【中山金杯2020予想考察】追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、中山金杯に出走を予定しているクレッシェンドヴ、ギベオン、ザダル、レッドローゼス、テリトーリアルの一週前追い切りに関する記事を。正月ボケの為か間違えて一週前追い切りの記事を作成してしまったので、とりあえずこちらから更新しておくことにします。

去年は約3ヵ月追い切り注目馬の馬券圏内好走が続いた前半。今年もそれ以上を目指せるように頑張りたいと思いますので今年もご期待ください。

3点勝負買い目を無料公開

中山金杯最終追い切り

ギベオン

頭が高く少しラチ側にモタれているが、内面はギリギリセーブ出来ているので、ここは多少の割り引きとしておく。胸は広く感じるが、脚はしっかりと前へ出せており、動きも馬体以上に大きく力強さもある。

反応は少し悪く感じるが、少なくともここ2,3走の動きと比較するとかなり出来は上向いている印象を受けるので、そろそろ一発があってもいい頃ではないだろうか。

クレッシェンドラヴ

動きに一切無駄がなく、身体の使い方やフォームも非常に美しい。さすがに有馬記念を頭に入れて馬をつくってきただけあって仕上がりには抜かりがなく、トモがパンパンに張っている点が出来の良さや今の充実度を物語っている。

追われてからの反応も抜群で、加速してからの脚捌きや直線の伸びをみると何もいう事はないだろう。これはまず好調と思っていい。

ザダル

通ったコースを考えるとあまり過信は出来ないかもしれないが、見た通り今回の追い切りは普通に動いたと思って良さそう。中の馬の手応えや反応、身体の使い方が抜群に良く見えるので、その馬と比べると少し動きは劣って見えるが、最後までしぶとく食らいついていった点は素直に評価できるだろう。

テリトーリアル

頭の位置だけではなく終始重心のブレが目立つ馬で、追って大きくヨレる点は非常に気になるポイントと言える。脚を出すタイミングもバラバラで、全くスピードに乗れていない点を見てもこれといって推せるポイントは見当たらなかった。まずはレースで真っ直ぐ走らせる事が課題となるのでは。

レッドローゼス

頭が高く少し線が細く感じるが、その分馬体に緩さはなくしっかりと引き締まっている。調教パートナーが動かなかった事もあるが、それでも直線で並ぶ間もなくあっという間に突き放した点は高く評価出来るポイントで、抜け出してからもソラを使う事なく最後まで脚を使いきれていた点からすると久々にいい頃のレッドローゼスに戻っている印象を受けた。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 中山金杯(G3)

新年一発目のお年玉情報!
穴の3連単馬券を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

東西で行なわれる金杯は、格付けはG3に過ぎないが、新年最初の重賞ということで、『一年の計は金杯にあり』と一般ファンの注目が高くなり、マスコミもかなり力を入れて報道する。トレセン内外の関係者も同様に、新年最初の重賞を勝つことは絶好のスタートとなるから、競馬に携わる人間にとって、ある意味金杯はGIに匹敵するレースとなる。

そして、金杯は関係者にとって大きなアピール場ともなる。それはスポンサーである馬主へのアピール。個人馬主の多くは会社など本業を持っている人物が多く、勝負事で縁起を担ぐことも少なくない。金杯を勝てば『新年早々、縁起がいい』と上機嫌となり、厩舎にとっては今後の預託に繋がるし、スタッフにはご祝儀がでる場合も。昨今はクラブ馬主が多くなっているが、クラブにとっても、金杯を勝つことは会員向けに大きなアピールとなる。

しかし、馬主が絡んだ思惑というものは、マスコミの取材が及ぶ範疇外。つまり、世間の大半が知ることのできない関係者情報だ。こうした表に出ない裏の情報が、金杯でも馬券的中のカギを握っている。

2019年10月に創業25年を迎えたシンクタンクは、ハイセイコーの増沢末夫、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師の大物OBが数多く在籍し、馬主や厩舎の思惑はもちろん、騎手、エージェント、外厩に至るまで、世間が知ることのできない関係者情報を入手できる態勢が整っている。

新年一発目となれば、誰しも馬券を的中させて気持ちになりたいところ。そんな方々のお役に立つために、特別に【中山金杯・穴の3連単馬券】を無料公開することが決定した。弊社からの『お年玉情報』を、ぜひともお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 中山金杯(G3)

新年一発目のお年玉情報!
穴の3連単馬券を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク