【鳴尾記念2021予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中京メイン、鳴尾記念に出走を予定しているサンレイポケット、ヒンドゥタイムズの最終追い切りに関する記事を。

なお、こちらの鳴尾記念の予想に加え、土曜の勝負レースの予想はnote内での公開となります。

【由比ヶ浜特別2021予想他】6月5日勝負レース

今週も早々に予想へ入りたい為、気合い溜めの金曜となります。

2021年追い切り注目馬

ククナ 1人気4着
ベッラノーヴァ 6人気3着
グラティアス 1人気1着
アナザートゥルース 7人気2着
サトノフラッグ 2人気11着
モズスーパーフレア 1人気17着
レッドルゼル 1人気1着
トリプルエース 2人気7着
ヨーホーレイク 2人気2着
ククナ 1人気3着
モズベッロ 5人気8着
エフフォーリア 4人気1着
マリアズハート 11人気12着
レッドルゼル 3人気4着
レシステンシア 1人気1着
トーセンスーリヤ 4人気5着
テンハッピーローズ 6人気10着
カレンモエ 1人気2着
ダノンザキッド 1人気3着
サトノダムゼル 2人気8着
エイシンヒテン 4人気11着
デアリングタクト 1人気2着
ルース 4人気9着
ランドオブリバティ 2人気7着
シャフリヤール 2人気1着
カレンブーケドール 1人気2着
マルターズディオサ 9人気8着
スマイルカナ 1人気14着
コントレイル 1人気3着
デゼル 1人気1着
サトノレイナス 2人気2着
ラーゴム 5人気13着
ホウオウアマゾン 1人気1着
ミスニューヨーク 3人気9着
パープルレディー 3人気6着
ユーキャンスマイル 5人気7着
ワンダフルタウン 3人気1着
マカオンドール 2人気3着
グレナディアガーズ 1人気3着
ラウダシオン 1人気1着
レシステンシア 2人気6着
ステラリア 5人気13着
オーヴェルニュ 2人気1着
サトノレイナス 2人気5着
モントライゼ 1人気5着
グロンディーオーズ 1人気4着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は荒れるぞ安田記念!

先日の日本ダービーもド本線的中!

本命は断トツ人気のグランアレグリアではない!

【安田記念注目穴馬】

日本ダービー情報注目馬5選

エフフォーリア(1人気)→2着
シャフリヤール(4人気)→1着
ワンダフルタウン
グレートマジシャン
サトノレイナス

オークス情報注目馬5選

スルーセブンシーズ
アカイトリノムスメ(2人気)→2着
ユーバーレーベン(3人気)→1着
ソダシ
ステラリア

NHKマイルC注目馬5選

ルークズネスト
バスラットレオン
グレナディアガーズ(1人気)→3着
ソングライン(7人気)→2着
シュネルマイスター(2人気)→1着

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

【安田記念注目穴馬】

鳴尾記念最終追い切り

サンレイポケット

線の細さや背中のブレは相変わらずも、今週も動きは軽く脚捌きは非常にスムーズだった。先週が終い重点の追い切りだったが、今週は前半から長めに追われており、相手に馬体を併せるとグイグイと力強く伸びて併入ならまずまず追えたと思っていいだろう。

さすがに前走からの上積みは感じられないが、動きや馬体を見る限りその前走と同じぐらいの出来には持って来れたので、ここは次走を考えず全力で取りにきたと思っていいのでは。

ヒンドゥタイムズ

先週ビシッと負荷をかけられている事もあって今週はシャープな動きと軽い脚捌きが目に付いている。ただ、フォームの硬さはほぼ改善されていないので、久々の影響は少なからずあると思っておきたい。

それでもラスト1ハロンの伸びや追われてからの反応は先週とは比べ物にならないぐらい目立っているので、お釣りは残しつつも現時点でやれるだけの事はやったという感じになるか。

仮にこの出来であっさりと勝ち切るようなら次が非常に楽しみになる馬とも言えるが…。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、こちらの鳴尾記念の予想に加え、土曜の勝負レースの予想はnote内での公開となります。

【由比ヶ浜特別2021予想他】6月5日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 安田記念(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、上位人気馬の成績は、1人気[3.2.2.3]、2人気[1.0.1.8]、3人気[1.3.2.4]。
1人気で勝利したのは15年モーリス(海外G1・3勝含むGⅠ・6勝)、14年ジャスタウェイ(海外G1・1勝含むGⅠ・3勝)、13年ロードカナロア(海外G1・2勝含むGⅠ・6勝)の3頭。

昨年はグランアレグリア(3番人気)が断然人気のアーモンドアイ(単勝1.3倍)を負かし優勝、一昨年はGI初出走のインディチャンプ(4番人気)がGI制覇。18年は連闘使いのモスアスコット(9人気)が優勝、17年は7人気サトノアラジンが優勝し3連単28万馬券。
16年は8人気ロゴタイプが優勝し3連単15万馬券。15年はモーリスが1人気で優勝も12人気クラレントが3着に入り3連単12万馬券。14年も16人気グランプリボス2着、10人気ショウナンマイティが3着で37万馬券と波乱となっている。過去10年でも10万馬券以上の決着が6度と人気馬同士の決着が少ない荒れるGⅠである。

過去10年、ステップレース別では京王杯SC・ダービー卿CT・高松宮記念組が2勝。前走国内GI組は【3.5.2.30】と8頭が連対。また、牝馬は16頭が出走し[1.3.0.12]、昨年のグランアレグリア・アーモンドアイのワンツーフィニッシュ、18年17年に2着したアエロリットの3頭が連対している。

過去10年の年齢別の成績では4歳馬が4勝を挙げ、3年連続で優勝している。出走頭数の多い4~6歳馬の活躍が目立つ。

今年は昨年の覇者で前走のヴィクトリアマイルでGI5勝目を挙げたグランアリグレリアが出走。GI5勝中4勝がマイルGIでもありベストパフォーマンスを出せる条件。昨年に続き連覇なるか注目だ。

その他では今年のNHKマイルCの覇者シュネルマイスター、19年の安田記念優勝馬インディチャンプ、19年朝日杯FS優勝馬サリオス、20年NHKマイルC優勝馬ラウダシオン、17年朝日杯FS優勝馬ダノンプレミアムなどのGI馬6頭がスタンバイ!

2017の安田記念は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!直近4年で2度的中のマイルGⅠだが、今年も波乱の演出する隠れ穴馬の存在を独占スクープ!隠れ穴馬が馬券に絡めば好配当馬券間違いなし!馬券購入前に「隠れ穴馬」を必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『安田記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 安田記念(GI)>

グランアレグリア陣営が
恐れる隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク