【オーシャンステークス2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて土曜の中山メイン、オーシャンステークスに出走を予定しているタワーオブロンドンの一週前追い切りに関する記事を。

仕事が休みになってしまったので適当に面白そうな地方競馬の予想を更新する予定でしたが、案外予想に時間がかかってしまった事もあって急遽こちらの記事を更新する事になりました。

タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、ナックビーナスなど例年のこのレースに比べるとメンバーもそこそこ揃った印象ですが、穴っぽい馬がゴロゴロいますので、こちらのレースも馬券は非常に難しそうな一戦になりそうです。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

3点勝負買い目を無料公開

オーシャンステークス

タワーオブロンドン

ウッドコースで調教パートナーであるレッドゲルニカを5馬身追走。直線でエンジンがかかると一瞬でエンジンがかかり、相手に併入するところまでやった。頭が高く身体の使い方も上手いとは言えないが、休み明けとして割り切って考えればまぁこんなものだろう。

馬体に張りはあるが、ひばらのラインがまだまだ緩いので、もう少し絞れれば本来のこの馬の素軽さが出てくると思うが、おそらくこの厩舎なので今週も負荷をかけてくる事はないか。よって今回はいい意味でも悪い意味でも休み明けという仕上げで出て来るのでは。

ただ、相手に併入とはいえ、こちらは終始馬なりでの調整。相手との手応えの差を考えると着差以上に評価出来る追い切りと言えるので、見た目通りの評価をするのは少々危険かもしれない。

予想オッズ

1 タワーオブロンドン 1.7
2 ダノンスマッシュ 2.6
3 ナックビーナス 5.6
4 ダイメイプリンセス 13.9
5 ハウメア 18.3

1人気は当然タワーオブロンドンになるか。前走の勝ち方は勿論、ここまで全く大崩れする事なく走っている馬なので、前哨戦とはいえ、今回もまずそれなりに格好はつけてくるだろう。

それでも今の日本のスプリント路線ならトップクラスの能力を持つダノンシュマッシュ、中山1200m戦はベストのナックビーナスもそう差のない人気に支持される事になると思うので、これらの馬の能力を考えると波乱が多い重賞でも案外人気同士での決着となる可能性も…。

最後にオーシャンステークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

とは言っても過去には◎ベイリングボーイでやらかしたレースなので、当日は当たり前のように穴を狙う事になりそうです。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第57回 弥生賞(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年亡くなったディープインパクトの功績を讃え、今年より弥生賞ディープインパクト記念と名称が変わったものの、皐月賞のトライアルレースかつ、クラシックを占う上で注目のレースという位置づけはこれまでと同様だ。

しかし、近年は外厩制度の充実で、調教技術の発達が進み、過去のような“王道ローテーション”が失われつつあり、このレースから皐月賞を制したのは2010年のヴィクトワールピサまで遡らねばならない。ココへ出走してくる陣営、特にクラシック戦線に有力馬を多数送り込むことになるであろうノーザンファーム関連馬には注目せねばならない。

無論、ノーザンファーム関連馬が必ずも勝ち負けになるという話ではない。事実、メイショウテンゲン、ダノンプレミアム、カデナと、ここ3年の勝ち馬は全て非ノーザン、非社台グループの馬なのだ。

トライアルの基本的な考え方として、「ココが叩き台」の馬もいれば、「確実に権利を取りたい」と勝負を懸ける馬もいるわけで、表向きの建前コメントでジャッジするには難解なレースになってきている。

弊社シンクタンクは、競馬界の大物関係者を多数情報ルートとして揃え、騎手、厩舎、馬主、エージェント、外厩、牧場などなど、あらゆる人物から建前ではない本音を聞き出せる態勢を整えている。弥生賞に関しても、レースの核心に迫る、的中に繋がる情報を入手することができる。

競馬界には『建前ではない本音の情報』があることを、一人でも多くの競馬ファンの方に知ってもらうべく、シンクタンクが入手した弥生賞の関係者情報と絶対に買うべき【5頭の馬券候補】を無料公開する。ココでしか知ることができない情報をぜひとも見ていただきたい。馬券を買うつもりなら、『マスト』と言っていい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第57回 弥生賞(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク