【オークス2020予想】本命クラヴァシュドール

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、オークス(優駿牝馬)の予想を。デアリングタクト、デゼル、クラヴァシュドール、ミヤマザクラ、ウインマリリン、スマイルカナなどが出走する芝2400mのG1レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

土曜は人気の読み違いなども含めてダメな一日。日曜も数は打ちませんが、何とかオークス一本で先週の分まで捲ってやりたいと思います。

まずは本題のオークスの予想の前に東京1400m戦、フリーウェイステークスの予想を軽く。

フリーウェイステークス

人気ブログランキングへ

またまた理想の枠が引けずという事もあって勝負レースからは除外しますが、このぐらいの人気で買えるなら迷わず軸で。

時間があればまたこちらに午後のレースを追記しますが、今日も一日競馬という日にはならないと思うので、追記出来る可能性はそこまで高くないかと思います(追記する場合は傾向が割と掴めている京都のダート戦)。

オークスの穴馬3頭

オークス(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

オークス(G1)の予想を無料で見る

オークス

本命はクラヴァシュドール

前走の桜花賞では直線で上手く内を突いたが、結果案外弾ける事が出来ずに4着止まりの競馬。ただ、3コーナー入り口付近で他馬に寄られてしまい、位置取りが極端に悪くなってしまう不利があっての結果なので、仮にあそこで無駄な脚を使っていなければ馬券圏内はほぼ確実に狙えた内容と言える。

これまで何度も書いているように、やはりこの馬に関してはサウジアラビアロイヤルカップでサリオスの2着に好走した時の内容が強く印象に残っており、外から上がり33.1の脚を使って一旦は相手を交わすところまでいったが、最後は通ったコースの差が出てしまい結果2着まで。

それでも勝ち馬であるサリオスは暮れのG1朝日杯フューチュリティステークスを快勝し、その後も皐月賞でコントレイルの2着に入線するなど、牡馬トップクラスの能力の持ち主という事を考えると悲観する内容でもなく、むしろこの馬と0.2秒差の競馬に持ち込めた事を高く評価すべきでは。

前走の桜花賞を含めてサウジアラビアロイヤルカップ以降のレースでは歯痒い競馬が続いているものの、3着に敗れた阪神ジュベナイルフィリーズは展開や道中の位置取りを考えるとかなり強い競馬をしており、年明け初戦となったチューリップ賞でも後の桜花賞、NHKマイルカップで好走するレシステンシアをあっさりと交わして2着に入線するなど、常に同世代のトップクラスの牝馬を相手に大崩れする事なく走っているので、今後も条件次第では重賞の一つや二つ簡単に取れるだけの存在と言えるだろう。

そもそもマイルを走れるだけのスピードも十分ある馬とはいえ、馬体を見ると本質は完全に中距離~の馬なので、距離はまず延びてこそのタイプ。

よって今回の東京2400mという舞台設定に関してはツボの可能性が高く、このコースであればデアリングタクトやデゼルといった強力な無敗馬が相手であっても適性や経験値の差で逆転出来る可能性はそれなりに残されていると思うので、直線でこの馬達よりも先に抜け出す形に持ち込めば、過去にヌーヴォレコルトがハープスターの追撃を凌いだようなパターンが十分ありそうな気もするが…。

出来ればもう少し人気を落として欲しかったが、デアリングタクト、デゼルがここまで票を集める事になるなら馬券は予定通りここから組み立てる形でいいだろう。

対抗はデアリングタクト

前が残る展開を後方から一気に差し切った桜花賞の内容からすると今回も楽々勝ち切ってくる可能性は高いと思うが、条件は前走の桜花賞の方が合う印象を受けるので、今回の馬場や展開次第では取りこぼしも頭に入れておいた方が良さそう。

ただ、桜花賞もそうだったが、2走前のエルフィンステークスで見せたパフォーマンスの高さは疑いようがないので、ここの結果次第では牡馬が相手のレースでも勝ち負け出来るだけの存在と言えるだろう。

▲にデゼル

本来であればこの手のタイプは嫌ってナンボかもしれないが、直線でロスのある競馬になりながらもほぼ馬なりでぶっこ抜いてきた初戦の内容や、経験豊富な馬を相手にしながらも大外から楽々突き抜けた前走のスイートピーステークスの内容は見た目通り相当強烈なインパクトがあったので、今回は個人的な期待込みで3番手まで印を上げてみた。

これまで僅か2戦、それもスローしか経験したことのない馬がいきなりのオークスというのはハードルが高すぎるが、カワカミプリンセス以来の衝撃をそのまま印に落とし込む素直さ、直感もたまには大切だと思うので、ここは多少なりとも疑いの目で見ている自分の気持ちを大きく裏切ってくる方に賭けてみるのも悪くないだろう。

経験値の低さ以外にも短期間での2度の輸送など、他にも気になる点を挙げればキリがないが、宝塚記念を蹴ってまでこの馬に乗ってきた鞍上の意欲には怖さしか感じられない。

☆穴に人気ブログランキングへ

マイルで大きく負けて距離延長で巻き返してくる辺りがいかにもオークス向きの馬で、今回の距離延長が大きくプラスに転べば桜花賞組に割って入れる資格は十分あるだろう。

厳しい競馬を2度も経験出来ているという点にも好感が持て、特殊な馬場で行われた桜花賞を使わなかった事も結果的には正解だったという事になるので、波乱があるとすれば本馬のような裏路線組の台頭があった時になるのでは。

◎クラヴァシュドール
〇デアリングタクト
▲デゼル
☆穴人気ブログランキングへ
△ミヤマザクラ
△ウインマリリン
△ウインマイティー
△リリーピュアハート
△スマイルカナ
△アブレイズ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第81回 オークス(G1)>

桜花賞馬デアリングタクトは
無敗で2冠達成なるか!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、桜花賞組から11頭が連対、内7頭が優勝。忘れな草賞組からは昨年のラヴズオンリーユーら3頭の優勝馬が出ている。桜花賞組に続き出走頭数の多いフローラS組からは、10年の同着優勝となったサンテミリオンがいる。スイートピーS組みは18頭が出走し連対したのは昨年2着のカレンブーケドール1頭のみ。500万条件組も14頭が出走し馬券圏の好走はなし。近年では桜花賞・フローラS・忘れな草賞の3レースが主体となっている。

過去10年、桜花賞馬がオークスを制したのはアーモンドアイ、ジェンティルドンナ、アパパネの3頭。その3頭は秋華賞も制し3冠馬になっている。また、桜花賞で掲示板外からオークスで馬券圏に巻き返したのは17年アドマイヤミヤビ(桜花賞12着→オークス3着)、15年ルージュバック(桜花賞9着→オークス2着)、13年メイショウマンボ(桜花賞10着→オークス1着)の3頭。

過去10年の人気別の成績では、1人気[5.2.1.2]、2人気[1.2.4.3]、3人気[2.0.1.7]と上位人気馬が安定した成績を残しているが、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝し波乱となっている。平均配当では、馬連8990円、3連複1万1880円、3連単10万16200円。3連単では10万馬券以上が3度、最高配当では11年の54万馬券が出ている。

今年は3戦3勝で桜花賞を制したデアリングタクトが無敗でオークスに出走。無敗でオークスを制したのは1943年クリフジ、’46年ミツマサ、’57年ミスオンワード、2006年カワカミプリンセス、2019ラヴズオンリーユーの4頭。無敗の桜花賞馬でオークスに出走し連対したのは1990年アグネスフローラ2着、1991年シスタートウショウ2着の2頭のみ。今年の桜花賞を制した無敗馬デアリングタクトは無敗で2冠達成なるか!?

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オークス3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク