【桜花賞2019予想】本命ダノンファンタジー

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて日曜の阪神メイン、桜花賞の予想を。ダノンファンタジー、グランアレグリア、クロノジェネシス、プールヴィル、ノーワン、ビーチサンバなどが出走する芝1600mのG1レース。

土曜の競馬は阪神牝馬ステークスはやらかしましたが、ニュージーランドトロフィーは▲ワイドファラオ◎メイショウショウブ△ヴィッテルスバッハで何とか最低限の的中。☆アンクルテイオウが取り消した事と対抗の馬があと一歩の競馬だった事もあって色々と惜しかったですが、とりあえず波には乗れそうな感じがしています。

ただ、海外の馬券も▲△☆で外してしまったので、土曜は駄菓子が買える程度のプラス。今日は美味しいごはんが食べれるぐらいのプラスは出したいと思います。

その他週末の重賞の一週前追い切りに関する記事はこちらから。

【桜花賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

桜花賞

本命はダノンファンタジー

前哨戦のチューリップ賞では先行馬が総崩れの展開の中を3番手からレースを進め、直線では前が壁になって追い出すまでに時間がかかったものの、外に出すと一気に前を捉えて楽に突き抜けたこの馬がやはりここでは抜けた存在と判断しての本命。

初戦こそ後にサウジアラビアロイヤルカップを勝ち、朝日杯フューチュリティステークスで牡馬を相手に3着に入線したグランアレグリア相手に敗れはしたが、その後は未勝利、ファンタジーステークス、阪神ジュベナイルフィリーズと一気に3連勝。

その阪神ジュベナイルフィリーズで下したクロノジェネシス、ビーチサンバ、ジョディーが今年のクイーンカップで1.2.3着と上位を独占し、プールヴィル、メイショウケイメイが紅梅ステークスで1.2着決着とレースレベルが高かった一戦という事もあり、着差以上にかなり中身の濃い勝利だと言える。

毎年のようにこの時期になれば書いている事ではあるが、牝馬は牡馬と違って馬体や内面の完成が早い分、基本的には2歳の暮れから3歳の春にかけては大きく成長しないというのが特徴で、2歳の暮れの結果がそのまま3歳の春の結果に反映されるというのはもはや毎年定番のパターン(オークスに関しては距離の問題があるので、ここはまた一ヶ月後の予想の時にでも触れる事にする)。

結果が大きく変わるとすれば、特殊な馬場での競馬、もしくは去年のアーモンドアイのようにぶつかった事のない馬が一番強かったというパターンがほとんどで、アーモンドアイに関してはシンザン記念の勝ち方以上に、道悪、牡馬を相手にあっさりと結果を残したといういわゆる他馬との経験値の差も大きかった。

よって2歳の暮れの段階である程度能力が抜けた馬が存在する年に関しては、3歳の春の結果にそのまま反映される事が多いので、今年はグランアレグリアという別路線組がいるものの、この馬の軸としての信頼度は高いとみた。

対抗はシゲルピンクダイヤ

チューリップ賞が行われた日の阪神の芝は差しが決まりやすい馬場だったが、直線で前に進路がなく一旦ブレーキを踏みながらも、外に出してもう一度ゴーサインを出されると鋭く伸びてダノンファンタジーから0.2秒差の競馬。未勝利戦では馬群の真ん中を割って豪快に差し切っており、ここ2走の内容を見る感じでは実績馬を相手にしても能力は足りる印象を受ける。

ただ、馬体を見ると良い意味でも悪い意味でもダイワメジャー産駒っぽい馬なので、膝やトモの疲労が抜けるまでに時間がかかりそうな点だけが引っかかってしまった。

▲にクロノジェネシス

クイーンカップは2着のビーチサンバとはタイム差なしの競馬だったがラストは流す余裕があったので、着差以上に強いと感じる内容だった。2走前の阪神ジュベナイルフィリーズでも勝ちに等しい2着で、馬体以上に大きく身体を使ったフットワークはバゴ産駒とは思えないほど素晴らしいものと言える。

ただ、この馬が非常に強いと感じたのはアイビーステークスで、直線では内を突かずに外へ出すロスがあったものの、追われると真ん中からグイグイと脚を伸ばし、最後は2着馬に2馬身差をつける快勝。コスモカレンドゥラ、エメラルファイトを相手にして余裕の手応えで突き抜けており、エメラルファイトがその後白梅賞、スプリングステークスを連勝している事を考えると高く評価出来る内容と言える。

去年からこの馬のピークは2歳~3歳春頃の馬の可能性が高いと書いていたので、この馬を買うなら今しかないのでは。

☆に人気ブログランキングへ

前走は内が荒れていた馬場の中を外を回しての結果とはいえ、道中の位置取りや展開を考えるとかなり強い競馬をしたこの馬が非常に怖い存在。血統的にも筋が通っており、仮に番狂わせがあるとすればこの馬の一気の頂点か。実績の割にかなりの経験を積んでいる点も評価しておきたいポイントで、この人気で買えるならそれなりの印を打って損はないのでは。

◎ダノンファンタジー
〇シゲルピンクダイヤ
▲クロノジェネシス
人気ブログランキングへ
△プールヴィル
△ビーチサンバ
△アウィルアウェイ
△ジュランビル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 桜花賞>

ダノンファンタジー?
クロノジェネシス?
グランアレグリア?
危険な人気馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年は、昨年の2歳女王ダノンファンタジア(5戦4勝)、阪神JF2着クロノジェネシス(4戦3勝)、朝日杯FS3着グランアレグリア(3戦2勝)、3強対決となる今年の桜花賞。昨年はシンザン記念から桜花賞に直行した異例のローテーションで優勝したアーモンドアイだが、今年も異例のローテーションとなるフェアリーSから直行するフィリアプーラが参戦。昨年の続き間隔をあけたぶっつけ直行でGIを制することができるのか注目。

3歳牝馬重賞ではクイーンC的中、フラワーC的中やフィリーズRでは馬連1万4320円、3連単15万4980円の特大万馬券的中!3歳牝馬クラシックの1戦目となる桜花賞は3強対決が注目される中、虎視眈々とGIタイトルを狙う激走穴馬の存在が。あのジョッキーが「勝てる力はある」と豪語する人気薄激走穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『桜花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク