【NHKマイルカップ2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、NHKマイルカップに出走を予定しているシャインガーネット、ギルデッドミラー、サトノインプレッサ、タイセイビジョン、ルフトシュトローム、レシステンシアの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着

約3ヵ月好走馬を指名出来ていた追い切り注目馬も先週ついに途切れる形となってしまいました。ただ、予想に関しては重賞以外はそこそこ好調だったので、今週も先週と同じような傾向が続くようなら重賞以外のレースでも勝負レースを公開するかもしれませんので、追い切り注目馬共々ご期待下さい。

そして、とにかく好調だったのがゴールデンウィークの地方競馬。

かきつばた記念予想結果

1着▲ラプタス
2着◎ノボバカラ
3着〇ドリームドルチェ

3連複 1,130円 3連単 3,010円

かしわ記念予想結果

1着〇ワイドファラオ
2着☆ケイティブレイブ
3着△サンライズノヴァ

兵庫チャンピオンシップ予想結果

1着◎バーナードループ
2着〇ダノンファラオ
3着▲サンデーミラージュ

3連単 1,080円

東京湾カップ予想結果

1着▲マンガン
2着◎エメリミット
3着〇デスティネ

3連単 4,900円

かしわ記念で中穴のワイドファラオを対抗にしておきながら馬券を外してしまう失態こそあったものの、その他のレースは全て本命、対抗、三番手決着のド本線。

今年の地方競馬はやたらと対抗、三番手などの人気薄馬が走りまくっているので、中央のように攻めの買い方で馬券を購入するのも悪くないのかも、と思いながらも、今週はまずは数をしっかりと当てる事を、と思い印を打った事が功を奏しました。

毎年地方は早い段階で年間プラスを確定させるなど、マイナス収支で一年を終える事がほぼない得意の条件ですが、今年もここに来てかなり波に乗ってきた感じですので、そろそろ去年のような大爆発がありそうな予感がしています。

この調子で今週末も大回収出来れば最高なのですが、あまりグイグイと攻めすぎるといつもの自分の悪い癖が出てしまうと思うので、先週のように冷静に美味しく当てる事の出来るレースを選びたいと思います。

NHKマイル穴馬3頭

NHKマイルカップ(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

NHKマイル(G1)を無料で見る

NHKマイルカップ最終追い切り

ギルデッドミラー

脚捌きが硬く全体的に力強さに欠ける物足りない動き、追い切りとなっている。トモにも緩さが残っており、最後までスピードにも乗れなかった点からするとそろそろ連戦の疲れが出てきたか。今回はクラスを考えると物足りなさが残る追い切りとなってしまった。

サトノインプレッサ

調教パートナーに全く食らい付けずに大きく先着を許してしまった先週の追い切りの内容が内容だったので今週の変わり身に期待していた一頭ではあるが、若干追われてからの反応や身体の使い方が改善されたとはいえ、全体的な動きは大きく変わった様子は感じられない。

馬体の割には身体の使い方がかなり小さく感じる点や、脚捌きに鈍さがある点は当然のようにマイナスで、トモの張りもイマイチのように感じる辺りが今回の仕上がりの甘さを示しているか。

パーツや胸の深さは素晴らしいが、ここはまだまだ良くなる余地を残しての出走になりそうなので、一応追い切りでは動かないタイプでもある程度時計が出ている点は評価するが、良くても前走と同じぐらいの仕上がりと思った方がよさそう。

シャインガーネット

見ての通りある意味滅多にお目にかかれない追い切りで、内面が強く表に出ている事もあって完全に馬がリズムを崩している。ただ、落ち着きを取り戻してからの動きは良い意味で至って平凡という感じで、脚を出すタイミングが素晴らしく、当然のようにフォームにも一切ブレがない非常に安定した走りとなっている。

可動域の広さはイマイチのように感じるが、この産駒はピッチ走法の馬が多い印象を受けるので、おそらくここに関しては父の血が影響してのものだろう。

それでも前半にエネルギーを使ってしまった事もあり、後半は大きく減速して相手に遅れを取ってしまったので、ちょっとこの気の悪さからしても手を出すのには勇気がいる一頭と言えるが…。少なくともマイルという馬ではない。

タイセイビジョン

頸の使い方が上手く、全体的な走りのバランスも素晴らしく見える一頭。トモの大きさには比例しない脚捌きの軽さも大きな特徴で、このパーツの影響もあってパワー、スピードどちらも兼ね備えた万能タイプに出ている。

もう少し負荷をかけてきて欲しかったというのが本音ではあるが、それでも馬体の緩さなどは一切感じられない隙のない仕上がりとなっているので、内面を含めてこれだけしっかりと馬をつくれば走れる態勢はまず整ったと思っていいだろう。

ルフトシュトローム

先週同様に気持ちが強く表に出ている点はマイナスとなるが、今週は頸も使ってリズム良く軽快に走れていた。先週感じた硬さも改善されており、脚を大きく前へ出して力強く走る姿はそれなりに見栄えしている。

ただ、頸差しや胴の詰まり具合からすると完全にスピードタイプと言えるので、どちらかと言えば距離を縮めたタイミングで厚い印を打ちたくなるが。走りに迫力は感じられるが、先週に続いて発汗が大きく目立っている点もマイナスとなる。

レシステンシア

やはり全体的な線の細さからすると前走からの上積みは全く感じられないが、それでも力強く地面を蹴り上げてグングン伸びてきた辺りが能力の高さと言えるか。

先週は脚の使いどころもあってか最後は脚があがってしまったが、今回は前半から気分良く自分のリズムで走れており、最後まで息を切らす事なくしっかりと走れていたので、前走と同じぐらいの出来には持って来れたと思っていいだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なかなか評価が難しいが、すべてにおいての安定感という意味ではこの馬になるか。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 NHKマイルC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

創設から早くも四半世紀、古くは『マル外ダービー』として名馬を輩出してきたが、時を経て意味合いも変わってきた。近年はクラシックにこだわらず、適性重視でレース選択をすることが増えたため、桜花賞、皐月賞から有力馬を駒を進めてくることも当たり前となった。

今年も、2歳女王レシステンシアが桜花賞からコチラへ矛先を向けることに。血統面、馬の個性を考えると、この選択もほぼ既定路線と言えるが、その裏には大手牧場の使い分け、すなわちノーザンファームの思惑が見え隠れする。

GI馬だからといって即信用できるかと言えば、そう簡単な話ではない。もともと、目標としていないレースを楽に勝たせてもらえるほど、GIは甘くない。

去年、桜花賞馬グランアレグリアが敗退し、40万馬券決着となったことは記憶に新しいが、NHKマイルCは昔から波乱決着が起こりやすい条件が揃っている。

攻略のカギは、各陣営の思惑を把握すること。すなわち、本物の関係者情報が必要となる。

しかし、5月末まで無観客競馬が続き、トレセンでの取材規制が厳しくなっている中、一般ファンの方々が知ることができる情報は、ますます少なくなってしまっている。

こんな状況でも、こんな状況だからこそ、ぜひとも弊社シンクタンクの情報を頼りにしてもらいたい。

ハイセイコーの主戦騎手だった増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBが在籍し、古くから関係者達と信頼関係を築いてきた弊社は、情報ル―トたちが電話、メール、LINEなど個別に連絡をとって話を聞くことができる。これまで同様、シンクタンクの情報力は十二分に生き続けている。

少しでも競馬ファンの助力になるべく、今週はNHKマイルCの関係者情報、そして馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。この機会に、“本物”を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 NHKマイルC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク