【大阪杯2021予想】本命サリオス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、大阪杯の予想を。コントレイル、グランアレグリア、サリオス、レイパパレ、ワグネリアンなどが出走する芝2000mのG1レース。

なお、大阪杯の勝負度、買い目付きフル予想を含め、中山美浦ステークスの予想や日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【美浦ステークス2021予想他】4月4日勝負レース

土曜は当たる当たらないは別で揺るぎない印で臨んだダービー卿チャレンジトロフィーが3連単まで刺さり、今週もまずはプラス収支でスタート。

ダービー卿CT予想結果

1着▲テルツェント
2着△カテドラル
3着◎ボンセルヴィーソ

3連複 5,210円

3連単 26,010円

☆ウインが取り消した時は焦りましたが、ここは◎ボンセルヴィーソの取りこぼしがハマり、しっかりと三連単まで届きました。印は勿論ですが、馬券の組み立て方も楽なレースだったので、この配当はまずまず美味しかったです。

ただ、☆の取り消しでカテドラル、ソーグリッタリングのどちらを繰り上げるかで迷い、結果ソーグリッタリングを選択してしまったので、ここでカテドラルの評価を上げていればまだ倍以上の払い戻しがあったのは気のせいとしておきましょう。

終わってみれば今週も中山頼りの週末になりそうなので、日曜も迷わず勝負レースは中山をセレクト。当然土曜以上の結果に期待して頂ければと思います。

【美浦ステークス2021予想他】4月4日勝負レース

ここまで中央の勝負レースは26戦17勝

美浦ステークス、両国特別共に波乱がありそうなので、ここでビシッと3連単まで刺して大回収を狙いたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎週推奨馬が馬券に絡んで高配当連発!

大阪杯はコントレイル、グランアレグリアの2頭では決まらない!

【大阪杯注目穴馬】

中山記念注目馬5選

ケイデンスコール5人気→2着
バビット
ヒシイグアス1人気→1着
クラージュゲリエ
ウインイクシード7人気→3着

フェブラリーS注目馬5選

カフェファラオ1人気→1着
アルクトス
ワンダーリーデル8人気→3着
ソリストサンダー
レッドルゼル

フィリーズレビュー馬注目馬5選

シゲルピンクルビー8人気→1着
エルカスティージョ
オパールムーン
ララクリスティーヌ
ヨカヨカ3人気→2着

中山牝馬S注目馬5選

ロザムール5人気→2着
ドナアトランテ
リアアメリア
サトノダムゼル
ランブリングアレー7人気→1着

【大阪杯注目穴馬】

大阪杯

サリオス

前走のマイルチャンピオンシップでは人気を裏切ってしまったが、大外枠を引き当て、終始外を回る競馬になった事に加え、前有利な展開を後方から追い込み切れずの結果なので、上り最速の脚を使って見せ場をつくった点を評価しておきたいレース。

相手はかなり緩かったが、2走前の毎日王冠のように前々で上手く流れに乗ってレース運びが出来れば中距離路線でもG1のタイトルに手が届くだけの力はある馬なので、この条件であれば休み明け一発目から無難に好勝負に持ち込んでくる可能性が高いのでは。

歳を重ねて徐々に本格化していったサラキアを姉に持つ血統でもあるので、本馬も姉同様にここから徐々に力を付けてくるタイプと言える。

コントレイル

菊花賞の内容からジャパンカップはもう少しパフォーマンスを落としてくるかと思ったが、終わってみればアーモンドアイと0.2秒差の2着と無敗の三冠馬らしい結果を残してきた。

2歳時に触れた事があるように、本質は大箱の東京向きのタイプだと思うが、もはやコースどうこうというレベルの馬ではないと思うので、今回の相手であればさすがに勝ち負けになるだろう。当然人気でもこれ以上評価は落とせない。

グランアレグリア

なかなか面白くない印になってしまうが、単純な能力だけの比較になるとコントレイルが相手であっても全く引けを取らない存在なので、未知の距離での競馬であってもここはそれなりに評価しておく必要があると判断。

正直今回の距離を考えるともう少し内枠を引き当てたかったが、このぐらいの頭数であれば多少外を回ったとしても大きなロスにはならないか。

☆穴モズベッロ

期待した前走のはこちらが想像していた以上に前と内が有利な馬場だったので、道中の位置取りや通ったコースを考えると仕方なしもと言える結果。よって相手につけられた着差などは全く気にする必要はないだろう。

本調子ではなかった2走前が非常に見どころのある競馬で、直線外から脚を伸ばして勝ち馬に迫った内容は明らかに負けて強しと言える内容といえ、年末からの押せ押せローテは気にならない事はないが、順調さを欠いての出走となった3走前を除くと休ませてからの競馬はまずまず走れている部類に入るので、適度に馬場が荒れてきた今の阪神であればそろそろ出番がある頃では。

G1を選択してきた事で想像していた以上に相手は強くなってしまったが、これまでの本馬の実績を考えれば力が劣っているとも思えないので、この人気で買えるなら美味しいと思いたい。

◎サリオス
〇コントレイル
▲グランアレグリア
☆穴モズベッロ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、大阪杯の勝負度、買い目付きフル予想を含め、中山美浦ステークスの予想や日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【美浦ステークス2021予想他】4月4日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第65回 大阪杯(GI)>

コントレイル・グランアレグリアを
脅かす隠れ穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GIに昇格してからの過去4年、キタサンブラック、スワーヴリチャードが人気に応えて優勝したが、昨年は1人気ダノンキングリ3着、一昨年は1人気ブラストワンピース6着に敗れている。

過去10年、人気別の成績では、1人気[4.2.2.2]、2人気[3.2.2.3]、3人気[0.0.1.9]と1.2人気が7勝(4連対)と安定した成績を残している。

平均配当では馬連2760円、3連複3870円、3連単2万8010円。1.2人気は揃って連対を外したことはなく、二桁人気の伏兵馬が馬券圏内に好走しておらず波乱はない。

年齢別の成績では4.5歳馬が5勝(9連対)。6歳上から勝ち馬は出ておらず連対も2連対のみ。4.5歳馬中心のレースと言える。

今年は無敗の3冠馬コントレイル、GI4勝のグランアレグリアやサリオス、ワグネリアンなどのGI馬や、ここまで5戦無敗レイパパレなどがスタンバイ!

競馬セブンでは既に大阪杯の全出走馬の関係者情報を入手済。紙面上には載らない有力馬の消し情報や、人気の盲点となり出走する激走穴馬の勝負情報も極秘入手!今年のGⅠ競走も競馬セブンにお任せください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『大阪杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第65回 大阪杯(GI)>

コントレイル・グランアレグリアを
脅かす隠れ穴馬は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

スポンサーリンク