではないが、それでもマイルカップの日は出来はかなり良かった印象を受ける。過去の記事でも少し触れた事はあるが、この馬は過去のクロフネ産駒と比べるとちょっと馬体が読みにくいタイプではあるが、身体全体は勿論ではあるが、脚の柔らかさなどが異常。この手のタイプは使い込んでも悪くなりにくい馬が多く、休み明けは勿論、逆にガシガシ使われても全くマイナスにならない事がほとんどなので、常に力は出し切ってくる安定感抜群の馬だと言える。

この日はしっかりと身体全体を使って歩けているが、それでも自分のペースを守りながらゆっくりと大きく周回する様子が目に付く。首をすっと前に出しつつも自ら主導権は握って来ないちょっとわがままなタイプではあるが、これがこの馬の良し悪しを見抜く大きなポイントでもある。とにかくこの馬は完全に自分の世界に入っているかどうか、ここが大切。

秋華賞のパドック

前走の秋華賞のパドックではもう見てすぐにダメだとわかってしまう気配。まずこの日はとにかく踏み込みが深すぎる。これだけでかなり力んで歩いているという事がわかるが、それは手綱を引く力からも読み取る事が出来る。この時点で上のマイルカップの記事で触れた自分のペースを守りながらゆっくりと大きく周回する様子、首をすっと前に出しつつも自ら主導権は握って来ないというポイントがどちらも当てはまらない。よって何かしらの理由があって自分の世界に入り込めず、レース前からずっと力んでしまっていたという事がパドックでは確認出来た。

当日のマイナス体重も非常に気になるポイントで、牝馬で間隔がこれだけ空いていたにも関わらずこれだけ馬体重が減ってしまうという事はまず普通ではない。腹回りなどを見ても細く感じるのはこのマイナス体重が影響してのものだろう。もう1つ気になったのは唾液の量か。普段から泡を出して歩く馬ではあるが、この日はとにかく唾液の量が異常。踏み込みの深さ、馬体重、そして唾液の量=普通の状態ではない。これに加えていつものお嬢様気質が見られなかったこの日は明らかに危険な人気馬だったと言える(去年の秋華賞の記事でも触れましたががブログの印通りの馬券はパドックを確認する前に既にしこたま買っていました)

秋華賞の敗戦は距離、ペース、馬場と色々考えられるが、状態面でも完璧ではなかったので今回は馬体重を戻してきていつものこの馬の状態に戻れば巻き返し濃厚か。ちょっと輸送が苦手なタイプかもしれないので中山で出走できるのはプラス材料と言える。後はハンデと展開が課題。

阪急杯の注目馬はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、昨日の記事に対して沢山のメールを頂いておりますが、体調や仕事の関係もあり全く返信出来ていない状況です。共同通信杯の時に頂いたメールの返信もしっかりと出来ていない状況ですが、落ち着き次第返信していこうと思いますのでもうしばらくお待ちください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第92回 中山記念(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
中山記念を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬にはサクラチトセオー、サクラローレル、サイレンススズカ、キングヘイロー、トウカイポイントなどのGI馬がおり、出世レースとして知られる中山記念。

10年には13人気トーセンクラウンが1着、12人気テイエムアンコールが2着となり馬連1万8080円、3連単6万6160円、3連単53万4940円の大波乱となったが、近年は伏兵の激走もなく比較的順当な結果となっている。近10年の人気別の成績では、1人気[3.0.1.6]、2人気[3.1.2.4]、3人気[3.1.2.4]と上位人気馬はともに3勝しており、ここ10年では上位人気馬が馬券圏に外れたのは1度のみ。

過去10年のステップレース別での成績では、前走GI出走馬が7勝しており圧倒的な強さを見せている。GI級が始動戦として出走することも多く、格の違いを見せ付けている。年齢別では4.5歳馬が3勝しているが、連対率では6歳馬が7連対と健闘している。

今年はヴィブロス、ペルシナンアイト、ディアドラ、アエロリットのGI馬にステファノスなど、豪華メンバーが参戦。昨年からGIに昇格された大阪杯やドバイ遠征の前哨戦として位置づけられており注目の一戦でもある。競馬セブンでは有力馬の不安情報や、人気薄確実な激走穴馬の大駆け情報を入手済!馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中山記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第92回 中山記念(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
中山記念を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク