【日経新春杯2018】予想考察・ミッキーロケット、ソールインパクト馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、日経新春杯に出走を予定しているミッキーロケット、ソールインパクトの馬体診断の記事を。

まずは日経新春杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

少し寂しいメンバーとなりそうですがそれならこの馬でも十分足りるでしょう。意外と馬券的には面白くなるかもしれません。

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!京成杯の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

日経新春杯馬体診断

ミッキーロケット

菊花賞のパドック

まずはここ最近で一番出来が良かった菊花賞のパドックから。この日は前走からプラス4キロでの出走。前哨戦の神戸新聞杯で馬体重を大きく減らしていたので増やしてきたのは理想的だった。G1らしく毛艶も良好でいつも以上に集中して周回出来ており、特別何かに特化したような馬体ではないが、どこを取っても平均点以上の優等生タイプの馬。

特徴をあげるならキングカメハメハ産駒らしく少しコロンとした体型ではあるが、全体的に馬体をみた時の頸や胴の中心から臀にかけてのバランスが中、長距離向き。歩様や柔らかさにもこれといって大きな特徴がある馬ではないが、中、長距離向きの馬体にしてはバネもあるタイプではある。

中日新聞杯のパドック

前走からプラス6キロ。太いとは感じなかったが、トモの張りなどをみると少し緩い感じも。使われて更に良くなると思ったが、ここでもしっかりと結果を出してきた。

バランスは相変わらずといった感じだが、筋肉が付くところに付いたので以前よりも重苦しく感じてしまうが、これはこれでプラスになると思うので決して悪い印象は受けない。

今回の距離延長は間違いなくプラスで、前走を使われて更に馬が良化してきそうなここは久々の勝利に期待が持てそう。ハンデが大きな課題となりそうだが、相手関係、コース適性、状態面とそれ以外では特に不安らしい不安がないここはまずこの馬が中心となるレースだろう。

ソールインパクト

アルゼンチン共和国杯のパドック

前走から馬体重の増減無し。長めの距離を走っている割には筋肉質な馬で可動域もどちらかといえば狭いタイプ。肩やトモの筋肉をみるとディープインパクト産駒っぽさがモロに出てはいるが、脚捌きなどは母の血の影響が大きそうな馬で少しごとごとした感じ。

七夕賞の時は踏み込みが深く少しパワー型っぽい印象を受けたが、アルゼンチン共和国杯のパドックでは踏み込みは若干深く感じたものの、飛節の伸びや歩くリズムなどが全く違ってみえた。

使われての影響、逆に使われなかった影響がここに出る事は他の馬でも多々ある事なので珍しい事ではないが、この馬に関してはそれらが全く当てはまらない。馬体のツボ、ストライクゾーンが広く、更にこれが芦毛ときたら掴み所が全くわからない馬と言える。

一応間隔があいている時よりも詰まっている時の方が馬体の柔らかみ、覇気を感じるので、今回は前走の条件やそれらの特徴を踏まえて考えると軸には相応しくない。ここはハンデ差を活かしてどこまでといった感じ。

日経新春杯の注目馬はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第65回 日経新春杯(G2)

<<参加者全員!>>
万馬券を狙う【お年玉馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

有馬記念後の中長距離の重賞、ハンデ戦ということで、一線級からの参戦は決して多くはないが、賞金の高いG2ということもあり、重賞で上位争いを演じてきた実績馬や、新年の飛躍を狙う素質馬らが参戦することで、以前と比較して注目度が増してきた1戦だ。昨年は、当時準OPの身だったシャケトラが2着、一昨年はオープン入り直後のシュヴァルグランも2着と、後にGI戦線で活躍する馬の名も見られる。

ハンデ戦故に、斤量差も踏まえた上で、各馬の間にある実力差を的確にジャッジすることが馬券的中へのポイントとなる。しかし、最大のポイントとなるのは各陣営の思惑。「今の内に賞金を加算して春に備えたい」という陣営もいれば「この後は放牧に出す予定だから、とりあえず使うことにした」という陣営もおり、同じ実績馬でも全く参戦の経緯が違うこともある。

また、格下からの挑戦でも「今年はこの馬に期待しているんだ。ココでも勝ち負けになる」という陣営がいれば「自己条件だと適鞍がないし、ココなら斤量が軽いからね。賞金でも咥えて帰ってきてくれれば御の字」という陣営も。こうした情報さえ入手出来れば、どの馬を買うべきかは一目瞭然だが、建前しか載らない新聞紙やネット上の誰でも見れる情報上では、こうした陣営の本音を知ることはまず不可能と言っていい。

もちろん、創業23年を誇る当社は、今年も各陣営から本音を聞き出せる情報収集態勢が万全に整っている。そこで、今週は当社シンクタンクの情報を初めて入手する方に限り、日経新春杯の【お年玉馬券】や、出走各馬の関係者情報の一部を特別無料公開することが決定した。馬券を買う予定のある方は、是非とも馬券的中のポイントとなる”本物の情報”を入手して頂きたい。(※お年玉馬券の公開は初めてシンクタンクを利用する方に限らせて頂きます)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第65回 日経新春杯(G2)

<<参加者全員!>>
万馬券を狙う【お年玉馬券】を
特別無料公開!

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク