【NHKマイルカップ2018予想】本命ファストアプローチ

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜の予想は時間の関係で京都新聞杯のみの更新となりましたが、◎アドマイヤアルバが12人気で2着に好走。ただ、相手が来ずで三連系を逃す失態。冷静に考えれば三連複はまず取れただけにちょっと予想が雑すぎた事を反省。ダービー卿チャレンジトロフィーといい今年はちょっと同じような失敗をしている気がするので、時間がしっかり取れない場合は予想を思い切って休む事も考えていきます。

では本日は日曜の東京メイン、NHKマイルカップの予想を。カツジ、テトラドラクマ、プリモシーン、タワーオブロンドン、ギベオン、パクスアメリカーナ、ケイアイノーテック、ルーカス、ミスターメロディなどが出走予定。

去年は◎ボンセルヴィーソで馬券を的中させ大爆発したレース。今年は当たれば帯を目標として去年以上に狙っていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第23回 NHKマイルC(G1)■

昨年は13人気のリエノテソーロの激走情報を入手し馬連1万7290円、3連複5万0600円の万券ダブル的中をお届けした競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる人気薄の激走情報を独占入手済!昨年同様、一撃で帯封獲得の大チャンス!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

NHKマイルカップ

本命はファストアプローチ

札幌2歳ステークス以降はパッとしないレースが続いているが、2着に敗れた芙蓉ステークスの勝ち馬は後に皐月賞で2着に入線するサンリヴァル。

続く朝日杯フューチュリティステークスではダノンプレミアムに早めに来られてしまう厳しい展開となったが、2着のステルヴィオとは0.1秒差の6着なら評価を落とす必要はなく、ステルヴィオとタワーオブロンドンは次走でスプリングステークス、アーリントンカップを勝利しており、ケイアイノーテックはニュージーランドトロフィーで2着とこの時のレースレベルの高さを考えるとこの馬達と接戦を演じた本馬もそれ相応の評価は必要となってくる。

シンザン記念は渋った馬場に加えて位置取りが敗因、前走のニュージーランドトロフィーは使われつつ良くなるタイプなだけに久々が影響したと考えると、良馬場の競馬に加えて今回は叩き2走目、更に大型馬なので東京コース替わりがマイナスになるとも思えないので、あらゆる面で条件が好転するここが買いどころではないだろうか。

枠順はもう少し外が欲しかったが、変にピンク帽を引き当てるよりはマシ。この鞍上なので内枠を活かした競馬が出来ない可能性は十分考えられるが、それを差し引いても今回は買い材料が揃っているのでお釣りが来る計算になる。人気も落ち着いたここは積極的に狙ってみたい。

対抗はタワーオブロンドン

これまでききょうステークス、京王杯2歳ステークスと1400mで強い競馬をしてきた馬ではあるが、追われてから一瞬で2着以下を突き放した前走のアーリントンカップの内容からすると距離はマイルでも全く問題ないだろう。

東京コースを経験している強みもあり、鞍上が少し不安ではあるが、普通に走れば結果はついてくる。

▲にパクスアメリカーナ

前走はタワーオブロンドンには完敗も内からジリジリと脚を伸ばして2着を確保。こぶし賞ではケイアイノーテックを破って勝利しており、これまで戦ってきた相手もなかなか骨っぽいので、更にメンバー強化となる今回でも格負けするような事はない。

☆穴に人気ブログランキングへ

人気はあまりないと思うがマイルであれば能力的にこの馬が流れ込んでくる事も十分あり得る。今回は距離だけではなく東京コース替わりが大きくプラスになりそうで、混戦になればなるほど適性の差が活きるのではないだろうか。

前走は特別レース内容に見所があった訳ではないが、初勝利時の内容はやはり優秀で、見せ場をつくれなかったレースに関しては言い訳が出来るので、今回の人気で買えるのであれば迷わず上位評価しておきたい。

◎ファストアプローチ
〇タワーオブロンドン
▲パクスアメリカーナ
☆穴人気ブログランキングへ
△ギベオン
△テトラドラクマ
△カツジ
△プリモシーン
△リョーノテソーロ
△カシアス
△ミスターメロディ

☆穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第23回 NHKマイルC(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

牡馬、牝馬ともクラシック路線から外れた馬が多く、ステップとするレースも様々で、世間的には力関係を把握することは一筋縄ではいかないのが、GI・NHKマイルカップ。事実、過去10年で2桁人気馬が9頭も馬券に絡んでいる。今年のメンバーを見ても「抜けた馬がいる」と断言できる人間は少ないであろう。マスコミも、まず“混戦”と煽り立てることは目に見えている。

しかし、ハイセイコーの主戦騎手だった鉄人・増沢末夫、無敗の名馬マルゼンスキーの手綱を執った中野渡清一、2冠馬サクラスターオーを育て上げた平井雄二など、元調教師・元騎手などを始めとした競馬界の大物OBや現役関係者、馬主関係者が『情報ルート』として在籍するシンクタンクは、そんな世間の“混戦”ムードには決して惑わされない情報力を有している。

例えば、世間ではラッキーライラックの一強と見られていた今年の桜花賞では「決して“一強”ではない」と断言し、アーモンドアイを確信の本命に指名。その結果は言わずもがな。どちらが“1強”であったかハッキリとわかる完勝劇を挙げている。

そして、今週のNHKマイルカップでは「鉄板級と言える軸馬が存在する」とのこと。

本来であれば、この手の情報を無料で公開することは避けねばならぬところだが、今回は特別も特別。シンクタンクの情報力を広く知っていただくために、NHKマイルカップ【3連単勝負馬券】の情報を、先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。この機会に、当社の”本物の情報力”を是非とも体感して欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第23回 NHKマイルC(GI)

先着100名様!万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク