【ニュージーランドトロフィー2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、ニュージーランドトロフィーに出走を予定しているアガラス、ヴィッテルスバッハ、グラナタス、ミッキーブラック、メイショウショウブの最終追い切りに関する記事を。

まずはこちらのレースの予想オッズを。

予想オッズ

1 アガラス 2.3
2 ミッキーブラック 4.4
3 メイショウショウブ 5.3
4 ヴィッテルスバッハ 6.6
5 グラナタス 7.8

予想オッズをみているだけでいかにも荒れそうなレース。アガラス、ミッキーブラック共に信頼度の高い人気馬ではないですし、他の馬の実績を考えても重賞とは思えないほどレベルの低いレース。ここはハードルをかなり落として予想する必要がありそう。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

その他週末の重賞の一週前追い切りに関する記事はこちらから。

【桜花賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

NZT最終追い切り

アガラス

終始調教パートナーに馬体を併せていたので直線での動きがほぼ確認出来ないが、ちょっと身体の使い方が小さく感じる。その影響もあって押してもなかなか伸びず、相手を交わすまでにかなり時間がかかってしまった。エンジンがかかるのが遅いというよりもスピードに乗れていないというのが正解か。最後はびっしりと追われた相手になんとか先着するも、弾け切れなかった点は多少の割り引きは必要では。可もなく不可もなくといった感じ。

ヴィッテルスバッハ

先週の追い切りを踏まえた上での今回の追い切りとなったが、ジョッキーが乗っている割には動きに活気がなく、思ったほど進まない印象を受けた。多少脚が外へ流れている点がスピードに乗れない大きな原因といえ、勝負所でもたつく事はなかったにしても相手の前にすっと出る事が出来なかったのは減点ポイントだろう。可動域の広さや身体の使い方をみてもまだまだ馬が幼い。

グラナタス

頸差しの影響でフォームは沈まないが、頸の可動域は最低限の広さにはある。胴がぎゅっと詰まったタイプなので距離に関してはもう少し短い方が合っている印象を受けるも、案外身体に柔らかさがある馬で、脚捌きも非常にスムーズだった。エンジンがかかってからのスピードは父らしいものがあり、極力パワーを必要としない馬場になれば出番があってもよさそう。トモや肩の張りは抜群なので、馬は出来ている。

ミッキーブラック

調教パートナーがかなりめちゃくちゃな動きなので横のこの馬の動きが目立って見えるが、単体で見ると特別なものは感じられない地味な追い切り。フォームは安定しているが前脚が上がらず、脚の回転も遅く感じる。相手が走らない事もあって大きく先着する事になるも、この馬自身最後は脚があがっており、徐々にフォームが乱れていた点は見逃せないポイントだろう。血統を考えると動きはこんなものなのかもしれないが、これといって評価出来るような動きでもなかった。

メイショウショウブ

ラチ沿いにモタれてしまうが、追われるとしっかりと修正されている。この産駒にしては多少線が細く感じるも、脚の回転は速く、リズムの刻み方も非常に良く見える。何よりエンジンがかかってからのスピードが抜群で、少しフラつく場面も見られたが、それでも最後まで脚色が衰える事なく走り切った点は高く評価する必要がある。乗り役との呼吸が合っていた事は確かではあるが、良い追い切りを消化出来たと言えるだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ドンカスターマイル、ニュージーランドトロフィーの予想はnoteで公開しています(まずはニュージーランドトロフィーの予想から公開しています。ドンカスターマイルの予想は土曜の午前中には追記出来るかと思います)

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 桜花賞>

ダノンファンタジー?
クロノジェネシス?
グランアレグリア?
危険な人気馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年は、昨年の2歳女王ダノンファンタジア(5戦4勝)、阪神JF2着クロノジェネシス(4戦3勝)、朝日杯FS3着グランアレグリア(3戦2勝)、3強対決となる今年の桜花賞。昨年はシンザン記念から桜花賞に直行した異例のローテーションで優勝したアーモンドアイだが、今年も異例のローテーションとなるフェアリーSから直行するフィリアプーラが参戦。昨年の続き間隔をあけたぶっつけ直行でGIを制することができるのか注目。

3歳牝馬重賞ではクイーンC的中、フラワーC的中やフィリーズRでは馬連1万4320円、3連単15万4980円の特大万馬券的中!3歳牝馬クラシックの1戦目となる桜花賞は3強対決が注目される中、虎視眈々とGIタイトルを狙う激走穴馬の存在が。あのジョッキーが「勝てる力はある」と豪語する人気薄激走穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク