【大阪杯2019予想考察】穴馬 一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、大阪杯に出走を予定しているアルアイン、エポカドーロ、キセキ、サングレーザー、ペルシアンナイト、ワグネリアンの一週前追い切りに関する記事を。

その他の一週前追い切りに関する記事はこちら。

【大阪杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

大阪杯一週前追い切り

アルアイン

馬体に余裕は感じられるが、地面を蹴る力は強く、馬力はさすがのもの。この厩舎にしては珍しく一週前にしては少々軽い追い切りとなったが、動きだけ関してはそれなりに目立っており、今週負荷をかけて素軽さが出てくればまず仕上がりそうな雰囲気も。今回は可もなく不可もなくといった評価としておくが、大きな減点材料は見当たらない。

エポカドーロ

こちらも馬なりの楽な追い切りではあるが調教パートナーにはあっさりと先着しており、手応え以上に馬は動いている印象を受けた。フォームも美しく、終始自分のリズムを守りながら走れていた点にも好感が持てる。ただ、脚の回転は若干鈍く、ここの影響もあって多少重苦しい動きに見えてしまうのがちょっと引っかかるが、先ほど触れたように自分のリズムで走っているのであまり気にする必要はないのかもしれない。まず今週ビシッと追われた時の動きを確認したい。

キセキ

頭の高さが目に付くが、頸の可動域に違和感は感じない。多少脚が外へ流れるも、最低限スピードには乗れている。長く追われている割には最後までバテる事なく脚を使えており、十分に負荷をかけられている点も評価する必要はあるだろう。脚捌きも軽くスムーズに脚を出せているので、久々でも走れる態勢は整ったと言えるのでは。今週は軽い追い切りで十分だろう。

サングレーザー

フォームは安定していて重心のブレも見られないが、脚が外へ流れていて前半はスピードに乗る事が出来ていない。追われてからの反応や伸びは上々も、去年感じられた迫力満点の動きとは程遠い感じも。もう少し負荷をかけて欲しかったというのが本音ではあるが、久々の競馬、楽な追い切りという事を考えると動けている部類か。ただ、馬体は少し緩い。

ペルシアンナイト

おそらく意図的だとは思うが流す程度のかなり軽い追い切り。これでは動きを評価する事は出来ないが、前走時感じた硬さに関してはある程度解消されている印象を受けた。ただ、脚はあまり上がっていないので、このひと追いである程度馬体がほぐれて馬に活気が戻ればという感じ。最終追い切りに期待したい。

ワグネリアン

頭が高く身体全体を使った走りとも言えないが、可動域に関してはそこまで狭い感じはしないので、今週はもっと動ける可能性は高そう。ある程度内面にもスイッチが入っており、軽く追われただけで調教パートナーにしっかりと先着した辺りがさすがダービー馬という感じ。おそらく手応え的に負荷をかけていれば相手をぶっちぎっていただろう。案外馬体にも張りがあるので、久々でも怖い存在と言えるのでは。

最後に大阪杯の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なかなかのメンバーが揃いましたが、あまり人気がなさそうなこの馬にもチャンスはありそう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 大阪杯>

GI馬7頭参戦の豪華メンバーも
買えるのはアノ3頭

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GIに昇格してからの過去2年は、キタサンブラック、スワーヴリチャードが人気に応えて優勝し2年連続で1人気が勝っている。今年は好メンバーが揃い大混戦模様。有馬記念で悲願のGI制覇を成し遂げたブラストワンピースや昨年のダービー馬ワグネリアン、一昨年の菊花賞馬キセキやステルヴィオ、アルアイン、マカヒキ、エポカドーロなど7頭のGI馬に、サングレーザー、ペルシアンナイト、クリンチャーなどGIで好走している有力馬がスタンバイ。好メンバーが揃う大阪杯は注目!

昨年秋の古馬GI戦、王道路線の天皇賞(秋)・ジャパンC・有馬記念を全て的中させている競馬セブンでは既に大阪杯の全出走馬の関係者情報を入手済。紙面上には載らないアノ有力馬の消し情報や、人気の盲点となり出走する激走穴馬の勝負情報も極秘入手!今年のGI競走も競馬セブンにお任せください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『大阪杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク