【中山記念2018】予想考察・ペルシアンナイト馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は中山記念に出走を予定しているペルシアンナイトの馬体診断の記事を。お気に入り馬だったのでもっと馬体診断の記事を書いている馬と思っていましたが意外と前走の事などには触れていませんでした。

―【PR】―――――――――――――――

業界屈指!断トツの”的中実績!”

━━━━━━━━━━━━━━━━━

本物の情報だけに拘る”厳選勝負馬券”

■先日も中京06Rにて

「90万9750円」的中!

一般には出回らない厳選された情報が
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「中山記念」

【3連複】の厳選勝負情報!

>>無料登録はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!

02/11・東京12R   65万1400円的中
02/03・東京01R   28万5000円的中
01/28・京都10R   65万3600円的中
01/28・東京07R   13万4250円的中
01/28・東京06R   17万8500円的中
01/14・中山07R   4万1000円的中
01/14・京都09R   14万0100円的中

その他HIGH VOLTAGEの的中実績はこちら

■■完全無料で厳選勝負情報を公開!■■

中山記念馬体診断

・特殊な距離でのレースとなるので人気ブログランキングへの実績が非常に重要となる。

ペルシアンナイト

富士ステークスのパドック

久々の競馬となったが前走からマイナス2キロでの出走。5月から馬体を比べるとほぼ変わりなしといった感じで成長出来ていなかった点はかなり残念ではあるものの、春の段階で既にトモや肩の筋肉量は水準以上で、無駄な肉が全くないこの産駒ではほぼ完璧に近い馬体をしていた。

この日は内面からは少しゆとりを感じたので仕上がりは7.8分といったところだが、それでも筋肉量や絶妙な踏み込みは健在。エアスピネル、イスラボニータなど強豪馬が揃った前哨戦だったが、ここに入ってもこの馬の馬体はそれなりに目立っていた。富士ステークスの馬体回顧でも触れたが、今回の相手で馬体が目立っていたという点からしてやはり普通の馬ではない、かなりの上積みが期待される本番では富士ステークスの結果だけで評価を落とすのは危険、本番でもしっかりと仕上げられれば通用しそうと書いたように馬体だけでいえばまさに本番は買いだったと言える(自分は枠と展開を考えて本番では評価出来ませんでしたが…)

マイルチャンピオンシップのパドック

前走からプラス12キロ増と大幅に馬体重を増やしての出走。全体的に馬体に厚みを感じるが無駄な肉は一切なく太め感も全く感じられない。前哨戦との違いはやはりトモと肩の筋肉の張りで、いつも以上にこの2点が発達しているように感じた。内面にも大きな違いを感じられ、一度使われた事で馬に完全にスイッチが入っており、気合乗りも上々。

ただ、力んで歩いていたとは言えないが、いつもよりも踏み込みが深く感じた点だけは気になってしまった。それでも結果を出したのであまり気にするようなポイントではないかもしれないが、少し踏み込みと繋ぎの部分のバランスが悪くなっている事だけは気を付けておいた方がいいかもしれない(単純にパワー寄りの馬体になっている)

春から言い続けていたように馬体を見ても完全なマイラーという感じはしないので、今回の1800mという距離は全く問題にはならない。踏み込みなどからしてもパワーを必要とする中山コースは歓迎なので、人気を考えると少し嫌うようなポイントをあげたいところではあるが、これといって不安らしい不安はみつからなかった。一つだけ不安点をあげるとするなら前回の休み明けで感じた気配で、おそらく休み明けからいきなりスイッチが入るようなタイプではないだけにあまりにも馬がボケっとしているようなら取りこぼしがあっても。

中山記念の注目ポイントはこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第92回 中山記念(G2)

重賞特捜部の【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年はドバイ国際諸競走の前哨戦としての位置づけもあり、去年からは大阪杯の前哨戦の一つとしても数えられている、一線級が顔を揃える注目の1戦が中山記念。昨年も中山記念をステップにドバイターフを制したヴィブロス、マイルCSの覇者ペルシアンナイト、NKKマイルCを制したアエロリットなど、今年も各路線からGI馬たちが顔を揃える注目の一戦となる。

しかし、前哨戦はあくまで前哨戦。近5年、1番人気が連対したのは16年ドゥラメンテのみであり、しかもクビ差の辛勝だった。そのドゥラメンテにしても、ドバイの前哨戦で「良くて8分」と言うのが陣営の本音。京都記念で圧倒的1番人気レイデオロが3着と敗れたのと同様、一線級の馬たちにとっては、あくまでステップレースに過ぎないということを念頭に置かなければいけない。つまり、昨年8番人気2着のサクラアンプルールのように”勢いが格を凌駕する”というシーンも十分に起こり得るということだ。

しかし、多くの関係者が注目している手前、陣営は「全く自信がない」「デキてない」など、マイナス面を堂々と公表するわけにもいかない。そのため、マスコミに話す外向きのコメントは当たり障りのないものばかりになっていき、一般メディアが発信する情報だけでジャッジすることはまず不可能となる。

元騎手・元調教師といった競馬界の大物OBが情報ルートとして多数在籍する当社シンクタンクには、表には出ない”ココだけの話”が続々と入ってくる。果たして今年の実績馬は信用できるのかできないのか、一発を虎視眈々と狙う穴馬はいるのか。確かな情報網を持つ当社シンクタンクの情報力を知って頂くために、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方限定で、中山記念の【◎-穴1点馬券】の情報を特別無料公開させて頂くことが決定した。この機会に、是非とも「情報競馬の何たるか」を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第92回 中山記念(G2)

重賞特捜部の【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

【PR:中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼

今週の勝負レースは「中山記念」です!

是非情報指数をご覧になってみてください!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から指数情報、無料予想を受け取る

 

スポンサーリンク