【ラジオNIKKEI賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の福島メイン、ラジオNIKEEI賞に出走を予定しているアドマイヤスコール、ディキシーナイト、ヒシイグアス、ブレイキングドーン、ランスオブプラーナ、レッドアネモスの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着
グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着
チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着
ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着
ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着
タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着
ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着
ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着
ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着
ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着
マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着
ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着
ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着
ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着
フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着
ウーリリ 2人気12着
メイショウテッコン 5人気11着
フランクリン 5人気13着
イベリス 11人気16着
ロードクエスト 5人気12着
レッドオルガ 3人気11着
チュウワウィザード 1人気1着
コントラチェック 3人気9着
サートゥルナーリア 1人気4着
ルックトゥワイス 3人気1着
メールドグラース 1人気1着
インディチャンプ 4人気1着
モーヴサファイア 2人気6着
ダノンキングダム 4人気12着
デアフルーグ 1人気7着
リスグラシュー 3人気1着

ラジオNIKKEI賞で大穴をあけるのはこの馬

ラジオNIKEEI賞最終追い切り

アドマイヤスコール

前脚が硬いのがいかにもこの産駒らしいが、一応最低限脚は出せている。途中調教パートナーに馬体をぶつける場面は見られたが、それでも怯む事なくしぶとく伸びて先着出来ており、勝負根性の高さとパワーはそれなりに評価出来るポイントだろう。追われてから案外スピードに乗れなかった点は気になるが、馬場を考えるとこんなものかもしれない。

ディキシーナイト

普段の追い切りメニューであるウッドチップコースが改修工事で使用出来ない為、先週に続いてハンロでの追い切り。先週の一週前追い切りの段階でかなりの仕上がり、動きを見せていたが、今週もそれに匹敵する程抜群の動きを披露してきた。頭の高さに関してはいつも指摘しているように頸差しの太さが影響してのものなので割り引く必要はない。先行する古馬を目標にして追走する形となったが、途中早めにエンジンをかけるとあっと言う間に前を捉え、並ぶ間も無く交わし去って一気に突き抜ける豪快な動きを見せる。

久々の割には硬さもなく、可動域の広さや脚捌きに違和感も感じない。最後抜け出すとソラを使いはしたものの、それまではしっかりと集中して走れていたのでここは多少の割り引きとしておく。時計は勿論だが、この日の馬場を考えるとかなり走れていた部類に入るだろう。脚もとが怪しいと思えばまず使ってこない調教師なので、ここまでは順調に来れたと思ってよさそう。

ヒシイグアス

全体的に馬体が薄く、悪い意味で身体の使い方と比例しない動きが目に付く。可動域も狭く、脚捌きが軽すぎるのがいかにもという感じ。一定のリズムで最後まで走れているのは評価しておくが、スピード、パワーどちらも感じる事が出来ない追い切りで、強く負荷をかけられていない点はちょっと気になってしまう。

ブレイキングドーン

前半はもさっとして反応が悪く感じたが、直線に入ってエンジンがかかると動きが一変。素軽い動きとは言えないが、身体を大きく使ってリズム良く走れており、可動域の広さや飛節の伸びがとにかく目立っていた。どちらかと言えばパワー寄りの馬体、走りではあるが、この馬の長所が活きる展開や馬場になれば相当うるさい存在となりそうなので、当日の雨予報は追い風となるのでは。まず好調。

ランスオブプラーナ

時折フォームが乱れる場面がみられるも、スピードに乗ってからの伸びは上々で、全体的なリズムもしっかりと取れていた。線の細さからか力強さには大きく欠けてしまう走りではあるが、素軽い動きと脚の回転の速さには見所があり、ここの動きを見る限りでは案外前向きなタイプなだけに、競馬ではこの馬の気分を害する事なくレース運びが出来るかどうかが一番のポイントになるのではないだろうか。

レッドアネモス

3頭併せで最後まで負荷をかけてくる追い切り。途中前へ出るも、外の馬の手応えが抜群で、最後一気に飲まれてしまったところでゴール。細かい動きは確認出来ないが、少し馬体がギリギリに感じてしまう点と手応えの割には案外伸びなかった点は割り引きか。それでもバタッと止まった訳でもなく、内の馬にはしぶとく食い下がっていたので、牝馬の割には根性がある馬と言える。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここもCBC賞同様に難しいレースではあるが、追い切りの動きではこの馬が頭一つリードしている印象を受ける。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第68回 ラジオN賞(G3)>

波乱の立役者となる穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は、1人気[2.3.1.4]、2人気[4.1.1.4]、3人気[1.1.0.8]。目立つのは伏兵馬の好走で、15年マルターズアポジー(12人気3着)、13年カシノピカチュウ(14人気2着)、12年オペラダンシング(16人気3着)、09年サニーサンデー(13人気2着)と二桁人気馬が馬券圏に入り波乱の立役者となっている。平均配当は馬連7390円、3連複3万1540円、3連単19万7730円。馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が4度も出たいるように荒れるハンデ重賞である。

ステップレースでは、500万下組(3勝)、1000万下組(2勝)、青葉賞組(2勝)、プリンシパルS組(2勝)。オープンでは白百合S組から優勝馬は出ていないが2着3回と馬券に絡んでいる。オープン組ではプリンシパルS・白百合S組が要注意。

ラジオNIKKEI賞は直近5年で4度的中のドル箱重賞!昨年も◎〇1点目にてズバリ的中!今年は確固たる本命馬不在で波乱含み。実は競馬セブンでは波乱の立役者と成り得る激走穴馬の存在をスクープ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ラジオNIKKEI賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク