【中山金杯2019予想】本命ウインブライト

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて中山メイン、中山金杯の予想を。アドマイヤリード、エアアンセム、コズミックフォース、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、マウントゴールドなどが出走する芝2000mのG3ハンデ戦。

まずは本題の前に中山10レース、カーバンクルステークスの本命馬をあげておきます。

カーバンクルステークス

人気ブログランキングへ

ここは枠とハンデを考えると案外なんでもアリな感じがするレース。2,3頭気になる大穴馬もいるが、ハンデとコース適性の高さを重視してこの馬を本命にする。モズスーパーフレアが外から引っ張る展開になれば流れもこの馬に向くだろう。

京都、中山金杯の予想考察記事はこちら。

【京都金杯・中山金杯予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

中山金杯

本命は去年に続いてウインブライト

ここ3走は全く結果が出ていないが、相手関係やコースが合わずと言い訳の出来る敗戦が多く、前走のマイルチャンピオンシップでも着順こそ9着とはいえ、勝ち馬ステルヴィオとは僅か0.4秒差の競馬と大きく負けていない。

2000mという距離はベストとは言えないかもしれないが、去年2着と結果を残した相性の良いレースで、これまで皐月賞以外では崩れた事のない中山ならまず巻き返し濃厚。小回りコースへの適性の高さなら今回のメンバーの中でもトップクラスと言える存在でもあり、この馬の武器である立ち回りを十分活かす事が出来れば久々の好走に期待が持てるのでは。

少し外寄りの枠を引き当ててしまったが、枠やハンデの影響で人気が落ち着くなら逆に美味しい。

対抗はマウントゴールド

チャレンジカップでは勝ち馬であるエアウィンザーには突き放されてしまったが、単純に相手が悪かった印象で、この馬もそれなりに力があるところは見せたレース。小倉記念で結果を残しているように、小回りコースもこの馬に合っており、本命馬同様に混戦に強い血統という点も心強く、ある程度前々で競馬が出来る強みを活かせば大崩れする事なく走ってくるだろう。

▲にエアアンセム

明け8歳の高齢馬となるが、兄にエアシェイディと遅咲き血統だけに年齢は全く気にする必要はなく、むしろ近走の内容をみると完全に本格化した印象を受けるので、今回のコースであれば手堅く走ってきそう。枠も良いところを引けた。

☆にステイフーリッシュ

距離短縮が大幅プラスに出そうだった前走のチャレンジカップでしっかりと結果を残したように、2000m前後のG3レースなら能力上位と言える存在で、菊花賞では距離や枠順、位置取り、ペースと何もかもが向かない中での着順なので参考外と言えるレース。

去年の京都新聞杯では差し馬が台頭する中で2番手からレースを進めながら直線でそのまま押し切る好内容で結果を残しており、この時相手にした馬がその後のレースで次々と結果を残している事を考えても決して相手に恵まれての勝利でもないだけに、今回の相手ならあっさりまであっても。

ただ、さすがに今回の枠は歓迎とは言えないだけに、当初よりも評価を落として馬券を組む事にした。

大穴なら人気ブログランキングへ

内面を考えると今回の距離がプラスに出るかどうかは微妙ではあるが、近走のレース内容をみても極端に衰えた感じはしないので、この距離延長が良い刺激になれば久々の好走がみられても。あまり中山向きというイメージはないが、過去に重賞で好走した実績もあるので案外ハマる可能性も。

◎ウインブライト
〇マウントゴールド
▲エアアンセム
☆ステイフーリッシュ
穴ブログランキングへ
△タイムフライヤー
△コズミックフォース
△サンマルティン
△ランガディア
△アドマイヤリード

穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<中山金杯・京都金杯>

毎年恒例★金杯でお年玉馬券★

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年の中山金杯は1人気セダブリランテスが優勝。一昨年のツクバアズマオーに続き1人気馬が2連勝。伏兵馬では18年ストレンジクォーク(10人気3着)、11年キョウエイストーム(11人気2着)、10年トウショウヴェイヴ(15人気3着)、09年ミヤビランベリ(11人気3着)などが馬券圏内に好走している。過去10年、中山金杯・上位人気の成績は、1人気[4.1.3.2]、2人気[2.2.0.6]、3人気[1.0.0.9]。平均配当では、馬連2640円、3連複1万4240円、3連単7万0500円。

2018年の京都金杯は4人気ブラックムーンが初重賞制覇。前年のマイルCSを0.3秒差の僅差。GIで差の無い競馬をしており5歳にして重賞勝ちに手が届いた。過去10年、京都金杯・上位人気の成績は1人気[2.2.1.5]、2人気[0.1.2.7]、3人気[2.3.0.5]。京都金杯の平均配当は、馬連3680円、3連複1万5960円、3連単9万1400円。伏兵馬は16年テイエムタイホー(13人気2着)、12年アスカトップレディ(10人気3着)、10年レインダンス(13人気3着)が馬券圏内に好走している。脚質別では逃げ・先行馬が有利となっている。京都芝1600M(外回り)の騎手別成績ではM.デムーロが連対率・複勝率ともトップの数字を出している。

2018年の中山金杯もズバリ的中!正月お年玉開催でも万馬券10本など多数の的中馬券をお届け!今年も年初めの重賞・東西金杯でお年玉馬券をお届けできる強力情報を入手済!お見逃しの無い様ご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中山・京都金杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク